2021年4月12日オープン 芋と野菜(京都・立命館大学前)

京都市北区、立命館大学前で「カフェバー芋と野菜」が2021年4月12日に新店オープンします。ねっとり濃厚な焼き芋と野菜を使ったサンドイッチなどがあるカフェになるそうで、メニューはノンフライや砂糖不使用など健康に配慮した食事を提供していくとのことです。

2021年4月12日オープン カフェバー芋と野菜


2021年4月12日オープン カフェバー芋と野菜

2021年4月12日オープン カフェバー芋と野菜

京都市北区、立命館大学前で「カフェバー芋と野菜」が2021年4月12日に新店オープンします。

ねっとり濃厚な焼き芋と野菜を使ったサンドイッチなどがあるカフェで、まさに「インスタ映えするサンドイッチ」のお店です。

家からも近い地元エリアでの開業ということもあって工事中からチェックしていました。

芋と野菜は立命館大学東門前で開業するカフェ

芋と野菜は立命館大学東門前で開業するカフェ

2021年4月9日時点でプレ(招待制)をしており、グランドオープンは4月12日です。

スタイリッシュな店内で食べていくことも可能(芋と野菜)

スタイリッシュな店内で食べていくことも可能(芋と野菜)

スタイリッシュな店内で食べていくこともできるそうで、地元の立命館大学前に「こんなお洒落な店が!」と地元の方は思うに違いありません。

カフェバー芋と野菜(インスタグラム)

カフェバー芋と野菜(インスタグラム)

公式インスタグラムがあったので、それを見たところでは今の日本人には日常食の改善が必要で「健康食の提供x農業」が大事との考えからカフェを開業したと書かれていました。

メニューはノンフライや砂糖不使用など健康に配慮した食事を提供していくとのこと。

パーソナルジムを経営してきた経験からそのように考えるようになったそうです。

このお店のメニューは?


ねっとり濃厚な焼き芋と野菜を使ったサンドイッチなどがあるカフェ

ねっとり濃厚な焼き芋と野菜を使ったサンドイッチなどがあるカフェ

メニューは「サンドイッチスープサラダボールドライカレー」など、デザートには熟成蜜芋サンドなど。

ランチは訪問した日は11時からでしたが、通常は営業時間は「10時~22時」みたいです。

メニュー(カフェバー芋と野菜)

メニュー(カフェバー芋と野菜)

サンドイッチは野菜特盛りで「サラダ・鶏胸肉・えび」を使ったものを400円~450円で提供。

月替わりスープもあり、今月は「新玉ねぎのポタージュ」が300円となっていました。

サンドイッチとスープのセットだと150円お得な600円での提供だそうです。

また、焼き芋もあり、紅はるかと旭甘十郎を使用するとも書かれていました。

野菜特盛りサンドイッチ(400円~450円)
月替わりスープ(300円)
サンドイッチ+スープセット(600円)
焼き芋(100gで170円~220円)
サラダボール(550円)
ドライカレー(500円~900円)
熟成芋蜜サンド(450円)
ドリンク(350円)
レモネード(350円)
生絞りジュース(350円)

店内の雰囲気は?


芋と野菜(店内写真)

芋と野菜(店内写真)

芋と野菜では手前にカウンター席が4席、奥に6名ほど座れそうなテーブル席があるので、そこで食べていくこともできます。

もちろん、テイクアウトにも対応していました。

内装は店主さん自らされたそうですが、土壁のような雰囲気で灰色に統一された空間はスタイリッシュな装いです。

奥にはテーブル席もあります(芋と野菜)

奥にはテーブル席もあります(芋と野菜)

立命館大学東門すぐ近くなので学生さんはテイクアウトして大学で食べるのも良さそうです。

今回はカウンター席でいただきました(芋と野菜)

今回はカウンター席でいただきました(芋と野菜)

今回はこの「芋と野菜」の雰囲気やどんなメニューがあるのかを実食レビューします。

実食レビュー


エビとアボカド(450円)

エビとアボカド(450円)

野菜特盛りサンドイッチ(400円~450円)は3種類あって「野菜エビとアボカド鶏むね肉」です。

今回は「エビとアボカド(450円)」を注文しました。

山科の老舗パン屋さんの柔らかいパンで作られているサンドイッチでレタスがみずみずしく新鮮でシャキシャキしています。

エビの身とピリ辛の酸っぱいドレッシングで味付けがされています。

冷製スープをセットすると100円引きです

冷製スープをセットすると100円引きです

冷製スープをセットすると100円引き。

新たまねぎのポタージュがとても甘くて良い味わいでした。

暑い日だったので冷製スープがサッパリしておいしかったです。

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


立命館大学の東門前にお店があります(芋と野菜)

立命館大学の東門前にお店があります(芋と野菜)

では「芋と野菜」はどこで開業するのでしょうか。

場所は京都市北区の立命館大学東門前です。

平野神社から交差点を西へ、最初の信号を渡って郵便局脇の車一台分の細い道を中に入ったところです。

カフェバー芋と野菜(店舗外観写真)

カフェバー芋と野菜(店舗外観写真)

住所でいえば「〒603-8341 京都府京都市北区小松原北町26−5」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はなく、店頭の道も車で入るには狭い道です。

コインパーキングは郵便局近くにありますが、自転車・バイクなどは駐輪できるスペースはないようでした。

営業時間は「10時~22時」のようですが、今のところ、訪問当日は「11時~」での営業となっていました。

定休日は「土曜日、日曜日」なので平日のみの営業のようです。

ジャンル「カフェ・バー」
食事予算「400円~800円」
ランチ営業「あり」
ディナー営業「あり」
営業時間「11時~22時」
定休日「土曜日、日曜日」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒603-8341 京都府京都市北区小松原北町26−5」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
テイクアウト「対応可能」
電子決済「あり(Paypay・クレジットカード・交通系・ApplePay・iD・QuickPay・Alipayなど)」
公式https://www.instagram.com/imo_to_yasai/


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新型コロナウイルスと戦う飲食店やテークアウトをするお店を紹介しています。店舗などをまとめ、新型コロナウイルスに打ち勝つことが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!