ソルカフェ(SolCafe・韓国カフェ・糸ピンス)2021年4月3日開業

京都市中京区、新京極通六角上ルで韓国カフェ「ソルカフェSolCafe)」が2021年4月3日に新店オープンします。1ミリ以下の細さの氷を何層にも重ねたかき氷「糸ピンス」のお店、他にもクロワッサン生地で作るワッフル(クロッフル)などの韓国スイーツがあります。

2021年4月3日オープン ソルカフェ(SolCafe)


2021年4月3日オープン ソルカフェ(SolCafe)

2021年4月3日オープン ソルカフェ(SolCafe)

京都市中京区、新京極通六角上ルで韓国カフェ「ソルカフェ(SolCafe)」が2021年4月3日に新店オープン。

ろっくんプラザの北東でピンク色の鮮やかな色合いのカフェです。

このところ京都で開業が相次ぐ韓国スイーツのお店で、1ミリ以下の細さの氷を何層にも重ねたかき氷のお店になります。

他にもクロワッサン生地で作るワッフル(クロッフル)などの韓国スイーツがあります。

1ミリ以下の細さの氷を何層にも重ねたかき氷

1ミリ以下の細さの氷を何層にも重ねたかき氷

このかき氷は「糸ピンス」と呼ばれるもので、ナイフとフォークで食べるかき氷というもの。

ソルカフェ(SolCafe)の看板メニューとなっています。

味は「イチゴミルクティー」があり、他にも週替わりのフレーバー「チョコレートマンゴーミント抹茶」が登場するそうです。

建物は1階で販売、2階にテーブルが31席(ソルカフェ)

建物は1階で販売、2階にテーブルが31席(ソルカフェ)

注文は1階で、2階にテーブルが31席もある広々としたお店になるとのことでした。

このお店のメニューは?


糸ピンス(ソルカフェ)

糸ピンス(ソルカフェ)

メニューは「糸ピンス」と「クロッフル」で、値段は糸ピンスが税込1320円~1430円でフレーバーで値段が変わります。

フルーツを使ったものが1430円となっていました。

糸ピンスのイチゴ味は大分いちごを使っているようです(季節によるかも)。

また、最近流行りの韓国スイーツ「トゥンカロン」も販売、トゥンカロン専門店「私はトゥンカロンに恋をした」という大阪・名古屋・金沢にあるお店のものだそうです。

糸ピンス(ミルクティー・チョコレート・ミント・抹茶)1320円
糸ピンス(イチゴ・マンゴー)1430円
クロッフルサンド 950円
トゥンカロン 400円~450円
熊ソーダー 550円

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


ソルカフェ(店舗外観写真)

ソルカフェ(店舗外観写真)

場所は新京極通沿いなので河原町駅からすぐの商店街の中です。

ただし、だいぶ北側で京都市役所駅からの方が近く、六角通と新京極通が交差する「ろっくんプラザ」の北東にお店があります。

住所でいえば「〒604-8035 京都府京都市中京区桜之町418−3」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありません。

営業時間は「11時~21時」でラストオーダーは20時となっていました。

ジャンル「韓国カフェ」
食事予算「500円~2000円」
ランチ営業「あり」
ディナー営業「あり」
営業時間「11時~21時(ラストオーダー20時)」
定休日「不定休」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒604-8035 京都府京都市中京区桜之町418−3」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
テイクアウト「対応可能」
公式https://www.instagram.com/solucafe.kyoto/


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!