2019年4月20日新店オープン 茶茶屋 (嵐電 嵐山駅)

嵐電「嵐山駅」構内に新しいカフェスタンドが新店オープンしています。お店は「茶茶屋 嵐山店」で2019年4月20日に新店オープンした宇治抹茶と台湾タピオカティーの専門店です。宇治ご当地キャラクター「チャチャ王国のおうじちゃま」がイメージキャラクターになっています。

嵐電「嵐山駅」構内にカフェスタンド「茶茶屋」が新店オープン


2019年4月20日新店オープン「茶茶屋」で飲んだタピオカティー

2019年4月20日新店オープン「茶茶屋」で飲んだタピオカティー

2019年4月20日、嵐電「嵐山駅」構内に新しいスタンドカフェが新店オープンしています。

お店はタピオカティーのお店で「茶茶屋 嵐山店」という名前で、宇治抹茶と台湾茶タピオカ専門店がコラボした日本初のお店というふれこみになっていました。

また、イメージキャラクターに宇治ご当地キャラクター「チャチャ王国のおうじちゃま」が採用されています。

お店には宇治ご当地キャラクターのグッズが並んでいます

お店には宇治ご当地キャラクターのグッズが並んでいます

店内デザインもこの通り「チャチャ王国のおうじちゃま」が描かれていました

店内デザインもこの通り「チャチャ王国のおうじちゃま」が描かれていました

お店には宇治ご当地キャラクターのグッズが並んでおり、一見するとキャラクターショップにも見えますが、れっきとしたスタンドカフェです。

ドリンクは「台湾茶抹茶チーズフォーム黒蜜タピオカ抹茶」の4種類で、値段は480円~680円程度となっていました。

茶茶屋ー嵐山店 宇治抹茶、台湾茶タピオカ専門店

茶茶屋ー嵐山店 宇治抹茶、台湾茶タピオカ専門店

ゴールデンウィーク期間中は『黒蜜タピオカ抹茶ラテ(680円)』をオーダーするとオリジナルグッズをプレゼントということなので、それを注文。

ま、出てきたのは「タイワンセイロン茶(530円)」でしたが、黒蜜タピオカがほんのり甘くて美味しいお茶でした。

グッズをいただきました!

グッズをいただきました!

茶茶屋 嵐山店 メニューと値段


メニューと値段(茶茶屋 嵐山店)

メニューと値段(茶茶屋 嵐山店)

前述のように、ドリンクは「台湾茶、抹茶チーズフォーム、黒蜜タピオカ、抹茶」の4種類です。

それぞれのシリーズで2~6種類ほどのメニューになっており、抹茶を使ったものや台湾茶を使ったものなどいろいろあります。

他の方が飲んでいるのを見ると「抹茶チーズフォーム」が美味しそうに見えました。

タイワンセイロン茶 480円
タイワンジャスミン茶 480円
タイワンセイロン茶 600円(抹茶チーズフォーム)
タイワンジャスミン茶 600円(抹茶チーズフォーム)
ミルクティー 530円(黒糖タピオカ)
黒糖ミルク 530円(黒糖タピオカ)
チーズフォーム黒糖ミルク 600円(黒糖タピオカ)
タイワンセイロン茶 530円(黒糖タピオカ)
タイワンジャスミン茶 530円(黒糖タピオカ)
抹茶ラテ 660円(黒糖タピオカ)
抹茶スムージー 600円
チーズフォーム抹茶スムージー 680円
抹茶ラテ 600円
あずき抹茶ラテ 620円

茶茶屋 嵐山店 営業時間やアクセス方法


茶茶屋 嵐山店、嵐電のホーム一番奥(12番)にあります

茶茶屋 嵐山店、嵐電のホーム一番奥(12番)にあります

今回紹介した「茶茶屋 嵐山店」は嵐電のホーム一番奥にあります。

嵐電「嵐山駅」はホームの一部は出入り自由なので入場券などは必要ありません。

そのため、構内といっても誰でも購入できるようになっています。

営業時間を聞くのを忘れましたが、構内のお店は「9時~20時」まで営業しているお店がほとんどです。

京都市右京区嵯峨天龍寺造路町20-2
営業時間:9時~20時
定休日:不定休
公式Twitter:https://twitter.com/chachaya0539


有名なタピオカドリンクのお店が京都で開店しまくってます! そこで2019年前半に開業する京都のタピオカドリンク専門店を11店舗まとめてみました。主に河原町周辺での開業が目立っており、まさに河原町は「タピオカ戦国時代」へと突入しているのです。


2019年4月19日オープン HELLO!TEA (ハローティー、京都ファミリー店、三十三間堂店)
2019年4月20日新店オープン 茶茶屋 (嵐電 嵐山駅)
2019年4月26日新店オープン THE ALLEY 京都・四条店 (烏丸、京都初進出)
2019年5月1日新店オープン 抹茶共和国MatchaRepublic (京都・河原町)
2019年5月3日新店オープン オツモパール(タピオカ専門店)
2019年5月4日新店オープン 霧社茶町 京都河原町店(MuShaChaMachi)
2019年5月24日新店オープン 辰杏珠 Sinanju 京都寺町店
2019年6月1日新店オープン 瑪蜜黛(momitoy)京都店
2019年6月8日新店オープン 生タピオカ専門店 モッチャム
2019年6月24日オープン hana tapioca (ハナ・タピオカ)
2019年6月27日新店オープン HELLO!TEA 三十三間堂店(ハローティー、東山区)
2018年7月~夏季限定 奥丹清水(豆乳タピオカドリンク 黒糖)
2019年7月4日新店オープン &HANA(四条烏丸、お花のタピオカティー)
2018年7月新店オープン 圓 En (円町、タピオカフルーツフラワーティー)
2019年7月20日オープン タピオカ専門店 hina tea(ヒナティー、出町桝形商店街)
2019年7月26日新店オープン 謝謝珍珠 京都三条通店(シェイシェイパール)
2019年8月9日オープン Unicorn_factory (京都・裏寺町、ユニコーンスイーツ)
2019年8月16日オープン タピックス白梅町店(北野白梅町駅すぐ、生タピオカ専門店)
2019年8月17日オープン タピオカファクトリー琥珀 京都三条木屋町店
2019年8月26日オープン 徳茶 ~お茶とタピオカ専門店~ (京都・河原町、タピオカ新店)
2019年8月29日オープン BOBO TEA (ゼスト御池、台湾・生タピオカ新店)
2019年9月2日 タピオカファクトリー琥珀 同志社前駅店(京田辺市、タピオカ新店)
2019年9月14日 プ.ティーモ(P.teamo、嵯峨嵐山駅南口、タピオカ新店)
2019年9月27日 圓 En (三条高倉、タピオカフルーツフラワーティー)
2019年10月1日 抹茶共和国京都タワーサンド店 (京都駅前)
2019年10月7日 elk 京都河原町店(河原町、タピオカ新店)
2019年10月7日 パールレディ(北大路駅、タピオカ新店)
2019年10月16日 瑠璃茶屋 (京都・祇園、台湾タピオカ専門店)
2019年11月 台湾タピオカ 藏茶 (ZANG CHA、蔵茶、京都・木屋町)


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。