2016年秋の京都・紅葉大調査 紅葉は11月末頃に見頃?

今年も昨年同様に10月末に京都の紅葉具合を調査してきました。2016年の京都の紅葉は去年よりも1週間ほど遅い感じになっており、昨年の写真と比較しても紅葉の色づき方がずいぶんと遅れているのが分かります。では今年の紅葉のスケジュールはどんな感じなのでしょうか?

今年も「源光庵」に「光悦寺」と「氷室」を見てきました。

2016年秋の京都・紅葉大調査 今年の紅葉はどんなかんじ?


2016年秋の京都・紅葉大調査 今年の紅葉はどんなかんじ?

2016年秋の京都・紅葉大調査 今年の紅葉はどんなかんじ?

今年もまた10月末に京都の紅葉調査に行ってきました。

去年もちょうど10/31に鷹峯の「源光庵」~氷室まで見に行ったのですが、今年は昨年よりも紅葉が遅いのが確定しています。

今年の2枚の写真と昨年の京都「源光庵」の写真を見比べてみてください。

2016年10月30日撮影 京都・源光庵

2016年10月30日撮影 京都・源光庵

2015年10月31日撮影 京都・源光庵

2015年10月31日撮影 京都・源光庵

2015年11月7日撮影 京都・源光庵

2015年11月7日撮影 京都・源光庵

ずいぶんと紅葉の色づき方が違うのが分かります。

例年であれば、10月末頃から「そろそろか!」と思う頃なのですが、今年は一週間ほどずれそうです。

10月最終週 そろそろ紅葉しだす頃
11月第一週 観光客が多くなってくる
11月第二週 紅葉が見頃になってくる
11月第三週 観光客が多くて渋滞、紅葉キレイ
11月第四週 今週みないと来週はない
12月第一週 紅葉終わり

例年の紅葉模様は、だいたい上のとおりなのですが今年の見頃は11月末くらいに集中しそうです。

源光庵 2016年の紅葉の状況


京都・源光庵

京都・源光庵

ということで、まずは京都・源光庵です。

いわずと知れた京都の紅葉の名所ですが、とにかく行くのが面倒な鷹峯にあります。

先週頃から、ちらほらと観光客が来ているのですが、まだ紅葉には早いようです。

駐車場から見える景色は紅葉っぽいのですが・・・・

駐車場から見える景色は紅葉っぽいのですが・・・・

駐車場から見える景色は紅葉っぽい雰囲気はあるのですが、実際に中に入ってみると紅葉にはまだまだな状況でした。

そのせいかまだ観光客はまばらでジックリと見学が可能です。

これがシーズンまっただなかだと、前の道が大渋滞するほど混雑します。

しかし門から先はまだ紅葉らしさは少ないです

しかし門から先はまだ紅葉らしさは少ないです

しかし、写真を見て頂くとわかると思いますが、今年2016年はまだまだ紅葉には早そうです。

上の写真は源光庵の入口です。

JRの広告で有名になった源光庵の窓

JRの広告で有名になった源光庵の窓

見学に400円必要ですが、空いている今の時期に入っておきました。

上の写真はJRの広告で有名になった紅葉が見える窓です。今年はまだ緑が眩しいです(笑)

お庭の紅葉は上の方に少しだけでした

お庭の紅葉は上の方に少しだけでした

お庭の紅葉は上の方に少しだけで、昨年より観光客も少なかったです。

そのため、今ならまだゆっくり見られます。

なお、紅葉の時期は駐車場が使えなくなりますのでご注意ください。また、あまりに混雑すると撮影すらも禁止になります。

あと、シーズン中は鷹峯に向かう坂道が大渋滞しますので、タクシーの場合は運転手さんに「渋滞が嫌なので、玄琢下から常照寺に行ってください。そこから源光庵まで歩きます。」とハッキリ言いましょう。少し手前で降りることになりますが、そうしないと大渋滞の坂道でタクシー運賃だけが上がっていくだけになります。

ちなみにベストシーズンの写真がこちらです

ちなみにベストシーズンの写真がこちらです

追記:2016年11月7日の状況 紅葉が少し深まりました

追記:2016年11月7日の状況 紅葉が少し深まりました

京都府京都市北区鷹峯北鷹峯町47
拝観料:400円
拝観時間:9時~17時

光悦寺 2016年の紅葉の状況


光悦寺の紅葉の状況 2016年10月30日撮影

光悦寺の紅葉の状況 2016年10月30日撮影

光悦寺の紅葉の状況 2016年11月7日撮影

光悦寺の紅葉の状況 2016年11月7日撮影

次は「源光庵」のすぐ近くですが「光悦寺」の2016年の紅葉状況です。

当然ですがまったく同じです。

やはり「光悦寺」も去年の同じ日の方が紅葉が深かったのですが、今年はまだ早いのが分かります。

日当たりの良いところだけ紅葉づいています

日当たりの良いところだけ紅葉づいています

同じ場所なので当たり前ですが、こちらも紅葉の名所なので念のため確認してみました。

なお、「源光庵」のすぐ近くですが「光悦寺」に行く場合はタクシーなら「しょうざんの前から鏡石通」を通るように言うと空いているので行きやすいです。途中で、激坂の「千束坂」を登ります。

氷室 2016年の紅葉の状況


京都府道31号から「氷室別れ」を右に行くと氷室集落です

京都府道31号から「氷室別れ」を右に行くと氷室集落です

トレッキングなどをされる方ならご存じかと思いますが、氷室はほとんどの方がご存じないでしょう。

昔はここに氷を貯蔵する室があったので「氷室」ですが、全国的には同じ名前の場所が多くあります。京都では、京都市北区の鷹峯から北側付近が「氷室」と呼ばれているエリアです。

氷室跡には窪んだ室跡が3つあるだけです

氷室跡には窪んだ室跡が3つあるだけです

なにがあるわけではないのですが、窪んだ3つの窪地が「氷室跡」ということになっています。

昔はここで氷を保管していたそうですが、このあたりは標高が500メートルほどと高い割には・・・・

暖かい場所です(笑)

北区の山は京都でも紅葉がはやいタイミングで見られます

北区の山は京都でも紅葉がはやいタイミングで見られます

京都市北区の山は京都でも紅葉がはやいタイミングで見られるのですが、10/30に行ったところではものすごく暖かくて汗をかきました。

ちなみに氷室は紅葉はあまり見ることができません

紅葉が見られるのは「氷室別れ」にある造園屋さんのところです。そこの紅葉はそこそこ色づいていたので、昨年とほぼ同規模で色づいていました。

標高の高いところは昨年と同じくらいの紅葉模様のようです。

京都府京都市北区西賀茂宮山

京都・紅葉 2016秋 紅葉状況まとめ


鷹峯 源光庵(2016年10月30日撮影)

鷹峯 源光庵(2016年10月30日撮影)

ということで、2016年10月30日の京都の紅葉の状況でした。

昨年はもう少し紅葉づいていたのですが、今日の京都は朝方は寒かったのですが昼は暖かくなるなど例年よりはまだ暖かいと言えます。

そのため、昨年よりも紅葉の進みが1週間ほど遅いかなと感じました。

評判(口コミ)


紅葉

京都の秋といえば「紅葉」です。京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」では紅葉の穴場の記事も多いのでぜひご覧になってみてください。



京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。