比叡山から40km離れた奥の院 明王院(みょうおういん)@滋賀県

人知れずの大紅葉スポット比叡山の奥の院とも言われる滋賀県大津市の「明王院(みょうおういん)」に行ってきました。誰もいない絶景ポイントで、今の曇天の季節でもきれいな写真が撮影できるスポットです。明王谷のところは特に写真撮影には適した場所だと思います。

比叡山から40km離れていますが、比叡山行者の修行の重要な場所でもあります。そのため「比叡山の奥の院」と呼ばれることもあります。

比叡山から40km離れた奥の院


滋賀県の明王谷は誰もいない絶景ポイント

滋賀県の明王谷は誰もいない絶景ポイント

滋賀県の明王谷誰もいない絶景ポイントで、晴れの時でも曇りの時でもソコソコ写真映りがよいスポットです。

そこにあるのが明王院(みょうおういん)というお寺で、比叡山の霊地を初めて巡礼(回峰行)し始めたという相応(そうおう)という比叡山延暦寺の僧が開祖のお寺です。

国道371号すぐにある絶景

国道371号すぐにある絶景

京都から国道371号をひたすら北上。

安曇川(あどがわ)沿いの葛川に、明王院(みょうおういん)はあります。

葛川は「くずがわ」ではありません。正しくは「かつらがわ」と言います。川ですが奥の渓谷のことを葛川と言うのですが地名にもなっています。

清流と緑の自然に赤い橋が曇天でもきれいです

清流と緑の自然に赤い橋が曇天でもきれいです

春から夏にかけては天気も良く、写真撮影には事欠かない日が多いのですが、9月から10月は雨も多く撮影日和はなかなかありません。

そんな季節でも、青々とした木々と清らかな清流があるのが、この葛川です。

初秋の青々とした木々も秋にはとてつもない絶景の大紅葉に

初秋の青々とした木々も秋にはとてつもない絶景の大紅葉に

秋になるとさらに絶景の土地になります。

ここは人知れずの大紅葉スポットでもあるのです。

比叡山の修行の重要な場所としても知られています

比叡山の修行の重要な場所としても知られています

創建は859年(貞観元年)。人も少なく静寂な土地は修行に適した土地とされ、この地に創建されました。

行者は比叡山から堅田に出て途中(地名)を通り、この土地まで行者道を歩くことから「比叡山の奥の院」とも言われています。

本堂 1715年(正徳5年)につくられました

本堂 1715年(正徳5年)につくられました

本堂は1715年につくられたものです。

このエリアはすべてが重要文化財となっており、さきほどの川のところも重要文化財です。

中には入ることも出来ます

中には入ることも出来ます

中に入ることも出来ます。

修行ではないので写真くらいしか撮ることはできませんが。

葛川与伊香立庄相論絵図(かつらがわといかだちしょうそうろんえず)

葛川与伊香立庄相論絵図(かつらがわといかだちしょうそうろんえず)

中には古い絵が飾られています。

葛川与伊香立庄相論絵図(かつらがわといかだちしょうそうろんえず)という絵なのですが、武将同士が山林資源の利権争いをしている絵です。

もう少し暖かい日なら渓谷のほうまで行くのもよいでしょう

もう少し暖かい日なら渓谷のほうまで行くのもよいでしょう

明王院(みょうおういん)@滋賀県


秋にまた来たい場所です

秋にまた来たい場所です

ということで、今回の京都案内はまたまた拡大解釈して滋賀県大津市明王院(みょうおういん)に行ってきました。

大津市といっても交通不便な場所で、ほぼ朽木のエリアです。

(1)滋賀県大津市葛川にある
(2)青々した木々と渓流が撮影スポット
(3)秋には絶景の紅葉を見ることができる
(4)でも人はあまりいない

今の季節は雨も多く、あまり撮影に行くには適さない時期です。

でも、そんな日が続くと撮影意欲がわき上がってきて、どこかに行きたくなるのです。

そんな時でも、それなりの写真が撮れる場所ということで、滋賀県の明王院(みょうおういん)に行くことがあります。

次は11月の紅葉の時にまた来ようと思います。

滋賀県大津市葛川坊村町155


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。