大徳寺納豆 @京都 一休さんが大豆を発酵させた名物 実食レビュー

京都の大徳寺周辺では、どのお店でも売られている「大徳寺納豆」という名物があります。黒い大きな粒で、ものすごい酸っぱい味のする塩辛い大豆の発酵食品です。「大徳寺納豆」は一休さんが中国から持ち帰った保存食糧で、この大徳寺では名物になっています。

では、大徳寺納豆とはどのような食べ物なのでしょうか?

京都・大徳寺前のどの店でも売られているもの


京都・大徳寺の門前には「大徳寺納豆」を掲げるお店がいくつもあります

京都・大徳寺の門前には「大徳寺納豆」を掲げるお店がいくつもあります

京都の大徳寺の門前には、少しお店が並んだ通りがあります。

酒屋だったり、昆布屋だったり、お菓子屋だったりするのですが、どこのお店でも売っているものがあります。

それぞれが別のお店なのに、なぜか同じものが売られているのです。

売られていたのは「大徳寺納豆」

売られていたのは「大徳寺納豆」

その同じものというのは・・・・

大徳寺納豆

です。

大徳寺納豆 京都にある大豆を発酵させた名物


京都にある大豆を発酵させた名物「大徳寺納豆」

京都にある大豆を発酵させた名物「大徳寺納豆」

大徳寺納豆は、一休禅師が中国から大徳寺に持ち帰ったとされる大豆の発酵食品です。

いわゆる保存食で「納豆」とされていますが、ネバネバもしておらず、色は真っ黒な食べ物です。

納豆と異なり、発酵には大麦を使い、発酵後に天日干ししたものが「大徳寺納豆」という食糧です。

(1)大豆を一晩水に浸ける
(2)大麦と混ぜ、室で3日ほど発酵させる
(3)塩水を加え3か月ほど天日で干す
(4)一休さんが晩年を過ごした「一休寺」でも作られている

大徳寺納豆の味は? 実食レビュー


大徳寺納豆

大徳寺納豆

ということで、さっそくこの「大徳寺納豆」を食べてみたいと思います。

いったい、どんな味がするのでしょうか?

スッパ辛い固めのグミみたいな食べ物

スッパ辛い固めのグミみたいな食べ物

実は、これ・・・・

おいしいものではないのです(笑)

わかりやすくいうと「スッパ辛い」です。

辛さは塩辛さで、ものすごくスッパイグニャグニャしたものです。

正直、このままで食べるのはオススメできなくて、お茶漬けにちょっと加えるとか、そういう食べ方がオススメです。

大徳寺納豆はどこで買える?


大徳寺の東門前にお店がたくさんあります

大徳寺の東門前にお店がたくさんあります

さて、この「大徳寺納豆」はどこで買えるのでしょうか?

今回は、大徳寺東門(駐車場前)に並んでいるお店の一軒「山国屋 細見酒店」さんで購入しました。

どこも味は同じですが、通販で購入することも可能です。

おススメはしませんが、気になる方は一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

広告


大徳寺名物 大徳寺納豆箱入り50g

京都府京都市北区紫野下門前町36−4


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


記事を書いている人
ノーディレイ

記事を書いている人は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを経験して退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は2400件以上あります。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。