はたけ菜(畑菜)初午の日に邪気払いで食べる京都にしかない京野菜

今回の「京都案内」は、京都にしかない野菜はたけ菜(畑菜)」を入手してきたので紹介したいと思います。はたけ菜(畑菜)は毎年2月の初午の日(はつうまのひ)に京都では辛し和えにして食べる(邪気払い)という風習があります。

流通量は少ないですが、実際に「はたけ菜」を入手してきました。

京都で『初午の日』(はつうまのひ)に食べる京野菜といえば?


今年は2月12日が『初午の日』(はつうまのひ)です

今年は2月12日が『初午の日』(はつうまのひ)です

今年は2月12日に『初午の日』(はつうまのひ)があり、伏見稲荷大社では『初午祭』が開催されます。

2017年 2月12日
2018年 2月7日

伏見稲荷大社では縁起物の授与などもあるという春の一大イベントですが、京都では古くから、この日に「はたけ菜(畑菜)」を食べる風習もあります。

はたけ菜は「アブラナ」に属する野菜で、京都の伝統野菜です。

京都の伝統野菜 はたけ菜(畑菜)とは何か?


京都の伝統野菜 はたけ菜(畑菜)

京都の伝統野菜 はたけ菜(畑菜)

京都の伝統野菜「はたけ菜(畑菜)」は2月の初午(はつうま)の日に「からし和え」で食べる風習があり、食べることで邪気払いができると信じられてきました。

実はこの野菜は京都にしかない野菜とも言われています。

一束150円で入手してきました

一束150円で入手してきました

普段から食べられるお野菜ではなく、この時期になると京都の八百屋さんで扱われます。

今回は一束150円で入手してきました。

味は少々苦みと青臭さがあるのですが、比較的クセのない味わいの野菜です。

ただし、少々保存に難があるので京都でもあまり見かけることはないと思います。

というのも・・・・

速攻でひなびていくのです。

すぐにひなびてしまうのですぐに調理しないといけません

すぐにひなびてしまうのですぐに調理しないといけません

すぐに傷んでしまうことから、八百屋さんでもあまり扱わない京野菜なんです。

でも、次の日曜日は邪気払いではたけ菜(畑菜)の辛し和えなどを食べてみるのも良いかもしれません。

ぜひ、京都の八百屋さんで探してみてください!


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | おにぎり | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


記事を書いている人
ノーディレイ

記事を書いている人は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを経験して退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は2400件以上あります。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。