手取りはんぺん(日本橋神茂)が『青空レストラン』で紹介

2021年2月13日放送の『満天☆青空レストラン』で日本橋 神茂(かんも)の「手取りはんぺん」が紹介されるそうです。江戸時代から変わらぬ材料と製法で作られており、サメを材料にしたふわふわ食感のはんぺんのお店です。

手取りはんぺん(日本橋神茂)が『青空レストラン』で紹介


日本橋 神茂(かんも)公式サイト

日本橋 神茂(かんも)公式サイト

330年以上の伝統がある日本橋神茂の「手取りはんぺん」が2021年2月13日放送の『満天☆青空レストラン』で紹介されるそうです。

この「手取りはんぺん」は、ふんわりとした食感で材料と調理方法にこだわって作られています。

日本橋神茂では昔からの味わいを守り続けていて、はんぺんの材料には鮫(青鮫・よし切り鮫)の一番肉(良い身の部分)のみを使用。

そのため、ふんわりとした食感のはんぺんが出来上がるのです。

神茂では創業当時から続く材料「鮫」ではんぺんを作っている

神茂では創業当時から続く材料「鮫」ではんぺんを作っている

よし切り鮫は柔らかい食感、青鮫は味をまとめる役割があります。

現在、はんぺんの材料といえば「スケトウダラ」などの魚が主な材料になっていますが、神茂では創業当時から続く材料「鮫」ではんぺんを作っているのです。

はんぺんの材料には鮫以外にも「山芋卵白」などが使われています。

これらを石臼ですりつぶして「手取りはんぺん」が作られていきます。

日本橋神茂

日本橋神茂

食感はまるでメレンゲ、口に含むと濃厚な魚の風味が感じられるのが神茂の「手取りはんぺん」です。

買えるのは東京・日本橋室町、1688年創業の「日本橋 神茂(かんも)」です(日本橋高島屋にも出店しています)。

値段は税込422円、昔ながらの形で売られている「半月」という商品もあります。

日本橋 神茂(かんも)

日本橋 神茂(かんも)があるのは東京都中央区の日本橋です。

地下鉄「三越前駅」のA3出口を出て徒歩2分ほどのところで、住所でいえば「〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1丁目11−8」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

営業時間は「10時~17時」まで、定休日は「日曜日」です。

〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1丁目11−8(地図
営業時間:10時~17時
定休日:日曜日
公式:https://www.hanpen.co.jp/

満天☆青空レストラン 2021年2月13日 予告


満天☆青空レストラン 2021年2月13日 予告は以下の通りです。

次回の舞台は東京都日本橋
食材はふわふわ食感 手取りはんぺん


満天☆青空レストラン

「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | おにぎり | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


記事を書いている人
ノーディレイ

記事を書いている人は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを経験して退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は2400件以上あります。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。