らくがき寺「単伝庵」@京都 壁一面落書きで埋め尽くされた寺 月曜から夜ふかし

単伝庵(たんでんあん)という京都府八幡市のお寺さんが、6/6放送『月曜から夜ふかし』で紹介されます。公式にも「らくがき寺」と異名があり、白い壁に願い事を書いて大願成就を願う奉納のことです。もちろん、くだらない落書きなどは論外です。

では、単伝庵(たんでんあん)さんはどこにあって、どのようなお寺さんなのでしょうか?

月曜から夜ふかし


単伝庵(らくがき寺)という京都府八幡市のお寺さんが、6/6放送『月曜から夜ふかし』で紹介されます。

企画は「GWに一風変わった観光地に行ってみた件」という内容で、その中のひとつで「単伝庵」さんが紹介されることになります。

こちらは、白い壁一面に願い事を書くお寺さんで、それを「落書き」と見立てて「らくがき寺」と呼ばれているのです。

らくがき寺 壁一面落書きで埋め尽くされた「単伝庵」

単伝庵(たんでんあん)さんは、妙心寺派のお寺です。

ちなみに、これは「落書き」ではなく「白壁に願い事を記載」するという奉納のひとつです。

大黒堂の白い壁面に願い事を書くのですが(300円)、このことから「らくがき寺」という異名があって、お寺さんが公式に「らくがき寺」と名乗っています(笑)

ただ、某○○ニュースのように「京都には落書きOKな寺があるよ」とか紹介すると誤解されるかもしれませんね。

こちらでは、毎年白く塗り替えられるので、前に書かれたものは消されるのですが、明らかに願い事ではなく落書きのものもかつて存在していました。

京都府八幡市八幡吉野垣内33
拝観料:100円
公開日:土日と正月の9時~15時


こちらの記事もオススメです!

最新の「京都秘境ハンター」は京都で唯一の村(南山城村)の童仙房区にある「謎のカラフルなお寺」です。そのお寺は今では誰も訪れない場所(閉鎖)になってしまっており、行くことも困難であると言います。その誰も行かない超カラフルな京都のお寺とは?どこにあって、どのようなものなのでしょうか?


他にもたくさん『月曜から夜ふかし』関連記事があります。

広告

とろける生チーズケーキ プレーン

Twitterの口コミや感想


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせはTwitterアカウントにお願いします。