【京都・太秦新駅】京福電気鉄道 嵐電北野線に太秦新駅が開設(2016年春に帷子ノ辻駅~常盤駅間)

2016年春に京福電気鉄道 嵐電北野線に新駅が開設されると京都新聞が報じています。場所は「帷子ノ辻駅」(かたびらのつじえき)と「常盤駅」(ときわえき)の間とのことです。我々は特に京都の西に強いというわけですが、平たくいえば、この辺が地元です。そこに「太秦新駅」(仮名)が新設されます。

しかし、我々は○カなので、ここに駅をつくる意味がいまいちわかりませんでした(笑)

京福電気鉄道 嵐電北野線に新駅が開設

常盤駅から「帷子ノ辻駅」(かたびらのつじえき)の間は、さほど距離はありません。(上は常盤駅)

また、線路の西側の狭い道路を南に下ると、府立嵯峨野高校があり、その周囲は狭い路地が多い住宅街になっています。その道を線路沿いに行くとわかりますが、道は狭く何もありません

京福電気鉄道 嵐電北野線の新駅の計画書での場所

新設の目的がわかりづらいのですが、考えられるのは、途中でJR山陰本線「太秦駅」の近くを通ることです。現存の「帷子ノ辻駅」(かたびらのつじえき)からも「太秦駅」は近いのですが、迂回しなくてはならないので、乗り継ぐというイメージがありませんでした。

そのため、今回の駅の新設は、JR山陰本線「太秦駅」からの乗継を目的にしているようです。

この辺は何度も書きますが、道が狭く、かつ線路の両岸に道が少ない場所です。そのため、駅を新設する場所も非常に限定されます。

工事計画では、「やっぱりそこか」という場所が書かれていました。

「ビジネスホテル太陽」の前の踏切のところです。

明らかに、JR線への乗継を意識しています。

実は金閣方面に若干行きやすくなる?

「京都新聞」に書かれていますが、京都駅から金閣寺方面(北野白梅町)へのアクセス向上の可能性はあります。記事では「JRから乗り換えて金閣寺や龍安寺などを訪れる観光客の利用が期待できる」としていました。

「京都駅~金閣寺方面(北野白梅町)」は京都駅からは市バス205系統に乗るか、JR山陰本線で「円町駅」に出てから市バス205系統や204系統に乗る方法でしたが、いきなりバスで長距離は観光客には不評です。

なので、新駅ができることで、京都駅~太秦駅~新駅~北野白梅町ルートというのが、乗換が楽になることで使いやすくなるのだろうと推測できます。

ただし、思いっきり遠回りです(笑)

さらにいえば、ここまで来たら観光客は先に嵐山行くでそと思います。

というわけで、この案・・・・ナイワという気がしました。

また、地元の方が便利になるかというと、そうでもなさそうです。北野白梅町方面から来る方はJR山陰本線に乗り換えやすくなるという、ほんのちょっとのメリットは確かにあります。しかし、嵐山方面から来る方のメリットはゼロです。

京福電気鉄道は30日、嵐電北野線帷子ノ辻-常盤間に新駅を来春開設すると発表した。近くにあるJR太秦駅との乗り継ぎの利便性向上を図る。新駅の設置は2008年3月の嵐電天神川駅以来8年ぶりとなる。
太秦新駅(仮称)。JR太秦駅の南東約200メートルに設置する。総事業費は4千万円。長さ35メートルのホームを2面設け、スロープや点字誘導ブロックを取り付けてバリアフリーに対応する。1日乗降客数は千人を見込む。国土交通省や京都府の設置許認可を受けたうえで着工する。
同社は「北野線沿線で暮らす住民の利便性向上につながるほか、JRから乗り換えて金閣寺や龍安寺などを訪れる観光客の利用が期待できる」としている。

評判(口コミ)


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。