Twitter「インプレッション数」が少ないかゼロの「おかしい」表示になっている

6月3日からTwitterのTweetに表示される「インプレッション数」が少なく、変な値になっているのが確認されています。3日には話題にはならなかったのですが、4日頃から気が付いた人々から「おかしい」との声が出ています。

「アナリティクス」の総インプレッション数は集計されているのですが、Tweetごとのインプレッション数の表示がおかしいようです。

6月3日からTwitter「インプレッション数」が少なく変な値になっている


インプレッションたったの14

インプレッションたったの14

2017年6月3日から、Twitterの「アナリティクス」で表示される「インプレッション」の数字が少なくなっているなどの現象が報告されています。

事例を探したところ、6月3日昼投稿のTweetが「24時間経過後」でもインプレッション数14というスクショを入手しました。

普段から、ひとつのTweetで1日数百のインプレッションが平均してあったのが、6月3日から突然少なくなったそうです。

Twitterアナリティクスの集計が終わらない


「Twitterアナリティクス」の集計が終わらない

「Twitterアナリティクス」の集計が終わらない

今回の件と関連するかは不明ですが、「Twitterアナリティクス」の集計が終わらない現象も発生しています。

Twitterアナリティクス」の集計が月初め2日~3日程度は上の図のような状況なのですが、4日昼の時点でも集計が表示されていませんでした。

しかし、よくよく見ると「6月(JUN)」の「ツイートインプレッション」は集計されているのがわかります。

「6月(JUN)」の「ツイートインプレッション」は集計されている

「6月(JUN)」の「ツイートインプレッション」は集計されている

6月1日~6月2日 2000(8 Tweet)
6月3日 23(2 Tweet)

Tweetから見るインプレッション数は10個のTweetで2000ちょいとのことですが、「Twitterアナリティクス」で見ると5000を超えています。

そのため、何らかしら表示上の不具合ではないかと推測されます。

Twitterの口コミや感想


最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!