大阪府高槻市のふるさと納税 の景品がユニークで変な件

大阪府高槻市にも「ふるさと納税」というのがあります。『月曜から夜ふかし』出演の関ジャニ∞の村上信五さんも納税している「大阪府高槻市のふるさと納税」ですが、そこにある景品がオカシイ・変・妙という話になっているのです。大阪府高槻市のふるさと納税の景品には「原木椎茸栽培セット」「ハイポニカ液体肥料」「お墓の清掃代行」「青龍三年方格規矩四神鏡のレプリカ」などの一種独特な景品が並ぶのです。

これらはどういうものなのでしょうか?

なお、高槻市は7年間の間で景品がまったくない「ふるさと納税」を行っており、7年間の寄付額はゼロという記録を持っています。そして、2016年1月にやっと景品を付けたのですが・・・・やっぱ変なわけです。

大阪府高槻市のふるさと納税 の景品が何かオカシイ


高槻市のふるさと納税」でもらえる妙な景品

京都からも近い大阪府高槻市では「ふるさと納税」(高槻市ふるさと寄附金)があるのですが、なんかその内容が独特なものが混ざっています。

ふるさと納税は「1万円以上」「3万円以上」「5万円以上」というカテゴリーで分かれるのですが、お菓子や食品などの中に、他ではあまり見られないものが混ざっているのです。

牛肉とかお酒とか、ブルーベリーとか高槻で作られるものなど、ご当地名産なんかがふるさと納税の景品になるのが常ですが、こんなものも景品になっていました。

1万円以上 原木椎茸栽培セット、ハイポニカ液体肥料
3万円以上 お墓の清掃代行、「青龍三年」方格規矩四神鏡のレプリカ

1万円以上では「原木椎茸栽培セット」と「ハイポニカ液体肥料」という妙に実用的なものが含まれていました。

さらにすごいのは3万円以上で「お墓の清掃代行」というのがあります。

なかなかユニークです。

高槻市があなたの代わりにお墓参りしてくれる権利


高槻市があなたの代わりにお墓参りしてくれる権利

高槻市のふるさと納税の景品にある「お墓の清掃代行」というのは、ふるさとになかなか帰省できない関東圏に住んでいる元高槻市民を対象にした景品です。

高槻市の説明では「なかなか高槻に里帰りできない方のため、寄附者に代わり高槻市内にあるお墓を清掃いたします。」と書かれているように、高槻市に帰れない多忙なサラリーマンのために、わざわざ高槻市が清掃しちゃうという景品なのです。

これって、要するに「お墓参り代行」という話なのです。

時代のニーズに合っているのか、それとも高槻市が独特なのかはお察しください。

銅鏡が高槻市のふるさと納税の景品にある件


銅鏡が高槻市のふるさと納税の景品にある件

高槻市のふるさと納税で、もうまったく意味が分からないのが「青龍三年 方格規矩四神鏡のレプリカ」(ほうかくきくししんきょう)という景品です。

「方格規矩四神鏡 (ほうかくきくししんきょう)」というのは、中国が漢の時代に作られた鏡のことです。

いわゆるあれです、卑弥呼の「三角縁神獣鏡」とかで歴史に習う「銅鏡」のことです。

方格規矩四神鏡というのは、鏡に4つの神が描かれていることから、そのように呼ばれていますが、奈良県の黒塚古墳からは33個の方格規矩四神鏡が出土するなどしています。

日本で出土した銅鏡の中でも一番最古のものが、高槻市の景品にもなっている「青龍三年銘方格規矩四神鏡」で西暦235年のものなのです。つまり、邪馬台国の女王である卑弥呼が魏に遣いを送ったのが景初3年(239年)の時代のものなわけです。

なぜ、銅鏡が高槻市のふるさと納税にあるのか?

実は、大阪府高槻市にある「安満宮山古墳」から出土したものなのです。他にも、京都府京丹後市の「大田南5号墳出土」からも出土しています。京都府京丹後市には邪馬台国とは別の大きな勢力があったとされており、その勢力も魏に遣いを送っていた可能性もありえるのです。(または邪馬台国からもらったとか)

当時は日本には数多くの豪族がおり、その豪族同士が中国の朝廷権威を得ようと朝貢合戦を繰り広げていたと推測されています。高槻市も時代が時代なら、日本を今でも統治していたかもしれないのです。すごいな、高槻市って!

ちなみに、このレプリカですが、実勢価格は7000円です。

3/25は高槻のふるさと納税の日


アイドルマスター高槻やよいグッズ詰合せVOL1

あんま関係ないのですが、3/25は高槻市の「やよい軒」が話題になる日です。

ここ、アイマスの聖地になっています。

3/25になると、高槻市のやよい軒で、毎年このような看板が出るのですが、アイマスの登場人物「高槻やよい」の誕生日という話で、なぜかこの日に高槻市のやよい軒が、意味不明な看板を出すことから、アイマスの聖地になっているという話です。

毎年、3/25は朝から「やよい軒高槻店」にアイマスのオタクが食事に来るという話で、これを「高槻のふるさと納税の日」と呼ぶ人もいます。

アイドルマスター高槻やよいグッズ詰合せVOL2

実は、これに便乗しちゃった「高槻市のふるさと納税景品」が存在しています!

それが「アイドルマスター高槻やよいグッズ詰合せVOL1~2」で、提供は駿河屋高槻店さんです。

申し込み等は「ふるさとチョイス」の公式サイト高槻市の3万円以上の景品から見ることができますよ!

広告



大阪府高槻市北園町18−1


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。