ヘサキリクガメ @野毛山動物園(横浜市)が『所さん!大変ですよ』で紹介

ヘサキリクガメ(絶滅危惧種)が見られる横浜市の無料動物園「野毛山動物園」が2017年1月5日放送『所さん!大変ですよ』で紹介されます。本来なら販売や輸出が禁止されているヘサキリクガメがなぜ「野毛山動物園」で見られるのかという興味深い企画です。

では、なぜ横浜市の「野毛山動物園」ではこういった動物が見られるのでしょうか?

ヘサキリクガメが見られる横浜市の動物園はどこ?


リクガメは個人でもペットとしている方もいます(写真はロシアリクガメ)

リクガメは個人でもペットとしている方もいます(写真はロシアリクガメ)

2017年1月5日放送『所さん!大変ですよ』で、世界で最も絶滅の危機に瀕しているリクガメの一種「ヘサキリクガメ(Astrochelys yniphora)」が見られる横浜市の動物園が紹介されます。

リクガメは個人でもペットとしている方もいますが、いくつかの品種は絶滅危惧種に指定されており、日本への輸入が禁止されているものもあります。

そのひとつが「ヘサキリクガメ」という品種で、マダガスカルというアフリカ大陸の南東にある大きな島などに生息している生物です。

・ロシアリクガメ ※上の写真
・インドリクガメ
・エジプトリクガメ
・エロンガータリクガメ
・ギリシャリクガメ
・ケヅメリクガメ
・パンケーキリクガメ

では、この「ヘサキリクガメ」は横浜市のどこで見られるのでしょうか?

広告


サファリ レプリカ リクガメ(L)

ヘサキリクガメが見られる野毛山動物園(横浜市)

所さん!大変ですよ』で紹介される「ヘサキリクガメ」がいるのが横浜市の「野毛山動物園」という動物園です。

野毛山動物園は横浜市が運営する動物園ですが、入園料が無料という動物園としても知られています。

私も東京住まいの頃に数度行ったことがあり、昔からある市民の憩いの場の動物園でもあります。

では、なぜこの動物園に世界に400頭しかいないとされる「ヘサキリクガメ」がいるのでしょうか?

2008年6月23日頃、都内のペットショップ「DIZZY POINT東京店」が国際的に販売取引が禁止されている「ヘサキリクガメ」を約700万円で販売した事例がありました。2004年~2006年にも2件ほど販売しようとして立件された事例もあります。

そういった取引で行き場のない動物を横浜市の野毛山動物園では引き取っているのが理由です。

野毛山動物園では5頭のヘサキリクガメがいて、いずれも保護されたヘサキリクガメばかりです。

その5頭から、ヘサキリクガメの子供も生まれており、2016年2月28日に新聞などでも報道されています。

出生は普通ではありませんが、元気に育つとよいですね。

神奈川県横浜市西区西区老松町63−10
入園料:無料
開園時間:9:30~16:30
URL:http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/nogeyama/

所さん!大変ですよ 1/5 予告


所さん!大変ですよ 1/5 予告は以下のとおりです。

ある動物園で、野生には400匹しかいないという世界でも希少なカメが産卵、ふ化した。しかしそのカメには“出生の秘密”があった。動物園でひそかに増える生き物の物語。
世界で最も絶滅の危機に瀕しているリクガメのひとつ、ヘサキリクガメ。この希少なカメを5匹飼育している横浜市の動物園は、世界でもほとんど例がないふ化に成功した。実はこのカメ、国際ルールに反して日本に持ち込まれたため押収された「密輸動物」。こうした密輸動物が、各地の動物園で増えているという。さらに「ある事情」から動物園に持ち込まれる動物も増加中。動物園でひそかに増える動物たちは、いったい何を物語るのか。

他にも『所さん!大変ですよ』関連記事があります。

飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。