稲架掛け(はさがけ)農家@長野・飯山市 藤田温彦さん『人生の楽園』で紹介

今週の『人生の楽園』では、長野・飯山市稲架掛け米(はさがけ)で稲作されている農家「藤田温彦さん」が主人公の回になっていました。豪雪地帯に移住して、自分の田んぼで米作りをされている方ですが、移住を考えている方には、これは意外と参考になります。田舎暮らしは自分の畑や田んぼで農家をすることが多いからです。

そうなると、気になるのが・・・・「収穫量」ですよね。

長野・飯山市 藤田温彦さん『人生の楽園』で紹介


飯山市のだいたいの風景(豪雪地帯です)

飯山市のだいたいの風景(豪雪地帯です)

毎週楽しみにしている『人生の楽園』ですが、今回はお店などの経営をされている方ではなく、長野県飯山市にある築170年の古民家に移住した「藤田温彦さんご夫妻」が主人公です。

場所は、予告に映っている「千曲川の大関橋」から10km北側で、JR飯山線沿いにある古民家です。

2013年に今のご自宅を飯山市で見つけて、2016年に移住されたということですが、移住前から通って「稲作」をされているそうです。

コンバインを使わずに手作業で刈り取り、それを「稲架掛け(はさがけ)」しているシーンが予告で映っていました。

どうやら、今でも昔ながらの手作りの米を栽培しているようでした。

ここが、今回気になるポイントです。

稲架掛け(はさがけ)とは


稲架掛け(はさがけ)とは、刈り取った稲を天日干しすること

稲架掛け(はさがけ)とは、刈り取った稲を天日干しすること

まず「稲架掛け(はさがけ)」という言葉が出てきましたが、これは昔(コンバインがなかった頃)では当たり前に行われていました。

今では米生産量の1割もないと思いますが、天日で米(稲)を乾燥させる作業のことを言います。

収穫したばかりの新米は、米粒全体の20%強が水分です。

水分が多いと物は腐りますが、新米をそのまま保存しても3日と保ちません。

現在ではJAのライスセンターで新米を乾燥させて出荷しています

現在ではJAのライスセンターで新米を乾燥させて出荷しています

そのため、昔は「天日干し」をして米の水分を飛ばして乾燥させていました。

現代では、トラクターが脱穀(稲からモミを外す作業)するので、乾燥工程は「JAのライスセンター」などで行っています。

よくネットの「新米の炊き方」で検索すると出てくる情報で「新米は水分が多いから水は少なめにする」というのあがると思います。

それは、正確には「ウソ情報」なわけです。

ご家庭で新米を購入してきた場合は、お米を炊く時の水分量は普段と同じで大丈夫です。

藤田温彦さんの米はどれくらいの量の収穫があるのか

今回の件で、もうひとつ気になるのが、移住して米を作る時にどれくらいの田んぼがあれば、自分の食べる量を確保できそうなのかという点です。

田舎移住だと、畑や田んぼで自分で栽培した農作物を食べるというのは非常に重要なファクターですが、収穫量というのはあまり話題になりません。

まず、今回の舞台である藤田温彦さんの田んぼがどれくらいの広さなのかを計算してみました。

・千曲川(ちくまがわ)の大関橋(地図
・桑名川郷土資料館の西隣の古民家(地図

ストリートビューに映っている田んぼの面積を計算したところ「約0.053ヘクタール=5.3アール=151坪」ありました。

ということは、1/2反なので1石(150kg)の半分くらいの反収(75㎏)がありそうです。

高齢のご夫婦だとこれくらいで間に合うのだと思われますが、だいたい成人が1年で消費する米の量が60kgほどなので、少し少な目くらいかもしれません。

長野県飯山市照岡389-2601(付近)

人生の楽園 11月18日 予告


人生の楽園 11月18日 予告は以下の通りです。

豪雪地帯の古民家に移り住み、農作業に勤しむ62歳と59歳の夫婦を紹介。稲刈りには東京から次女も参加し、手作業の米作りを楽しんでいる。
アウトドア好きで、家族でしばしば山登りに出かけた主人公夫婦。長野県での田舎暮らしを夢見るようになり、飯山市で広い田畑つき築170年の古民家に一目惚れ。去年、移住を果たした。家の前の田で稲を育て、手で刈って稲架掛けし、足踏み脱穀機や唐箕を使って籾にする。すべて手作業で作りだす米は“半泣きする程の”美味しさ。他にも様々な野菜を育てたり、家の周りをサイクリングしたり、大自然の中での暮らしを満喫している。


人生の楽園

「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。