休けい処くすくす @志々島 山地常安さん『人生の楽園』で紹介

毎週楽しみにしている『人生の楽園』4月8日放送は四国・瀬戸内海に浮かぶ島「志々島」が舞台になっていました。人口わずか17人の村で過疎問題に挑戦する山地常安さんが紹介されます。地域振興はこのブログのテーマでもあり、今回は人生の後半戦を地元の振興をして過ごす山地常安さんが紹介されるということで興味津々です。

山地常安さんは「休けい処くすくす」や「ゲストハウスきんせんか」を志々島でオープンするなど尽力されている方です。

志々島 山地常安さん『人生の楽園』で紹介


香川県三豊市から瀬戸内海の志々島を望む

香川県三豊市から瀬戸内海の志々島を望む

4月8日放送『人生の楽園』は、人口17人の志々島で「休けい処くすくす」と「ゲストハウスきんせんか」をオープンさせた山地常安さんが紹介されます。

平成20年にUターン移住した山地常安さんは、故郷の島が過疎化していくのを見て地域振興に乗り出した方で、このブログでもテーマになっている「地域振興」が取り上げられるということで興味深い内容です。

志々島には樹齢1200年を超える「大楠(おおくす)」などの観光資源があり、1993年の映画『男はつらいよ 寅次郎の縁談』では撮影ロケ地にもなった島です。

周囲3.8キロメートル
面積0.74平方キロメートル
標高109mの「横尾の辻」から瀬戸内海を望める
樹齢1200年を超える「大楠(おおくす)」がある

有人島ではありますが、人口17人ということで「村おこし」も大変だと思いますが、島民との協力で無料休憩所や宿泊施設を準備するなど奮闘する姿が『人生の楽園』で紹介されるので参考になりそうな回です。

休けい処くすくす

今回紹介されるのは「島の休憩所 楠々(くすくす)」です。

島でひとつだけの無料休憩所で、カフェにもなっています。

船着き場のすぐ近くにあるということで、乗船時の待合所にもなっているそうです。

ゲストハウスきんせんか


ゲストハウスきんせんか(三豊市広報資料より)

ゲストハウスきんせんか(三豊市広報資料より)

山地常安さん達が起こした「志々島振興合同会社」は、志々島にも「ゲストハウスきんせんか」を用意して、島への観光客誘致に動いています。

一泊素泊まりで2000円、宿泊は1組限定の地区150年の古民家を再利用したお宿です。

準備金の450万円はクラウドファンディングで調達されたということで、平成28年5月(2016年)にオープンしました。

宿泊料:2000円(素泊まり)
1組7名まで宿泊可能
URL:http://www.city.mitoyo.lg.jp/hf/kouho/2016.9.1.pdf

予約は「志々島振興合同会社 0875-83-5740」までとなっています。

志々島に行く方法

志々島に行く方法は詫間町の「宮ノ下港」からの定期連絡船を使うことで可能です。

乗船時間は約15分ほどと四国からも近い島です。

・JR詫間駅で「三豊市コミュニティバス」に乗車(100円)
・詫間庁舎バス停で下車
・バス停から「宮ノ下港」まで徒歩3分
・「宮ノ下港」からの定期連絡船に乗船(340円、時刻表

香川県三豊市詫間町詫間1338−170

評判(口コミ)

人生の楽園 4月8日 予告


人生の楽園 4月8日 予告は以下の通りです。

瀬戸内海に浮かぶ小さな島、志々島。かつて千人以上が暮らしたが、今は17人。仲間や妻と力を合わせ、島おこしに立ち上がった65歳の男性を紹介。
過疎化が急激に進んだ志々島では、130軒ほどある家のほとんどが空き家になっている。50代半ばで、妻と共に志々島にUターンした主人公は、「このままでは無人島になってしまう、島に人を呼び込みたい」と考え、ぼろぼろの空き家を自分でリフォーム。無料の休憩所を始めた。さらに別の空き家を仲間と力を合わせて改修し、去年、ゲストハウスをオープンさせた。島の魅力を知ってもらおうと、島歩きのツアーガイドなどもしている。


人生の楽園

「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。