ありあけ山のcafe 安曇野市 11/21 人生の楽園 松原美樹子 まつばらみきこ

ありあけ山のcafe(長野県安曇野市)が『人生の楽園』11/21放送で「りんごの里の絶景カフェ」として紹介されます。今回の主人公は松原美樹子(まつばらみきこ)さんと松原優美(まつばらゆみ)さんです。

『人生の楽園』はテレ朝の大変優れた番組なので、ぜひ見ていただきたいです。

11/21 人生の楽園


2015-11-19_164001

安曇野(あづみの)は四季折々の色々な景色が見える高原で、この土地を好きになって移住される方も多くいらっしゃいます。

そこにあるのが、今回の主人公である松原美樹子(まつばらみきこ)さんと松原優美(まつばらゆみ)さんの経営するカフェ「ありあけ山のcafe」です。

ありあけ」というのは、有明山麓のことで、安曇野から見える山のことです。

松原美樹子さんは安曇野には嫁いで来たとのことですが、学生時代に見た印象深い山のイラストが「有明山」だったことに嫁いで気がついたそうです。そのため、店名にも「ありあけ」って入れたのでしょう。

ありあけ山のcafe

信州の田園地帯にある隠れ家カフェが2011年5月にオープンしました。

名前は「ありあけ山のcafe」です。

窓からはリンゴが見えるのどかな場所で、高い天井で木のぬくもりのあるカフェとなっています。

長野県安曇野市穂高有明7348−9
営業時間:10時~18時(冬は11時~17時)
定休日:水曜、第1木曜(2015年11月22~23日は臨時休業)
駐車場:8台
TEL:0263-88-7850

ありあけ山のcafeの日替わりランチ


ありあけ山のcafeで出しているのがランチやスイーツです。

地元の安心安全な食材にこだわった手作りの料理が自慢です。

日替わり定食は、メイン料理に4~5品のお惣菜に漬け物と小鉢にご飯とみそ汁がセットになった人気メニューです。多くの方が注文されるとのこと。

明日の活力。 盛りだくさんがうれしい。 #安曇野 #ありあけ山のCafe

三束雨さん(@sanzokuame)が投稿した写真 –

その季節の野菜や果物を使ったランチで、量も多いので満足できそうです。

日替定食 1200円(1日限定12食)
バタートースト 250円
オムレツのトーストサンドセット 950円
ピザトーストセット 950円
山cafeのショートケーキ 550円
ショートケーキセット 1000円
ケーキ 450円
ケーキセット 900円
チョコポン 300円
コーヒー 480円
紅茶 500円
アイスコーヒー 530円
アイスティー 550円
ブラッドオレンジジュース 500円
ぶどうジュース 500円
アイスミルク 400円

ありあけ山のcafeへの行き方


JR大糸線の「有明駅」から車で向かうのが一番の最善策です。タクシーで10分程度になります。

「森の果樹園」やカフェ「七か月」の看板を目印に進むとわかりやすいです。

バスは期間限定で「あづみ野周遊バス」というのがあるのですが、2015年は4/18~5/6、7/3~9/28までの運行となっており役に立ちません。

この辺は道に迷う方が多発するので、十分下調べしてから行くべきでしょう。

安曇野 紅玉リンゴ


2015-11-19_171838

ありあけ山のcafeの目の前はリンゴ園「森の果樹園」が広がっており、そこには「紅玉リンゴ」が実っています。

そのリンゴを使ったデザートなども提供されていますが、「紅玉リンゴ」とはなんでしょうか?

紅玉リンゴは「こうぎょくりんご」と読みますが、強い酸味のとなめらかな果実のリンゴのことです。見た目もリンゴらしい赤色のおいしそうな品種です。

煮崩れしにくいのでお菓子作りに重宝されています。

明治時代から日本で栽培されており、赤色が強いのが特徴です。

広告


紅玉 送料無料 農園より産地直送 長野産

信州安曇野穂高 味噌


信州といえば「味噌」です。

この安曇野でも「信州安曇野穂高 三年みそ」が昔のままの製法で作られています。

安曇野は米と大豆の産地でもあるので、地元で採れた材料で味噌が作られているのです。

大正時代創業の「十二代杉ヱ門の信州味噌」も、安曇野の米と大豆を使ったお味噌です。

広告


十二代杉ヱ門の信州味噌 こうじ味噌 白味噌 6kg

人生の楽園 11/21 予告


人生の楽園の11/21放送分の予告は以下のとおりです。

子育てを終えた後、長野県安曇野市で小さなカフェを始めた54歳の女性を紹介。向かいの果樹園で採れた紅玉りんごを使ったタルトが大評判。
料理好きで、主婦業をしながらパート勤務で調理の仕事をしていた主人公は、「いつかカフェか食堂を開きたい」という夢を抱いていた。そして子育てが一段落し、本格的にケーキ作りなどを学んでいたころ、北アルプスの有明山の麓で理想的な土地と出会い、4年前に小さなカフェをオープンした。今の季節は、向かいの果樹園で採れた紅玉リンゴを使った「りんごタルト」の味が大評判。27歳の娘も、接客など店を手伝ってくれている。

その他の「人生の楽園」関連記事はこちらです。

広告


いつか暮らしたい移住地

評判(口コミ)

飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。