浦農園 @さいたま市 夫婦で育てる愛情野菜の直売所『人生の楽園』で紹介

埼玉県さいたま市の「浦農園」が2020年12月26日放送の『人生の楽園』で紹介されます。定年退職後に農業を志した浦光夫さんが栽培する野菜は味が濃いと評判。レストランに卸すようになったり直売所で「浦農園」の名前で販売されるようになったそうです。

さいたま市の浦農園が『人生の楽園』で紹介


さいたま市の浦農園が『人生の楽園』で紹介

さいたま市の浦農園が『人生の楽園』で紹介

埼玉県さいたま市で「浦農園」を経営する浦光夫さんが2020年12月26日放送の『人生の楽園』で紹介されます。

裏さんは農業が盛んなさいたま市西区宝来にある自宅周辺の畑(1500平方メートル)で多品種少量栽培をする農家で定番の野菜・ヨーロッパ野菜などを年間100種以上栽培している方です。

若い頃はフランス留学などを経てフランス系の企業で働いていましたが、富山県の農家出身であったことから定年退職後は農業をしたいと考えていたそうです。

定年退職後は埼玉県比企郡小川町の有機農家・金子美登さんに弟子入りするなど一年八か月間は農業についてを学びます。農業を始めてから10年で野菜の質もあがりレストランなどに卸すようになりました。

浦光夫さんが栽培する野菜は味が濃いと評判になり野菜はレストラン・直売所で販売。また年に4回の農園ツアーを実施しています。

ただし、2020年はツアーの募集はなく、2021年以降の開催予定は「申し込み先ページ」で告知されると思いますのでチェックしてみてください。

・キクイモ堀やタマネギの植え付け体験
・野菜のお土産付き
・浦農園の野菜でつくった「Chef Koura特製弁当」で食事
・開催は年4回、朝8時に指扇駅集合~13時くらいまで
・参加費は2000円(定員8人)
申し込み先のページはこちらをクリック
公式フェイスブックページを見る場合こちらをクリック
開催場所の周辺地図を見る場合はこちらをクリック

浦農園の野菜はどこで買える?


浦農園の野菜はどこで買える?

浦農園の野菜はどこで買える?

では「浦農園」の野菜はどこで買うことができるのでしょうか?

馬宮コミュニティーセンター(クリックで地図が開きます)」で週に2回ほど直売会を開いているそうです。

また、浦農園がある埼玉県さいたま市西区宝来には「指扇駅前直売所」があります

JR川越線「指扇駅」南口駅前にある「野菜・花・米・果樹・畜産物・特産品」などの直売所です(JAさいたま)。

営業日は平日の9時~18時で土日祝は定休日となっています。

住所は「〒331-0074 埼玉県さいたま市西区宝来1721」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)

ジャンル「農産物直売所」
予算「100円~1000円」
営業時間「9時~18時」
定休日「土日祝」
住所「〒331-0074 埼玉県さいたま市西区宝来1721」
地図こちらをクリック(Google Maps)」

人生の楽園 2020年12月26日 予告


人生の楽園 2020年12月26日 予告は以下の通りです。

定年退職後に農業を学び、自宅周辺に畑を借りて多品種少量生産で野菜を育てる浦光夫さん(70歳)。愛情込めて育てる野菜は、定番からヨーロッパ野菜まで年間100種以上!!
少年時代の記憶による土への憧れから定年退職後に農業を学び、自宅周辺に畑を借りて多品種少量生産で野菜を栽培する浦光夫さん(70歳)と、それを支える妻の順子さん(67歳)の物語。浦さん夫婦が愛情込めて育てるのは、定番の野菜からレストランが使うヨーロッパ野菜まで年間100種以上!さらにレストランシェフと組み、浦さんの野菜を使った特製弁当がつく、キクイモ掘りやタマネギの植え付けなどを手伝う農園ツアーの開催も。


「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!