蕎麦カフェ『そば墅』@岩手・一関市 大工が打つ外二そば『人生の楽園』で紹介

岩手県一関市にある元大工・及川福壽さんの手打ちそば店「蕎麦カフェ そば墅(そばの)」さんが、2020年2月15日放送の『人生の楽園』で紹介されます。こちらでは岩手県産石臼碾蕎麦粉を使った「十割蕎麦」や「外二そば」を食べることができます。

大工が打つ外二そば店「蕎麦カフェ そば墅」が『人生の楽園』で紹介


蕎麦カフェ そば墅、外二そば が『人生の楽園』で紹介

蕎麦カフェ そば墅、外二そば が『人生の楽園』で紹介

2020年2月15日放送の『人生の楽園』で、あまり聞きなれない蕎麦のお店が紹介されます。

お店は岩手県一関市にある・・・・

蕎麦カフェ『そば墅』

さん。

こちらで提供されているのが「外二そば」という聞きなれないお蕎麦です。

この「外二そば」は手打ちのため1日30食限定という蕎麦。

お店は元・大工(工務店勤務)だった及川福壽(おおいかわふくじ)さんと奥様で切り盛りされていますが、ご主人は元から蕎麦の食べ歩きが趣味で退社してからソバ打ちを独学で学んだのだそうです。

岩手県産石臼碾蕎麦粉を使った蕎麦で、そば墅さんでは「十割そば」や「外二そば」を手打ちして提供しています。

天せいろ 1200円(平日限定)
てんぷらそば 900円(平日限定)
そばプリン 150円
そば羊羹 150円
コーヒーゼリー 150円
蕎麦シフォンケーキ 300円
蕎麦ぜんざい 450円
オリジナルピザ(小)600円
焼飯 600円
コーヒー 300円
紅茶 300円

では、聞きなれない「外二そば」ってどんなお蕎麦なのでしょうか?

外二そば ってどんな蕎麦?


外二そば は二八蕎麦の割合が異なるソバのこと

外二そば は二八蕎麦の割合が異なるソバのこと

今回紹介される「外二そば」というのは・・・・

そば粉とつなぎ(小麦粉)の割合が「10:2」の割合になっている蕎麦のことです。

分かりづらいですよね?

皆さんがよくご存じなのは「二八蕎麦」と「十割蕎麦」ですが、二八はそば粉とつなぎ(小麦粉)の割合が「8:2」というのが一般的です。

十割は100%そば粉を使ってつなぎがない蕎麦ですね。

十割そばは打ち方にもよりますがボソボソとした食感になるので、小麦粉を2割ほど混ぜて滑らかな口当たりの蕎麦にしたのが「二八蕎麦」です。

二八蕎麦でも「内二」と「外二」ではそば粉の割合が少し異なります

二八蕎麦でも「内二」と「外二」ではそば粉の割合が少し異なります

ただ、そば粉とつなぎ(小麦粉)の割合が「10:2」の割合になっている「外二そば」ってピンと来ないどころか、「二八蕎麦」と何が違うのか分かりづらいと思います。

これ割合が違うのです。

二八蕎麦は通常は「内二」と呼ばれる配合でそば粉80%につなぎ20%を使っています。

同じ二八蕎麦でも「外二」はそば粉83.30%につなぎ16.70%の割合なので少しだけ蕎麦粉の比率が高くなっているのが違いです。

蕎麦カフェ『そば墅』はどこにある?

では、蕎麦カフェ『そば墅』さんはどこにあるのでしょうか?

田園と森が広がる岩手県一関市の千厩町奥玉大平というところにお店があります。

最寄りのJR大船渡線「矢越駅」からは距離にして5kmは離れており、自家用車でもなければなかなか行くことが難しい場所にあります。

営業時間は「11時~14時」ですが、放送数日は予約も難しいみたいで、しばらく後の日程で予約して行くのが良さそうです。

また、メニューはしばらく限定しての営業にあると告知されていました。

〒029-1111 岩手県一関市千厩町奥玉大平6−3
営業時間:11時~14時(10時から入店可、夜営業は電話で確認)
定休日:月曜日(祝日は営業)
公式Twitte:https://mobile.twitter.com/sobautimaster

評判(口コミ)

この投稿をInstagramで見る

そばカフェ\ ♪♪ / 車で10分しない場所(山奥)にできた「そば墅」✨ 前から気になってて弟と一緒に行ってきた🎶 昔からこの地域ではよくお蕎麦の試食会をした りと有名だったから出来たのを聞いて納得!! 店主も意外な繋がりがあったりと新しい 発見もできて楽しかった! なによりお蕎麦が美味しかったー😻✨ 鴨せいろ最高だねー!! 写真は食べかけだけど 蕎麦シフォンケーキも良かった❤︎*。 また違うのを食べに行こう\ ♪♪ / ・ ・ ・ ・ ・ #そばカフェ #そば墅 #田舎カフェ #一関カフェ #奥玉 #そば #そばランチ #鴨せいろ #ランチ #外食 #お外ごはん#cafe#lunch#soba#buckwheatnoodles#sobanoodles #そばcafe#蕎麦#蕎麦ランチ#

✰satomi fujino✰(@satomyuu310)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

#帰省シリーズ 一関の美味しいお蕎麦屋さん、直利庵が春に閉店してしまった為、家族で新たにお蕎麦屋さんを開拓しようと行ってきたのがこちらの#そば墅 ✨ お蕎麦自体はコシもあり、美味しくいただきました。 頼んだのは#鴨せいろ で、蕎麦の量が多めだからか、ツユも気持ち濃いめでした😌 蕎麦湯を足すとグビグビ飲める美味しさだったので、止めてくれる人が一緒で良かったです😂 ちょっぴり辛味の効いたお新香もとても美味しかったです。 デザートは本当は#蕎麦シフォンケーキ を頼みたかったのですが、お盆期間で多忙な為焼く時間が取れず用意がないとのことだったので#欅ロールケーキ を注文🌀 元々冷凍させていたのか、中のクリームが半解凍みたいな硬さで、でもそれが逆に皿にへばりつくこともなく食べやすかったですし、添えのクリームはちゃんと柔らかいものを添えてくれているのでベリーのソースと併せて美味しくいただきました💕 お蕎麦も良いけど、コーヒーとデザートだけで森(山?)の中マッタリ過ごすのも良いかもしれません☕️😌 #蕎麦カフェ #蕎麦屋 #そばや #森の中のカフェ #一関市 #千厩町 #オーナーは頑固おやじと言う名の凄く優しいおじさん #裏メニュー有 #ジャズが流れるお店

るぅぽん(@ruupon1500)がシェアした投稿 –

人生の楽園 2020年2月15日 予告


人生の楽園 2020年2月15日 予告は以下の通りです。

趣味を生かして自宅倉庫でそば屋を始めた元大工の及川福壽さん(65歳)。大工もそば打ちも“ものづくり”で、ものづくりは“段取り八分”と語る福壽さんの打つそばとは!?
不況と東日本大震災を乗り越え、趣味を生かして自宅倉庫でそば屋を始めた元大工の及川福壽さん(65歳)と、それを支える妻の三恵子さん(64歳)の物語。大工もそば打ちも同じ職人の“ものづくり”で、ものづくりは“段取り八分”と語る福壽さんが打つのは、そば粉10に対してつなぎが2の割合の“外二そば”。そばとつゆのバランスがいいと評判で、人気は鴨南蛮と冬季限定の牡蠣南蛮!さらに蕎麦シフォンケーキや蕎麦ぜんざいも

広告


人生の楽園

「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。