カフェそらいろのたね @石川県・宝達志水町のネコカフェ【人生の楽園】

石川県にある里山の猫カフェ「そらいろのたね」が、2018年10月6日放送『人生の楽園』で紹介されるそうです。能登半島の付け根「宝達志水町」に移住した青江静男さんご夫妻が宝達山麓で始めたカフェです。今回は「カフェそらいろのたね」値段やメニューに営業情報などを紹介します。

猫がいるカフェとして知られ「自然型猫カフェ」や「地域ネコカフェ」とローカルメディアで紹介されてもいます。

里山カフェ そらいろのたね が『人生の楽園』で紹介

2018年10月6日放送『人生の楽園』で、能登半島の西側付け根にある「石川県宝達志水町」の里山カフェが紹介されます。

カフェの名前は「そらいろのたね

青江静男さんご夫妻が移住した宝達山麓で始めたカフェです。

猫好きのご夫婦で、地域ネコの保護活動にも尽力して、いつの間にか「自然型猫カフェ」や「地域ネコカフェ」として猫好きが集うカフェとなりました。

撮影ロケは2018年9月9日~14日まで6日間の日程で行われたそうです。

・青江静男さんご夫妻が移住した宝達山麓で始めたカフェ
・「宝達志水町トトロ」の近くにある
・移住して築50年の民家を改築
・ウッディデッキに野良猫が集うようになる
・地元ローカル誌で「自然型猫カフェ」や「地域ネコカフェ」と紹介
・地域食材や発酵食品のランチやドリンクを提供

里山カフェ「そらいろのたね」とは


里山カフェ そらいろのたね (出典:Instagram)

里山カフェ そらいろのたね (出典:Instagram)

かつて金山であった宝達山「宝達志水町トトロ」近くにあるカフェで、地元の食材を使ったランチを食べたり、有名なコーヒーや紅茶を揃えているお店です。

山歩きが趣味の青江静男さんは、田舎暮らしに憧れて移住。築50年の民家を1年かけて改築します。

そして、この宝達志水町の良さを伝えるため、2017年2月に里山カフェ「そらいろのたね」をオープンさせました。

地域ネコカフェ


ウッドデッキに猫が集まるカフェ

ウッドデッキに猫が集まるカフェ

改築した民家にウッドデッキを作ったところ、地域の野良猫が集まるようになってきたそうです。

とはいえ、野良猫なのでエサを与えるわけにもいきません。

しかし、寒い中でもエサをもらえるのではないかと待ち続ける親猫を見て忍びなくなります。

そこで、地元の猫保護団体と協力して、どうすれば良いのか考えていくようになります。

結果、里親を探したり、去勢したりして猫の保護活動も行うようになりました。

地元ローカル誌でも「自然型猫カフェ」や「地域ネコカフェ」と紹介されるようになっています。

メニューと値段


カフェそらいろのたね では「ランチドリンクケーキ」を食べることができます。

値段は、酵素玄米とお肉のランチが1080円で酵素玄米カレーが830円です。

・酵素玄米とお肉のランチ 1080円
・酵素玄米カレー 830円
・カルボナーラ
・トミオフクダコーヒー
・ハワイコナコーヒー
・玄米コーヒー
・生姜ココア
・新鮮野菜のスムージー
・韃靼そば茶
・温州みかんジュース
・りんごジュース
・セーデルブレンドティー
・くず湯
・手作り紫蘇ジュース
・水出しアイスコーヒー
・ガトーショコラ
・ヨーグルトポムポム
・ベイクドチーズケーキ
・甘さ控えめマフィン

酵素玄米を使ったランチ


酵素玄米

酵素玄米

カフェそらいろのたね では発酵食品がメニューにあり「酵素玄米を使ったカレー(830円)」や「酵素玄米と お肉のランチ(1080円)」などが提供されています。

ランチは土日の各5食限定ということですが、「ルウ・小麦粉・水」を使わないリンゴの甘酸っぱさを感じられるカレーもあります。

ちなみに、酵素玄米というのは別名で「寝かせ玄米、発酵玄米」とも呼ばれますが、まったく同じものです。

発酵玄米(脱穀だけした米が少し発芽した米)を炊飯器で炊くとボソボソして美味しくはありませんが、炊く時に塩を少し加えておき、それを保温状態で4日間ほど熟成させたものです。

熟成させることで、固い玄米が柔らかくなるので食べやすくなり、発芽玄米を使用することで発芽のために蓄えた栄養素を摂取できるというメリットもあります。

カフェそらいろのたね では、宝達山麓米を3日間寝かせた酵素玄米を使用しています。

トミオフクダコーヒー


カフェそらいろのたね では「トミオフクダコーヒー」を飲むことができます

カフェそらいろのたね では「トミオフクダコーヒー」を飲むことができます

カフェそらいろのたね では珍しいコーヒーを飲むことができます。

それが「トミオフクダコーヒー Dried On Tree」というブラジルのコーヒー豆です。

日系ブラジル人が経営する「バウ農園」で栽培されたコーヒーで、完熟を通り過ぎて乾燥するまで収穫しないで待った豆なのです。

そのため、木の養分を吸い尽くすことになり、コーヒーの木の需要は短くなりますが、美味しさを優先すると「Dried On Tree(樹上乾燥)」に行き着きます。

カフェそらいろのたね では、このトミオフクダコーヒーを飲むことができます。

地元産野菜とイチジクのスムージー


地元産の「イチジク」を使ったスムージーなども販売

地元産の「イチジク」を使ったスムージーなども販売

宝達志水町には「押水いちじく」という特産物があります。

国道159号沿いの直売所などで販売されており、品種としては「桝井ドーフィン」や「ビオレソリエス」になります。

カフェそらいろのたね では、地元産の「イチジク」を使ったスムージーなども販売していますが、桝井ドーフィンの旬は8月~8月下旬まで、ビオレソリエスの旬は9月下旬~11月中旬まです。

営業時間や定休日などの店舗情報


カフェそらいろのたね の営業時間や定休日についてです。

ランチは土日のみで「11時30分~14時」までとなっています。限定5食とのことなので「予約」が必要そうです。

定休日は「火曜日~金曜日」で、月曜日は「13時~18時」までカフェ営業されています。

石川県宝達志水町宝達ロ113
営業時間:11時30分~16時30分(土日のみ、ランチは14時まで)、13時~18時(月曜、カフェ)
定休日:火曜日~金曜日
予約TEL:0767-35-0304
公式サイト:https://soraironotane.shopinfo.jp/

アクセス方法

最寄り的はJR七尾線「宝達駅」で、金沢駅からは「IRいしかわ鉄道(JR七尾線)」で直通11駅です。

乗車時間は43分、運賃は650円。

宝達駅から「カフェそらいろのたね」までは約3kmの距離があります。

車の場合は「のと里山海道」の米出インターチェンジで一般道へ「宝達駅」を目指します。

宝達駅からは県道229号を東です。

途中で「宝達葛会館」の案内板があるので、宝達集落に入りますが、カフェへの道は細く軽自動車でなければ少々キツイ場所にあります。

2018年10月6日『人生の楽園』予告


2018年10月6日『人生の楽園』予告は以下の通りです。

かつて金山として栄えた能登半島最高峰・宝達山のふもとの集落に移住し、カフェを開いた青江左知子さん(57歳)。特産の葛粉や地元産の野菜、果物などで作るメニューとは!?
かつて金山として栄えた、能登半島最高峰・宝達山のふもとの宝達集落に移住し、自宅でカフェを始めた青江左知子さん(57歳)と、それを庭の菜園で支える夫の静男さん(60歳)の物語。静男さんが手作りしたテーブルが並ぶ店内では、左知子さん手作りの酵素玄米を使ったランチや、地元産野菜や果物のスムージー、特産の葛粉スイーツなどが味わえる。さらに左知子さんは集落の野良猫たちを去勢して保護し、今では猫目当ての来店客も。

評判(口コミ)

View this post on Instagram

トトロの近くのカフェ 道が細くて、辿り着くの大変だった・笑 ケーキが美味しかった💖ショコラなんて もう密度が高くて濃ゆい (°∀°)ウンマ ミントと無花果は自家製っぽかったな ケーキのお供は玄米珈琲 初めてだけど、濃くて苦味のある玄米茶 って感じでまぁ飲みやすいかな 家ネコ4匹のほかに10匹ほどの地域ネコの 面倒をみられてるらしい (ФωФ)ニャン ネコの耳が欠けてたんで気になってたら 避妊手術した証なんだって、他のお客が 話してて、なるほどな~って 後ろから見るとハートに見えるんだって #石川県 #宝達志水町 #里山カフェ #そらいろのたね #里山カフェそらいろのたね #ケーキが美味しい #玄米珈琲 #地域ネコ #耳が欠けてるのは避妊手術した証

@ asa.asa.1209がシェアした投稿 –

View this post on Instagram

宝達志水町にある猫がいるカフェ 里山カフェ そらいろのたね 天気が良い日は外に猫がたくさんいます。 古民家の雰囲気も良いし、店主さんもすごく良い方でした。 自然のんびりでリラックスできました😊 水のグラスも綺麗でした。 ハワイのコナコーヒー大好きだから、迷ったけど、せっかくなので二三味珈琲を。 #石川県 #田舎 #田舎暮らし #羽咋郡 #宝達志水町 #自給自足 #物々交換 #畑 #自家栽培 #canon #キャノン #eoskissx8i #eoskiss #デジタル一眼レフ #一眼レフカメラ #写真好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #カメラ女子 #写真部 #カフェ巡り #カフェ部 #カフェご飯 #野良猫 #猫がいる喫茶店 #猫がいるカフェ #二三味珈琲 #猫

めぐたす。さん(@amosmegu)がシェアした投稿 –


人生の楽園

「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。