ガーデンCafe柞の木(いすのき)@長崎県松浦市『人生の楽園』で紹介

長崎県松浦市「ガーデンCafe柞の木」さんが2018年1月27日放送『人生の楽園』で紹介されるとのことです。地方の山間部にあるカフェですが、地元の食材を使って名古屋のコーヒー・モーニング文化を長崎に持ち込んだ事例でテレビなどでも紹介しやすいお店のようです。食器やお店づくりもセンスが良く、すぐ隣りの「守山農園」から新鮮卵を毎朝仕入れるなどの工夫もされています。

田舎で飲食店を経営するのは大変ですが、いろいろと工夫してメディアに取り上げてもらえるようにするのは大事なことなので参考になりそうなお店です。

長崎県松浦市のガーデンCafe柞の木が『人生の楽園』で紹介


柞の木(いすのき)がある長崎県松浦市のカフェが『人生の楽園』で紹介

柞の木(いすのき)がある長崎県松浦市のカフェが『人生の楽園』で紹介

2018年1月27日放送『人生の楽園』で「ガーデンCafe柞の木(いすのき)」さんが紹介されます。

人生の楽園』は放送開始から毎週見ている番組で、UターンやIターンで地方に移住された方や、地元で退職した後に第二の人生を始めた方が紹介されるのですが、オーナーの松永良二さんご夫婦も名古屋からUターン移住をしてカフェをオープンさせたということでした。

やはり、今回紹介される「ガーデンCafe柞の木」さんも、地方独特の問題「過疎化」によって元気がなくなっていく地元を盛り上げたいという気持ちからお店を開業したということで、京都の山間部や観光地以外も盛り上げていくためにサイトオープンした「お墨付き!」とも志が同じです。

では、そんな「ガーデンCafe柞の木」さんはどこにあるどんなお店なのでしょうか。

ガーデンCafe柞の木

ガーデンCafe柞の木は、長崎県松浦市の「庄野免(しょうのめん)」の丘の上に建っている、2017年4月17日に新店オープンしたばかりで「薪ストーブと煙突のあるカフェ」です。

名前の由来は「柞の木(いすのき)」が敷地にあったから。

柞の木(いすのき)は、比較的温暖な地域の海岸近くで見ることができる木のことです。

メニューは「鉄板お好み焼きやナポリタン」といった軽食に、スイーツは「シフォンケーキぜんざいかき氷」などにコーヒーがあるお店でした。

メニューは一般的ですが、こだわりの食器などを使ったりして見た目にも考慮されているようです。

また、スグ隣りにある農園「守山農園」さんで毎朝採れる卵を使った地元の食材を使った料理があるとのことで、こういうのもお客さんが来るキッカケになると思われました。

・コーヒーカップなども洒落たものを取り揃えている
・コーヒーは名古屋の富士コーヒー
・名古屋名物のモーニングがある(ドリンクに+100円)
・隣の農園の新鮮卵を使っている

モーニングはドリンクの値段に100円プラスで「トーストゆで卵サラダ」が付くという名古屋名物のモーニングと同じ価格帯です。

これまで何度も書いていることですが、地方の田舎で地域を盛り上げるための飲食店を経営するなら「産直の食材」を使って、コストを下げながらお手軽な値段で洒落たお店を作っていくべきだと思います。

わざわざ遠い所までお客様に来ていただくのだから、苦労の結果が報われなければ誰も来てくれないからです。

ガーデンCafe柞の木さんは、そういう点では地元の食材で気軽な価格帯のカフェなので繁盛しそうなお店です。

ガーデンCafe柞の木のコーヒー

コーヒーは名古屋の富士コーヒーやスペシャリティコーヒーを使っているようです。

富士コーヒー(Fuji Coffee)といえば名古屋では定番のコーヒー会社で、多くのカフェを直営店にもつ有名ブランドです。

地元のものではありませんが、他の地域で定評のあるコーヒーや文化をその土地に持ち込むというのもアリだなと思う事例です。

京都だったら「出町輸入食品」のブルーマウンテンなんかが該当しそうですね。

スペシャリティーコーヒー 500円
ブレンド 400円
アメリカン 400円
カフェオレ 400円
ウインナーコーヒー 500円
抹茶ラテ 500円
紅茶 400円

ガーデンCafe柞の木 への行き方(アクセス方法)

良いお天気になりましたね~(*´ω`*) こんなお天気の日はお店番をしながらも、何だかわくわくそわそわしてしまいます😌💓 今日は更にわくわくするようなご紹介を❤ 松浦市志佐町に ガーデンカフェがopenします♪ 「ガーデンCafe 柞(いす)の木」さん プレオープンに早々とお邪魔してきましたが、少し高台にあって見張らしも良く、可愛いおしゃれなカフェでしたよ~😍 明日までプレオープンをされてますよ✨ ※ドリンクのみ 4月17日グランドオープンからはモーニングや軽食を開始されます♪ 楽しみー❤❤❤ komorebiからも近いので、お越しの際は是非行かれてみてください(*^^*) 松浦市に新しいお店が出来ると嬉しくなってしまいます~(*^^*) #松浦市雑貨屋#雑貨屋komorebi#komorebi#松浦市カフェ#ガーデンカフェ#松浦市#柞の木#いすのき

komorebiさん(@komorebi.zakka)がシェアした投稿 –

ガーデンCafe柞の木(いすのき)への行き方(アクセス方法)ですが、松浦鉄道「松浦駅」から西肥バスで「佐世保駅前行き、吉井行き」(時刻表)に乗車して「庄野バス停(時刻表)」下車となっていました。

バス停からは徒歩5分ほどで「松浦駅」からも車なら5分ほどの立地ということです。

バスは1時間に1本のローカル線なので、基本は自家用車で行くことになりそうでした。

アクセスはやはり不便ですが、駐車場があれば遠くてもお客さんは来てくれます。こちらでも12台分の駐車場があるということで、立ち寄りやすいお店ですね。

長崎県松浦市志佐町庄野免1067
営業時間:9時~20時
定休日:火曜日、水曜日
URL:http://cafe-isunoki.nagasaki.jp/

ガーデンCafe柞の木 SNSの口コミや感想

人生の楽園 2018年1月27日 予告


人生の楽園 2018年1月27日 予告は以下の通りです。

故郷の長崎県にUターンし、眺めのいい丘の上でカフェを始めた60歳の男性と59歳の妻を紹介。長崎名物の“食べるミルクセーキ”などが人気。
長崎県松浦市で生まれ育ち、名古屋で3人の子供を育てながら電気設備工事の仕事を続けた主人公。毎年家族で帰省するたび、寂しくなっていく故郷を見て、「みんなが集まれる場所を作って町を元気にしたい」と考えた。そして60歳を前に妻とUターン。海を望む丘の上にカフェをオープンした。幼馴染の農園から食材の卵を調達したり、土木関係の仕事をしている同級生に駐車場の整備を頼んだり。故郷ならではの時間を楽しんでいる。


人生の楽園

「人生の楽園」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。