中華料理 黄龍(茨城県水戸市)ラーメン注文で小ラーメン無料【オモウマい店】で紹介

中京テレビ『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』で、茨城県水戸市の中華料理店「黄龍」が紹介されます。ラーメン(550円)や定食を注文すると小ラーメンが無料で付き、さらに小鉢が3皿も付いてきます。定食は650円~700円と安価でボリュームもある人気店です。

茨城県水戸市の小ラーメンと小皿3皿が無料の中華料理店【オモウマい店】で紹介

茨城県水戸市の小ラーメンと小皿3皿が無料の中華料理店【オモウマい店】で紹介

中京テレビ『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』は、オモてなしすぎてオモしろいウマい店を紹介する番組。

そのオモウマい店で茨城県水戸市にある「ラーメン(550円)や定食を注文すると小ラーメン&小皿3皿が無料で付く中華料理店」が紹介されます(放送日は2021年8月17日19時~)。

値段はラーメン550円、定食は550円~850円程度、なにか注文すると小ラーメン&小皿3皿が付くので、定食を注文してしまうとすごい量になって食べきれないお店です。

では、そのなにか注文すると小ラーメン&小皿3皿が付く店はどこにある何という店名のお店なのでしょうか。

この記事では茨城県水戸市にある『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』で紹介される「ラーメン注文で小ラーメン無料」のお店を紹介します。

最新情報:こちらの店舗は2021年10月時点で予約制になっているそうです。予約していない場合、食べられない可能性があります。

茨城県水戸市・ラーメン注文で小ラーメン無料の店は「中華料理 黄龍」

茨城県水戸市にあるラーメン注文で小ラーメン無料の店とは・・・・

中華料理 黄龍

という食堂です。

単品でも定食(セット)でも何か注文すると、なぜか無料の小ラーメンと小鉢3皿が付いてくる町中華

それでいて値段も安くラーメン550円定食は550円~850円でボリュームもあるお店です。

そんなデカ盛り店「中華料理 黄龍(茨城県水戸市)」が『オモウマい店』に登場です。

中華料理 黄龍(茨城県水戸市)】小ラーメン付きラーメン550円!刺し身・卵サンド(他)大量小鉢付き
味の食卓(茨城県土浦市)】全定食メニュー500円か600円食堂
食楽たざわこ(神奈川横浜市)】安くしすぎてウーバーイーツ店主!放送後お客さんが応援!まさかの大感動!

メニュー


このお店のメニューは?

このお店のメニューは?

メニュー リスト(クリックでオープン&クローズ)
【定食・セット】メニュー
豚バラスタミナ焼肉定食 850円
豚ロースとんかつ定食 1000円
豚肉ニラ野菜炒め定食 800円
豚肉キャベツ味噌炒め定食 800円
豚肉野菜味噌炒め定食 800円
豚肉モヤシ炒め定食 650円
レバーカラアゲ定食 650円
マーボー豆腐定食 700円
特製味噌だれ豚ロースとんかつ定食 1200円
チキンカツ定食 800円
特製味噌だれチキンカツ定食 1000円
コロッケ定食 550円
ハムフライ定食 550円
とりからあげ&レバカラ定食 750円
【単品】メニュー
ラーメン 550円
五目チャーハン 800円
マーボー豆腐丼 700円
五目中華丼 800円
とりからあげ 800円
価格は税別、消費税率は8%のままです。
※メニューと値段は記事掲載時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)。

メニュー一覧や値段など「メニュー情報」です。

メニューは「定食(セット)・単品」という構成。サービス定食もあり、通常価格より安く食べられる場合もあります。

値段単品550円~800円程度、定食(セット)は550円~1200円(ほとんど1000円以内)。

お薦めメニュー単品と言われていて、セットで注文すると「小ラーメン&小皿3皿」と合わせると食べきれない場合があるそうです。

営業時間・定休日


このお店の営業時間と定休日は?

このお店の営業時間と定休日は?

営業時間や定休日など「店舗情報」です。

営業時間は「11時~14時、17時~20時30分」です。2021年8月6日~31日までは時短営業で夜の営業はお休みとなっています。

定休日は「月曜日」となっていました。

注意点として「しばらくはお子様連れの方は入れません」とのことです。

アクセス(場所)

中華料理 黄龍への行き方についてです。

場所は茨城県水戸市、水戸南ICから2kmほどの住宅街の中にあります。

住所でいえば「〒310-0836 茨城県水戸市元吉田町1490−19」で、大きな地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場は店頭に2台分ほど、店舗裏に4台分ほどあります。

店舗情報(クリックでオープン&クローズ)
店舗情報
店舗名 中華料理 黄龍
ジャンル 中華料理
食事予算 550円~1200円
営業時間 11時~14時、17時~20時30分
定休日 月曜日
駐車場・駐輪場 店頭に2台分ほど、店舗裏に4台分ほど(店頭に駐輪可)
住所 〒310-0836 茨城県水戸市元吉田町1490−19
地図 こちらをクリック(Google Maps)
マップコード 47 011 418*27
最寄り駅 JR水戸駅からタクシーで10分(約4.2km・ルート
最寄りバス停 一里塚下西バス停から徒歩2分(約160m・ルートバス停情報
テイクアウト 不明
出前 不明
電子決済 なし(現金のみ)
公式SNS なし
公式サイト なし
電話番号 タップで電話発信(営業時間内におかけください)
※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。
※「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。

評判(口コミ)

オモウマい店 2021年8月17日 予告

中華料理 黄龍(茨城県水戸市)】小ラーメン付きラーメン550円!刺し身・卵サンド(他)大量小鉢付き
味の食卓(茨城県土浦市)】全定食メニュー500円か600円食堂
食楽たざわこ(神奈川横浜市)】安くしすぎてウーバーイーツ店主!放送後お客さんが応援!まさかの大感動!


「オモウマい店(全日本びっくり仰店グランプリ)」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



オモウマい店

2021年4月13日から放送が始まった中京テレビ『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』で紹介されたお店の一覧)都道府県別登場回数順)まとめ。オモウマい店で登場した回数が多い都道府県は「茨城県・埼玉県・千葉県・神奈川県」で、オモウマい店がどこにあるのか分かります。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。