【オモウマい店】ラーメン永新(千葉県南房総市)麺注文で炒飯食べ放題

千葉県南房総市、麺類注文で炒飯食べ放題の店「ラーメン永新」さんが2021年6月29日放送の『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』で紹介されます。サービス心旺盛な中華料理店でラーメンの値段は500円ですが、なぜか時間無制限のチャーハン食べ放題が付くサービスのラーメン店です。

ラーメン永新(千葉県南房総市)麺注文で炒飯食べ放題【オモウマい店 6月29日】で紹介


ラーメン永新(千葉県南房総市)麺注文で炒飯食べ放題【オモウマい店 6月29日】で紹介

ラーメン永新(千葉県南房総市)麺注文で炒飯食べ放題【オモウマい店 6月29日】で紹介

2021年6月29日放送の『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』は千葉県南房総市にあるオモてなしすぎてオモしろいウマい店を紹介する放送回。

予告では「麺類注文で炒飯食べ放題」を提供するお店が紹介されると告知されおり、醤油ラーメンとチャーハンが1人前ずつが映っていました。

その麺類注文で炒飯食べ放題があるお店というのが・・・・

ラーメン永新(千葉県南房総市)さんです。

場所は千葉県南房総市千倉町でJR内房線「千倉駅」を降りて西に徒歩3分のところ。

メニューは「ラーメン」や「チャーハン」などの中華料理がメイン、一品料理や丼ものもあります。

元は東中野にあった「中国料理 永新」で(他にも新井薬師と西日暮里含めて3店舗で営業していた)、そこで35年間営業を続けて2019年11月16日に移転してきました。

ラーメン永新(インスタグラム)

ラーメン永新(インスタグラム)

千葉では有名なオモウマい店

メニューのなんらかしらを注文するとチャーハン食べ放題が付くことで知られており、その食べ放題も時間無制限です。

ラーメンは3種類「醤油・塩・味噌」があり、値段はどれも500円。

それを注文すれば時間無制限でチャーハン食べ放題になります。

ちなみに、チャーハン2杯食べるとお店は赤字だそうです。

※写真はInstagramより

番組で紹介されるのが「正油ラーメン(500円)」ですが、自動的にチャーハンもセットで付いてきます。

鶏ガラと豚バラをベースにしたスープで懐かしい昔ながらの中華そば。

値段は安いですがトッピングは「煮卵・チャーシュー・メンマ・ネギ・わかめ・もやし」と満足のいく内容です。

この値段でチャーハン食べ放題を付けて大丈夫なのかという質問に店主・水沼さんは「あんまり深く考えない方がいいよ」と返すサービス心旺盛な中華料理店です。

そんなチャーハン食べ放題のお店、中華料理店「ラーメン永新(千葉県南房総市)」が『オモウマい店』に登場です。

なお、2021年6月29日放送の『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』は2時間放送の特番です!

他にも魅力的なお店がたくさん紹介されますよ。

中国料理 大味(タイミー・埼玉県蕨市)】7倍サイズ巨大シューマイ
中華・定食 れんこん(埼玉県戸田市)】厚さ4cmハムかつ定食820円
すし居酒屋 大照(愛知県竹豊町)】ネギトロ25貫分軍艦400円
ラーメン永新(千葉県南房総市)】麺類注文でチャーハン食べ放題の中国料理店
大衆酒場さん屋(青森県八戸市)】日替わりランチ300円
吉田食堂(福井県越前市)】ロングソフトクリーム130円
福ひろ(神奈川県平塚市)】ドリンク注文でラーメン100円

メニュー


ラーメン永新のメニューは?

ラーメン永新のメニューは?

では「ラーメン永新」のメニューについてです。

ラーメン店ですが、元は中華料理店をしていたので一品メニューも豊富で、+100円で定食にできます。

ラーメンの値段は500円~900円。

麺類にはつけ麺などもあり、そのレパートリーは15種類以上!

ワンコインでお客さんが満腹になって帰っていくお店です。

ジャンボつけ麺(4玉・900円)
ラーメン(500円)
ワンタンスープ(500円)
ワンタンメン(700円)
キムチラーメン(600円)
チャーシュー麺(750円)
野菜たっぷりタンメン(750円)
野菜たっぷり野菜炒めラーメン(750円)
野菜ラーメン(800円)
担々麺(750円)
麻婆麺(800円)

※メニューと値段は記事掲載時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)。最新情報は公式情報でご確認ください。

アクセス(場所)

麺類注文で炒飯食べ放題のお店「ラーメン永新」さんはどこにあるお店なのでしょうか。

場所は千葉県南房総市、最寄り駅は「千倉駅」で駅から徒歩4分(約350m)の駅に近いお店です。

住所でいえば「〒295-0005 千葉県南房総市千倉町牧田124−2」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場は店の向かい側に5台分あります(実質3台分くらい)。

営業時間・定休日


ラーメン永新の営業時間と定休日は?

ラーメン永新の営業時間と定休日は?

最後に「ラーメン永新」の営業時間や定休日などの「店舗情報」についてです。

営業時間は「11時~14時30分、18時~22時」の二部制ですが夜19時30分の時点でお客がいない場合閉店。ただし、時短営業の場合もあるのでランチタイムの訪問が望ましいと思います。

※現在、コロナの影響で夜営業やっていません。

定休日は「不定休」となっていました。

支払いは「paypay」も使えます。

番組で紹介されると放送後しばらくは混雑すると思われます。これまでも放送後に臨時休業になった事例もありますので公式情報を元にお問い合わせの上で訪問するのが安心です。

店舗名「ラーメン永新」
住所「〒295-0005 千葉県南房総市千倉町牧田124−2(地図)」
営業時間「11時~14時30分、18時~22時(夜19時30分の時点でお客がいない場合閉店)」時短営業にご注意ください
定休日「不定休」
公式SNSInstagram

※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。最新情報は公式ページでご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。

評判・口コミ

オモウマい店 2021年6月29日 予告


オモウマい店 2021年6月29日 予告は以下の通りです。

中国料理 大味(タイミー・埼玉県蕨市)】7倍サイズ巨大シューマイ
中華・定食 れんこん(埼玉県戸田市)】厚さ4cmハムかつ定食820円
すし居酒屋 大照(愛知県竹豊町)】ネギトロ25貫分軍艦400円
ラーメン永新(千葉県南房総市)】麺類注文でチャーハン食べ放題の中国料理店
大衆酒場さん屋(青森県八戸市)】日替わりランチ300円
吉田食堂(福井県越前市)】ロングソフトクリーム130円
福ひろ(神奈川県平塚市)】ドリンク注文でラーメン100円


オモウマい店

「オモウマい店(全日本びっくり仰店グランプリ)」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



オモウマい店

2021年4月13日から放送が始まった中京テレビ『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』で紹介されたお店の一覧)都道府県別登場回数順)まとめ。オモウマい店で登場した回数が多い都道府県は「茨城県・埼玉県・千葉県・神奈川県」で、オモウマい店がどこにあるのか分かります。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。