【超絶技巧】清水三年坂美術館@京都 超絶技巧美術品ばかりのミュージアム

清水三年坂美術館の超絶技巧の芸術作品が、5/10放送『所さんのニッポンの出番!』で紹介されます。これらの超絶技巧の芸術品が見られるのが京都の「清水三年坂美術館」で、清水寺に向かう途中の「三年坂(産寧坂)」にある私設美術館です。ここにKAT-TUN中丸雄一さんが来て、幕末~明治の超絶技巧の美術品をレポートするそうです。

放送が楽しみですね。

所さんのニッポンの出番

5/10放送のTBS『所さんのニッポンの出番!』で、京都の美術品が紹介されます。

人間国宝も驚く超絶技巧! 幻の日本美術を再発見!」ということで、KAT-TUN中丸雄一さんが京都のある博物館に訪問しているのですが、予告ではどこなのか場所は一切書かれていません。

しかし、これは地元民が見れば分かります。

実はこれ京都は清水寺の北にある「清水三年坂美術館」というミュージアムなのです。

ここでは「超絶技巧」でつくられた幕末~明治の美術品を見ることができます。

正阿弥勝義「群鶏図香炉」


予告では、正阿弥勝義「群鶏図香炉」が映っていました。

表面に描かれた鶏は金属を刻んで描かれています。

正阿弥勝義というのは刀剣装飾をしていた方で、その繊細で緻密な超絶技巧がこの美術品で余すところなく使われています。

安藤緑山のタケノコ牙彫「竹の子と梅」


他にも予告で、謎の多い安藤緑山(あんどうりょくざん)のタケノコ牙彫が映っています。

野菜や果物を象牙で彫刻して作品を作っていた方で大正~昭和に活躍した芸術家です。

その彼の代表作が「竹の子と梅」で、それが予告で流れていました。

清水三年坂美術館

これらの超絶技巧の芸術品が見られるのが京都の「清水三年坂美術館」です。

京都・清水寺の近くにある「三年坂(産寧坂)」は観光でも訪れる方が多い場所です。一度は名前を聞いたことくらいはあると思います。

その三年坂を清水寺に向かって歩くと、幕末~明治の超絶技巧の美術品を集めた「清水三年坂美術館」に行くことができます。

こちらは私設美術館で、幕末~明治の美術品が収集されており、ちょうど西洋文化が多く入ってきた時期の日本の伝統技法と西洋の美的センスが融合しだした美しい彫刻品の数々が展示されています。

ただ、時代は西洋文化の流入甚だしい時代で、こういった伝統工芸品に興味を持つ人が日本にいなくなって、こういった芸術品のほとんどが海外に売られてしまったというのです。

そういった美術品を日本でコレクターとして買い戻していた方が、趣味が高まって美術館までつくってしまったというのが「清水三年坂美術館」なのです。

京都の修学旅行では、こういう他とは違う所を回ってレポートするとかすると先生ウケ良くなりそうですよね。

京都府京都市東山区清水3丁目337-1
入館料:800円
開館時間:10時~17時まで(入館は30分前まで)
休館日:月・火(祝は開館)年末年始休み、その他展示品切り替えで年4回程度4日間休館あり
URL:http://www.sannenzaka-museum.co.jp/

他にもたくさん『所さんのニッポンの出番』関連記事がありますよ。

広告


京都 宇治抹茶 濃チーズケーキ 『抹茶まる』1セット6個入(お取り寄せ スイーツ スウィーツ お菓子 洋菓子 抹茶チーズケーキ 贈り物 景品 誕生日 御歳暮 お歳暮 プレゼント 御年賀 御歳暮 挨拶 お返し お礼)

評判(口コミ)


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。