一瞬で乾く 魔法のバスマット 最安値 珪藻土バスマット

12/1放送『所さんのニッポンの出番』で一瞬で乾く魔法のバスマットとして「珪藻土バスマット」(けいそうど)が紹介されます。

12/1放送では、龍泉刃物の「サムライエッジ」も紹介されます。

所さんのニッポンの出番


12/1放送『所さんのニッポンの出番』で、一瞬で乾く魔法のバスマットが紹介されます。

これは「珪藻土」(けいそうど)と呼ばれる秋田産の化石を使ったバスマットで、驚異の吸水力と乾燥力を活かしてバスマットとして製品化されたものです。

「珪藻土」(けいそうど)には無数の微細孔があり、それが水分を吸収すると共に、抜群の乾燥力をもたらしてくれます。

一瞬で乾く 魔法のバスマット


広告


珪藻土 バスマット

一瞬で乾く魔法のバスマットはいくつもの製品が販売されています。

珪藻土バスマット」と呼ばれていますが、個別で商品名もついているものもありました。

(1)UB足快バスマット
(2)ソイル バスマットライト

珪藻土バスマット 最安値


今回紹介されたのは「ソイル バスマットライト」で8000円程度のものですが、類似品で最安値だと送料税込みで「2480円」でありました。

広告


【送料無料/即納】 珪藻土バスマット(Mサイズ)

この値段だったら普通のバスマットの倍くらいのお値段で抑えられますね。

Lサイズでも2980円でした。

珪藻土バスマット 特徴


バスマットやバスタオルは、水分を含んで放置するとばい菌が大繁殖するするため、バスタオルはタマネギ臭くなるわ、バスマットは雑菌の温床となるわで良いことがありません。

しかし、この珪藻土バスマットは一瞬で乾くので、雑菌の繁殖を抑えることが可能です。

水分をみるみる吸水する
速乾性が高いので雑菌が繁殖しない
タオルでないのでカビ・ダニの心配がない
消臭効果がある
洗濯不要

良いことだらけなので、最近はよく売れているということです。

なお、12/1放送では、龍泉刃物の「サムライエッジ」も紹介されます。

サムライエッジとは?有限会社龍泉刃物 サムライエッジ 龍泉刃物

他にもたくさん『所さんのニッポンの出番』関連記事がありますよ。


「バスタオルの洗う頻度は?」と問われて、月に1回という方は、バスタオルから玉ねぎが腐ったような匂いがしませんでしょうか?この臭い、実は雑菌が大繁殖した匂いで、普通の洗濯ではまったく取り除くことができません。今回はそれを完璧に取り除く方法を記事にしています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。