【珍百景】名勝 仁右衛門島の源頼朝伝説(千葉県鴨川市)

5月中旬頃に千葉県鴨川市であばれる君が目撃されており撮影の中身が気になっていたのですが、どうやら7/22放送『ナニコレ珍百景』の撮影ロケだったようです。場所は源頼朝伝説のある「名勝 仁右衛門島」です。

予告では「代々ある一族が住み続ける島」としか書かれていませんが、鴨川市にある「仁右衛門島」という観光地に住む平野一族のことです。

仁右衛門島

仁右衛門島は千葉県鴨川市にある名勝で、古くから平野一族が住んでいる個人所有の島です。

島自体は大きくはなく、港からも数十メートルしか離れていませんが、橋などがなく渡し船で観光することができる有名観光地です。

千葉県鴨川市太海浜445
営業時間:8:30~17時
入島料:1350円(船代+入島料)
URL:http://niemonjima.web.fc2.com/

源頼朝伝説と仁右衛門島

仁右衛門島が知られているのは、源頼朝が1180年8月22日に平家軍の大庭景親との戦い(石橋山の戦い)で敗走した際に、当時の当主である平野右衛門に匿われた伝説が残っているからです。

伝説によれば、源頼朝は1180年8月22日「石橋山の戦い」で敗れ、神奈川県小田原市から船で敗走。

8月23日に「千葉県鴨川市貝渚」に逃げたところを夜襲され、平野仁右衛門が島に匿ったという伝説です。

しかし、この伝承はかなり怪しく、平野家はそもそも江戸時代にこの地に移り住んだという資料もあります。

また、実際の「石橋山の戦い」は1180年8月23日に行われおり、実際に源頼朝が逃れ布陣した「しとどの窟」にいたのが8月24日と『吾妻鏡』に記録されています。

源頼朝が安房国(今の房総半島南端)に逃れたのは8月28日で、真鶴から船で房総半島へ渡っています。

よって、平野家の源頼朝伝説とは日付も違うのですが、そもそもとして源頼朝が仁右衛門島にいたという事実は存在しておらず、伝説という真実でしかありません。

それはともかくとして、源頼朝が一時的に数日ほど千葉県の房総半島南端にある安房国に逃れ、すぐ9月にはこの辺の武家と共にまた挙兵したのは事実です。

まぁ、当時から商売のお上手な一族だったのかもしれませんけど(笑)

その他の『ナニコレ珍百景』関連記事もまだまだたくさんあります。

評判(口コミ)


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。