【廊下が長い校舎】長さ200m!記録更新か?「武蔵村山市立小中一貫校 村山学園」


2014年10月15日、「ナニコレ珍百景」で「長い廊下の中学校」(茨城県鉾田市)が紹介されました。

老朽化のため、今年で取り壊すことになった鉾田市立鉾田北中学校の校舎の廊下が長いとの投稿があった。
昔は校舎を高くするという発想がなく、子供の数が多かったために、廊下がとても長くなったという。
これまでの珍記録は長崎市立桜馬場中学校の170m。
実際に長さを測ってみたところ154mで残念ながら珍記録は更新できませんでした…。

しかし、200メートルはあるんではないかという学校が存在するようです。

廊下の長さが200メートル?

その学校が「武蔵村山市立小中一貫校 村山学園」という学校です。

地図で見ると、校舎の長さは203メートル!

校舎めいっぱいに廊下が並ぶので、記録更新間違いなしか?

「教室配置図」というPDFには校舎横めいっぱいに教室が並んでいるのがわかります。

2014-10-23_224102

武蔵村山市立小中一貫校 村山学園
東京都武蔵村山市緑が丘1460
http://musashimurayama.ed.jp/mmced4s/index.html

武蔵村山市立小中一貫校 村山学園


「武蔵村山市立小中一貫校 村山学園」は東京都武蔵村山市にある小中一貫の学校です。

平成21年開校という新しい学校で、9年生まであるので校舎が長くなっています。教職員も85名はいるというマンモス学校となっています。

※第四小学校と第二中学校という昭和41年に出来た学校を繋げた学校です。接合部分は平成21年3月31日に「中央接続棟」として完成しました。

詳細は2014年10月29日(水)「ナニコレ珍百景2時間SP」で


この「武蔵村山市立小中一貫校 村山学園」が2014年10月29日(水)「ナニコレ珍百景2時間SP」で紹介されます。

飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。