宝当神社(佐賀唐津沖・高島)宝くじが当たると噂の島が『ナニコレ珍百景』で紹介

2021年4月18日放送の『ナニコレ珍百景』で佐賀・唐津沖にある「行くと宝くじが当たると噂の島」が紹介されるそうです。その島というのが「高島」で、高島に「宝当神社」というのがあり、そこが宝くじが当たるというパワースポットになっています。

佐賀・唐津沖「行くと宝くじが当たると噂の島」が『ナニコレ珍百景』で紹介


行くと宝くじが当たると噂の島『ナニコレ珍百景』で紹介

行くと宝くじが当たると噂の島『ナニコレ珍百景』で紹介

2021年4月18日放送の『ナニコレ珍百景』予告を見ていたところ気になる事が書かれていました。

それが・・・・

佐賀・唐津沖「行くと宝くじが当たると噂の島」

という内容。

佐賀県の唐津湾の沖合にあるとある島に行くと、なんと宝くじが当たるというのです。

佐賀・唐津沖にある「高島」が宝くじが当たる島と言われている

佐賀・唐津沖にある「高島」が宝くじが当たる島と言われている

その行くと宝くじが当たると噂の島というのが「高島」です。

佐賀・唐津沖にある島で神社があるのですが、その神社に行くと宝くじが当たるというのです。

宝くじが当たると噂の「宝当神社(佐賀唐津沖・高島)」


佐賀唐津沖・高島にある神社へ行くと宝くじが当たるという噂があります

佐賀唐津沖・高島にある神社へ行くと宝くじが当たるという噂があります

『ナニコレ珍百景』で紹介される宝くじが当たると噂の島に行くと神社があり、そこで祈願すると宝くじが当たると噂されています。

その神社というのが・・・・

宝当神社

です。

宝くじが当たると噂の「宝当神社(佐賀唐津沖・高島)」

宝くじが当たると噂の「宝当神社(佐賀唐津沖・高島)」

宝当神社は宝くじにご利益ある神社といわれていますが、いわゆるパワースポット。

島は別名「宝くじの島」と呼ばれていて、この島に宝くじ売り場があるのでそこで宝くじを皆さん買っていくのだとか。

なぜ「宝くじの島」と呼ばれるのかといえば、1990年代に宝くじを購入した人が「宝当神社」なのだからと宝くじが当たるように祈願したところ高額当選したからだそうです。

それ以来、宝当神社に祈願すると宝くじが当たると評判になって宝くじファンの聖地になっているのだとか。

宝当神社はどこにある?

では、宝当神社はどこにあるのでしょうか。

高島までは唐津城下の桟橋から海上タクシーが出ています(公式サイト)。

運賃は片道500円、出航時間は決まっていませんが何人か人数がそろえば出航するという乗り合いの海上タクシーだそうです。

日曜などは利用客が多いそうなので待ち時間はさほどないそうですがちょっと不便な立地ですね。

ナニコレ珍百景 2021年4月18日 予告


ナニコレ珍百景 2021年4月18日 予告は以下の通りです。

円形の街&12がない謎の時計&入り口がふさがれたままのトンネルSP
★日本全国で驚きの光景を発見
▼佐賀・唐津沖…行くと宝くじが当たると噂の島に
▼熊本…巨大な十字架を背負って街を歩く「地球おじさん」
▼埼玉…12がなく0表記の時計
▼千葉…円形の街&入り口が半分のトンネル
▼千葉・船橋…上空から見ると直径800m円形の街の謎
/富津…入り口が半分以上ふさがれたままの謎のトンネル
▼熊本・菊池…何のため?十字架を背負って街を歩くおじさん
▼東京・練馬…チェーンソーより高速!日本一ノコギリ達人
▼福井・美浜町…不思議!文字が二重に見える信号の案内標識の謎
▼埼玉・越谷…怪しげなガラクタを売る自販機
/さいたま市…12がなく0表記の謎の時計!?
世界へ向けた「0時計」運動とは?


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!