世界一短い橋 @兵庫県姫路市「境橋」が『ナニコレ珍百景』で紹介

兵庫県姫路市にある「境橋」が世界一短い橋として2019年12月1日放送の『ナニコレ珍百景』で紹介されるそうです。兵庫県姫路市の「吉田町」と「龍野町(たつのまち)」の境界にある長さ50cmほどの短い橋なのですが、丈の低い欄干があるので辛うじてそこに橋があるのがわかる程度です。

兵庫県姫路市「境橋」が世界一短い橋として『ナニコレ珍百景』で紹介


兵庫県姫路市「境橋」が世界一短い橋として『ナニコレ珍百景』で紹介

兵庫県姫路市「境橋」が世界一短い橋として『ナニコレ珍百景』で紹介

2019年12月1日放送の『ナニコレ珍百景』で、兵庫県姫路市にある「短すぎる橋」が紹介されると予告されています。

予告には「兵庫・姫路 世界一?短すぎる橋は城下町の名残り」とあり、あまりにも短すぎて「世界一短い橋」ではないかと書かれていました。

公式サイトにも「気付かずに通り過ぎちゃうほど短い!?兵庫の歴史ある橋!」とあり、橋が存在することすらも分からないほど短いそうです。

姫路城のすぐ近くに世界一短い「境橋」がある

姫路城のすぐ近くに世界一短い「境橋」がある

では、この「世界一短い橋」はどこにある何という名前の橋なのでしょうか?

実はこの橋は姫路城からも近いところにあります。

兵庫県姫路市の「吉田町」と「龍野町(たつのまち)」の境界にある・・・・

境橋

という橋なんです。

世界一短い「境橋」はどこにある?

この世界一短いのではと言われる「境橋」は上のストリートビューの場所にあります。

欄干(高欄)のようなものが見えますが、コンクリ製の「壁高欄」まである立派な橋です。

それには「境橋」と彫られており、ここが正式に橋であることも分かります。

ちなみに長さは50cmほどで、個人宅の脇を流れる疎水のようなところに欄干が設置されています。

橋といっても一般道の両脇に欄干があるだけで、気付かずに通り過ぎてしまう見た目です。

京都でも疎水が一般道の下を通り過ぎる場合は欄干のみが設置されていますが(落ちないように)、かつてはそのためのものだったのかもしれません。

場所は兵庫県姫路市の「吉田町」と「龍野町(たつのまち)」の境界で、住所でいえば「兵庫県姫路市龍野町2丁目4」付近です。

兵庫県姫路市龍野町2丁目4(付近)

評判(口コミ)

ナニコレ珍百景 2019年12月1日 予告


ナニコレ珍百景 2019年12月1日 予告は以下の通りです。

★日本全国の離島や田舎で驚きの光景を発見▼相島…古墳&遺跡の多い島で小中学生が大活躍▼兵庫…世界一短い?90cmの橋▼東京…畑付きアパート▼千葉…水の飲み方が変な犬
★福岡沖…歴史的な遺跡の多い島で小中学生が観光ガイド&消防活動で大活躍▼兵庫・姫路…世界一?短すぎる橋は城下町の名残り▼千葉・木更津…泥酔中?あおむけで水を飲む犬▼兵庫・新温泉町…源泉で生キャラメルを作る温泉街▼東京…百貨店に毎日通うおじさん▼東京・立川…畑付きアパート▼愛知・豊田…駅前に謎の卓球台▼三重・川越町…空に手招き?空き地に横たわる巨大招きネコ▼三重・四日市…大量すぎるトイレットペーパー▼名古屋…おしりで高速ハイハイする赤ちゃん▼福井・越前町…墓に手を伸ばす木


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。