蔵囲昆布 平成3年モノ昆布は100万円ビンテージ!奥井海生堂@福井県

平成3年モノの昆布で100万円もするというビンテージ昆布が、10/23放送『林先生が驚く 初耳学』で紹介されます。これはたぶん京都の北にある福井県敦賀市の老舗昆布店「奥井海生堂」さんの熟成昆布蔵囲昆布」のことです。

蔵囲昆布」とは蔵で温度管理された中で長年熟成した昆布でコクと旨味がものすごい昆布のことです。

初耳学で奥井海生堂@福井県の「蔵囲昆布」が紹介か?


福井県敦賀市の奥井海生堂さんの熟成昆布が『初耳学』で紹介か?

福井県敦賀市の奥井海生堂さんの熟成昆布が『初耳学』で紹介か?

10/23放送『林先生が驚く初耳学』は「最強グルメ学」ということで、世界の渡部さんがゲストで料理や食材が紹介されるようです。

その中で「平成3年モノ昆布は100万円ビンテージ」と予告されていました。

昆布の最高級品といえば「利尻昆布」ですが、100万円の昆布というのは存在するのでしょうか?

平成3年(1991年)なので「25年モノ」ということになります。

実は、そんなものを販売している昆布屋さんが福井県敦賀市にあります。

奥井海生堂さんというお店のつくっている「蔵囲昆布」です。

蔵囲昆布 幻のヴィンテージ昆布


幻のヴィンテージ昆布「蔵囲昆布」というのが福井県敦賀市にあります

幻のヴィンテージ昆布「蔵囲昆布」というのが福井県敦賀市にあります

昆布には熟成させた昆布というのがあり「ひね」とか「囲い」と呼ばれています。

蔵囲昆布というのは蔵の中で20度に温度管理された中で熟成させた利尻昆布のことで、福井県敦賀市にある「奥井海生堂」さんの商品のことです。

主に我々の住んでいる京都の料亭に卸されている最高級昆布のことで、香深長切昆布(北海道礼文島産)という利尻昆布を熟成させているためコクと旨味がまったく違うという昆布のことです。

礼文島と利尻島で採れた昆布が「利尻昆布」です

礼文島と利尻島で採れた昆布が「利尻昆布」です

ちなみに「香深」というのは礼文島の「香深浜」(かふかはま)のことで、採れた浜の名前をつけた名前で出荷されています。

すぐ南には利尻島があり、このあたり採れた昆布を「利尻昆布」と言っているので同じ利尻昆布です。

(1)磯臭さが少ない
(2)熟成させ旨みが凝縮される
(3)出汁が黄金色
(4)甘く香ばしい香りがする

奥井海生堂

奥井海生堂というのは福井県敦賀市にある創業140年以上の老舗昆布店です。

東京・日本橋の「コレド室町店」や西武池袋にも支店があります。

普通の昆布は楽天などでも販売されていますが、高級昆布は公式サイトのオンラインストアなどで販売されています。さすがに100万円の昆布は売られていません。

広告


奥井海生堂 日高昆布 (お徳用) 80g

福井県敦賀市神楽町1丁目4-10
営業時間:9時~18時(日祝は17時まで)
定休日:年中無休
URL:http://www.konbu.jp/

自宅でできるヴィンテージ昆布


このヴィンテージ昆布ですが、実は自宅でも簡単に作ることができます。

昆布を110℃のオーブンで1時間加熱すると、熟成昆布になるというのが『ためしてガッテン』で以前紹介されていました。

使う昆布は肉厚の「利尻・羅臼・真昆布」限定で、昆布を3センチほどに切った後に日本酒につけたものをオーブンで1時間110℃で加熱するという方法です。


「林先生が驚く初耳学」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。