謎の県境 @福島県 標高2000mある飯豊山の登山道が『林先生の初耳学』で紹介

福島県にある標高2000mで幅1メートルほどしかない飯豊山の登山道が『林先生の初耳学』で紹介されるそうです。この登山道が「謎の県境」として紹介されるとのことでした。実はこの幅の狭い登山道は福島県なのですが、登山道の両端は山形県新潟県なのです。

謎の県境 @福島県 標高2000mある飯豊山の登山道が『林先生の初耳学』で紹介


飯豊山の山頂、ここへ行くには新潟県と山形県の間にある幅90cmの福島県を通って行く

飯豊山の山頂、ここへ行くには新潟県と山形県の間にある幅90cmの福島県を通って行く

2020年7月19日放送『林先生の初耳学』で、福島県にある「謎の県境」が紹介されると予告されています。

予告では「標高2000m断崖絶壁渡り 謎の県境を超人気モデルが現地調査」とあり、エベレストを登るより難しいと言われる標高2000mの山頂に山形県と新潟県の間に割って入る形で細長く続く謎の県境が紹介される予定です。

この「謎の県境」というのは、本来は新潟県と山形県の県境に当たる部分になぜか福島県が入り込んでいるという・・・・

飯豊山の山頂へと向かう山岳ルートのことです。

これネット地図で見ると分かりやすいです。

福島県の「三国避難小屋」から、尾根伝いのルートがあります。

途中には山小屋「切合小屋」や「飯豊山神社」があり、尾根伝いに飯豊山の山頂へと向かうルートとなっています。

福島県はさらに奥の「御西岳避難小屋」まで続いているのですが、この山形県と新潟県の間に割って入る形で細長く続く謎の福島県は・・・・

登山コース(約7km、幅1メートルほど)

です。

でも、なんでこんな細長い土地が福島県になっているのでしょうか?

それは登山道の管理を福島県がしているということに他なりませんが、明治時代の廃藩置県の時に飯豊山が新潟県に編入された際、飯豊山神社の信仰者が「神社は福島県のもの」と反対運動をしたために、神社までの参道が福島県になったというのが理由です。

他にもある妙な境界線


由良半島(船越地区)、細長い半島を半分ずつ「愛媛県南宇和郡愛南町」と「愛媛県宇和島市」で管理

由良半島(船越地区)、細長い半島を半分ずつ「愛媛県南宇和郡愛南町」と「愛媛県宇和島市」で管理

こういった何か妙な境界線というのは他にもあって「愛媛県南宇和郡愛南町」と「愛媛県宇和島市」の境界線にそれが見られます。

由良半島(ゆらはんとう)と呼ばれる半島で、豊後水道へと突き出た13kmほどの細長い半島です。

これ愛媛県南宇和郡愛南町が南側を管理、愛媛県宇和島市が北側を管理しています。

漁業が盛んな地域であったため「漁業権」を半島の上下で分けた結果だと思われます。

林先生の初耳学 2020年7月19日 予告


林先生の初耳学 2020年7月19日 予告は以下の通りです。

梅沢富美男も仰天!地元福島の『エベレストを登るより難しい』県境を人気モデルロイ君が命がけで調査!▼「歌がうまい大学生で数珠つなぎ」日本一の歌うまにたどり着く!?
TikTokなどで大人気の新人モデル・ロイが、福島県に存在するという謎の県境を大調査!福島県には、標高2000mの山頂に山形県と新潟県の間に割って入る形で細長く続く謎の県境が存在しているというが、一体なぜなのか!?過去の放送で千葉県の県境をぐるっと一周する検証を行ったロイが、今回も命がけの長時間ロケを慣行!摩訶不思議な県境が生まれた理由を探る!!


「林先生が驚く初耳学」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。