マツコの知らない世界で紹介されそうなパフェの店

2019年10月22日放送『マツコの知らない世界』で紹介されそうなパフェの4店(浅草よろず茶屋444、ハチドリ、ラトリエモトゾー、BORTON)のまとめです。最後まで飽きずに食べられる見た目と味の両立をしたパフェが多数紹介されるようでした。

マツコの知らない世界で紹介されそうなパフェの店


マツコの知らない世界で紹介されそうなパフェの店はどこ?

マツコの知らない世界で紹介されそうなパフェの店はどこ?

2019年10月22日放送の『マツコの知らない世界』で、パフェの特集が放送されます。

タイトルは「パフェの世界」で、ゲストは小泉亮祐さんという方です。

予告映像を見るかぎりでは、紹介されそうなパフェは以下の4店舗のようです。

浅草よろず茶屋444
dessert cafe hachidori(ハチドリ)
ラトリエモトゾー
BORTON

浅草よろず茶屋444

かき氷パフェ発祥の店「浅草よろず茶屋444」さん。

予約は2週間待ちという人気店で、メロンを1.5個使った「めろんみるく3段」が紹介されるようです。

値段は3300円~5500円。

静岡県産最高級クラウンメロンを贅沢に使った高級バージョン(5500円)もあります。

この投稿をInstagramで見る

. . 東京・浅草 【#よろず茶屋444 】 @yorozu444 . . 2週間先まで予約いっぱいのかき氷パフェのお店🍧 とにかくフルーツがてんこ盛り! . . ☑︎めろんみるく3段🍈 . . メロン1.5個分使用した メロン好きにはたまらない贅沢めろんみるく氷˚✧ . . 赤肉メロンも青肉メロンも果汁たっぷりで とろけるほど甘くて美味しかったです(๑´ڡ`๑) . . 芸術的な盛り付け方が、本当に美しい…˚✧ ほとんどフルーツだからペロリでした。 . . . . #浅草よろず茶屋 #よろず茶屋 #浅草よろず茶屋444 #浅草かき氷 #浅草グルメ #浅草カフェ #浅草食べ歩き #浅草巡り #東京カフェ #東京カフェ巡り #東京グルメ #インスタグルメアワード2019 
#カフェ好きな人と繋がりたい #フォトジェニックフード #フォトジェニックスイーツ #retrip_tokyo #retrip_東京 #asakusacafe #tokyocafe #cafemiru
#retrip_cafe #retrip_gourmet #uwasalabo #genic_cafe #tokyostyle #trevary
#aumoグルメ#まっきーの東京旅行

まっきーさん(@maki_1129__)がシェアした投稿 –

東京都台東区浅草4丁目4−4(地図
公式サイト:https://r.goope.jp/asakusayorozu

dessert cafe hachidori(ハチドリ)

こちらも土日祝は満席となる人気店「dessert cafe hachidori(ハチドリ)」さん。

マツコの知らない世界で紹介されることで予約で一杯になると予測されます。

旬のフルーツを使ったパフェのお店で、値段はものによりますが1500円前後(税込み)となっていました。

パフェには飴細工があしらっており見た目も華やかなパフェとなっています。

神奈川県逗子市逗子5丁目5−10(地図
公式サイト:http://dessertcafehachidori.favy.jp/

ラトリエモトゾー

池尻大橋駅近くにある洋菓子店「ラトリエモトゾー」さん。

パフェやドリンクも提供されており、イタリア風パフェ「コッパ アッラ ブルチャータ」が紹介されるようです。

これは「レームブリュレ、ミルフィーユ、イタリアンジェラート」を一度に楽しめるパフェになっていて、こちらの「ラトリエモトゾー」さん名物のパフェだそうです。

東京都目黒区東山3丁目1−4(地図
公式サイト:http://motozo.tokyo/

BORTON

国立市の一橋大学がある閑静な住宅街のアパート一階で営業している「BORTON」さん。

名物はパフェやタルトで行列ができるお店です。

店頭記名の予約制(整理券制)、イートインが3席程度なので中で食べるのは至難の業です。

季節でパフェも変わるのですが、予告で「チェリーのグラスデザート」が映っていました(6月のパフェ)。

この投稿をInstagramで見る

* * 【6月のグラスデザート】 * 🍒チェリーとベリーづくしの見た目にも鮮やかな美しさ。宝石箱のような輝きに思わずうっとり。 * 🍒アメリカンチェリーとグリオットチェリーのシャーベットを口に入れた瞬間に広がる華やかな味わい。フレッシュでジューシーなアメリカンチェリーと、芳醇で大人な香りのグリオットチェリーが贅沢に飾られている。 * 🍒その下に薫るアールグレイのアイスと濃厚なアールグレイとピスタチオのムースで味わいが変化し、カシスクリームやラズベリークランブルでさらに風味や食感のアクセント。底にはライムとキルシュのジュレで口当たりもさっぱり。 * 🍒一番上にはアーモンドのクリスティアンとサブレが飾られ、ピスタチオとハーブの緑が初夏の陽気を感じさせる。 * #borton菓子屋 #スイーツ #スイーツ部 #スイーツ巡り #スイーツ好き #スイーツ男子 #インスタ映え #フォトジェニック #おしゃれなお店 #おしゃれカフェ #パフェ #パフェ部 #パフェ活 #グルメ #カフェ巡り #アシェットデセール #東京カメラ部 #カメラ好き #写真好きな人と繋がりたい #おやつ #さくらんぼ #チェリー #ブルーベリー #ピスタチオ #アーモンド #シャーベット #デザート #自家製 #お菓子作り #想い出の一皿

小泉亮祐さん(@ryosuke_3999)がシェアした投稿 –

東京都国立市西2丁目9−74(地図
公式サイト:https://kashiyaborton.blogspot.com/

マツコの知らない世界 2019年10月22日 予告


マツコの知らない世界 2019年10月22日 予告は以下のとおりです。

最新パフェはフルーツが美味しい!ブドウ・イチゴ・メロン…無限大の食感&激変する味にマツコ感激!果物屋さんの最強パフェ▼最高の引きこもりグッズ!キャンピングカー
パフェは甘くて最後まで食べきれない…というイメージは古かった!フルーツの美味しさを最大限にいかした最新パフェにマツコ驚愕「想像していたパフェと全然ちがう!パフェの時代が来ましたよ!」グラスの中でイチゴの味が変化!40人待ちのブドウパフェ!メロン×氷で無限大の食感!マツコ感動しながら完食▼まるで家!キャンピングカーでマツコが引きこもり宣言!さらに謎のアムラーが熱弁する魅力とは!?


マツコの知らない世界

「マツコの知らない世界」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。