コーヒー豆は銘柄よりも「焙煎」で選べ!『マツコの知らない世界』

コーヒーに関する職業で「コーヒー豆焙煎士」というのがあるのですが、焙煎士の世界チャンピオンである後藤直紀さんが2018年2月6日放送『マツコの知らない世界』で紹介されるので、コーヒー好きの方は番組を見てみると良いでしょう。では、なぜ「コーヒー焙煎士」という職業があって、その世界大会まであるのでしょうか。

実はコーヒー豆は焙煎によって味が決まるからです。

コーヒー豆焙煎士・後藤直紀さん『マツコの知らない世界』に登場


コーヒーをおいしくするのに必要な技術はなに?

コーヒーをおいしくするのに必要な技術はなに?

2018年2月6日放送『マツコの知らない世界』で、コーヒー豆焙煎士・後藤直紀さんという焙煎士の世界チャンピオンが紹介されます。

その中で、ひとつ気になる情報が放送されるようです。

それは「コーヒー豆は銘柄よりも※※で選べ」というもので、コーヒー豆を選ぶなら何を見るべきかという問いになります。

・コーヒー豆は銘柄よりも※※で選べ!
・家でも※※すると、数段美味しくなる!

予告では2つの気になる話が書かれていますが、答えは書かれていません。

いったい何を見てコーヒー豆を選べば良いのか?

いったい何を見てコーヒー豆を選べば良いのか?

コーヒーを選ぶ基準で思いつくのは「銘柄産地焙煎」の3つの要素ですが、いったい何を見てコーヒー豆を選べば良いのでしょうか?

答えは明白です。

この問いですが・・・・

コーヒー豆は銘柄よりも・・・・

「焙煎」で選ぶべきものなのです。

コーヒー豆は銘柄よりも「焙煎」で選べ


コーヒー豆は銘柄ではなく「焙煎」で選ぶべき

コーヒー豆は銘柄ではなく「焙煎」で選ぶべき

コーヒー豆を選ぶ場合、私たちが普段目にする情報は「銘柄」でしょう。

例えば、コンビニでコーヒー豆を買う場合に、ラベルに書かれているのは「銘柄」であって、裏面には「産地」が大まかに書かれているくらいです。

コーヒー専門商社のブランドであれば「焙煎(浅煎り、中煎り、中深煎り、深煎り)」なども書かれています。

この中で一番大事なのが「焙煎」という情報なのです。

・浅煎り
・中煎り
・中深煎り
・深煎り

コーヒー豆は銘柄によって「焙煎の仕方」も変わってきます。

たとえば「モカ」であれば「浅煎り、中煎り」のお店が多いということで、コーヒーの味を引き出す焙煎方法というものがあるのです。

コーヒーを焙煎で選ぶのは難しいけど簡単な方法があります

コーヒーを焙煎で選ぶのは難しいけど簡単な方法があります

しかし、こればっかりは実際に飲んでみないと、一般人には分かりませんよね。

では、どうすれば良いのでしょうか?

答えは簡単です。

優秀な焙煎士のいるお店でコーヒーを飲み比べてみるのが一番の方法です。

京都で焙煎技術の優れたカフェはどこにある?


自分好みのカフェを飲み歩いて探すのは大事ですが大変な作業です

自分好みのカフェを飲み歩いて探すのは大事ですが大変な作業です

コーヒー豆を選ぶ場合、大事なのは「焙煎の技術」です。

コーヒーというのは豆ごとに味わいも違って、それが焙煎技術によって美味しくなるのかそうでないのかも変わってきます。

味の好みもありますが「おいしいコーヒー」というのは何なのかという基準も知らないと判断しづらいものがあります。

もし、美味しいコーヒーを知りたいということであれば、実際にカフェへ通うのが一番です。

京都にある最高峰の焙煎技術のお店のひとつ「カフェ デ コラソン」

京都にある最高峰の焙煎技術のお店のひとつ「カフェ デ コラソン」

とはいえ、カフェは京都でもかなり数多くあって、どこに行けば良いのか分かりませんよね。

でも、京都だと3つの店に絞り込めるのです。

京都でも焙煎技術に優れたお店があって、それがコーヒー御三家「カフェヴェルディ自家焙煎珈琲カフェ デ コラソンクアドリフォリオ」というお店です。

京都市内で行くべき焙煎珈琲のお店


カフェ デ コラソンのコーヒー

カフェ デ コラソンのコーヒー

京都市内で行くべき焙煎珈琲のお店は「カフェヴェルディ自家焙煎珈琲カフェ デ コラソンクアドリフォリオ」だと言えます。

いずれも、ひとつの共通点があります。

その共通点とは・・・・

「大和鉄工所」の焙煎機を使っているということなのです。

この焙煎機の中でも、関東の有名店「カフェ・バッハ」と共同開発した焙煎機というのがあるのですが、それを使っているお店は焙煎技術にも優れたお店であると考えても良いでしょう。

・カフェヴェルディ(下鴨、地図
・自家焙煎珈琲カフェ デ コラソン(上京区、地図
・クアドリフォリオ(下京区、地図


今回の「京都案内」は、京都の自家焙煎コーヒーのカフェカフェ デ コラソン」さんへ行って来ましたので実飲レビューしたいと思います。こちらの「カフェ デ コラソン」は、最強の焙煎コーヒーが飲めるカフェで、京都でも最高峰のお店だと思います。というのも、有名なカフェ「バッハ」で店長をされていた方の独立店舗で、そこで磨いた直伝の焙煎技術を京都に持ち込んだのが「カフェ デ コラソン」だからです。


大和鉄工所「カフェ・バッハ」と共同開発した焙煎機


「大和鉄工+カフェバッハ」共同開発の焙煎機

「大和鉄工+カフェバッハ」共同開発の焙煎機

上京区の「自家焙煎珈琲カフェ デ コラソン」さんには、この「カフェ・バッハ(珈琲屋バッハ)」の5kg釜の焙煎機があります。

店内に焙煎機が置かれているので、実際に目の前で見ることができます。

大まかに東西で分けると焙煎コーヒーで知られるお店は、東の「珈琲屋バッハ(東京都台東区)」西の「ウニール(Unir、京都府長岡京市)」に分かれるのですが、「自家焙煎珈琲カフェ デ コラソン」さんは、東の「珈琲屋バッハ」で十数年修行された(店長歴10年)方が経営されています。

東の「珈琲屋バッハ」は東京都台東区にあるお店です。

田口護さんという有名なコーヒーマイスター(珈琲焙煎の先駆け的存在)のお店なので、カフェ経営者なら知らない方はいないでしょう。

西の「ウニール(Unir)」は京都の長岡天神にあるお店です。

つまり、京都はこの東西の「珈琲屋バッハウニール」の両方のコーヒーが飲める場所だと言えますね。

・珈琲屋バッハ(東京都台東区)
・ウニール(Unir、京都府長岡京市)

コーヒー豆は銘柄よりも「焙煎」で選べ!まとめ


京都にはコーヒーの試飲ができるカフェもあります

京都にはコーヒーの試飲ができるカフェもあります

ということで、今回は「コーヒーのお話」でした。

大事なのは、コーヒー豆は銘柄よりも「焙煎」で選ぶということでした。

東西で焙煎で知られるのは東の「珈琲屋バッハ(田口護さん)」と、西の「ウニール(Unir)」です。

バッハは東京のお店で、ウニールは京都のお店です。

バッハで修行された方が、上京区で「自家焙煎珈琲カフェ デ コラソン」というお店を経営されていますので、京都でもバッハのコーヒーを楽しむことができます。

京都市内には「カフェヴェルディ自家焙煎珈琲カフェ デ コラソンクアドリフォリオ」という焙煎技術に優れたお店もありますので、そちらも行かれてみると良いでしょう。

また、金閣寺前には「カフェ バニーマタル」というコーヒーの試飲が出来るお店もあります。

そういったお店に立ち寄って試飲してみるのも良いですね。

・珈琲屋バッハ(東京都台東区、地図
・ウニール(Unir、京都府長岡京市、地図)※長岡天神にもあります
・カフェヴェルディ(下鴨、地図
自家焙煎珈琲カフェ デ コラソン(上京区、地図
・クアドリフォリオ(下京区、地図
カフェ バニーマタル(北区、地図

マツコの知らない世界 2018年2月6日 予告


マツコの知らない世界 2018年2月6日 予告は以下の通りです。

おうちコーヒーの世界!世界一の焙煎士が登場!喫茶店やカフェに行かなくてもおうちでおいしいコーヒーを飲もう!▼道端に落ちてるアレ気になりませんか?片手袋マニア登場
寒い冬にほっこり!冬を楽しむ二本立て▼おうちコーヒーの世界!カフェや喫茶店に行かなくても大丈夫!世界一の焙煎士がおうちで飲めるおいしいコーヒーを解説!▼道に片方だけ落ちてる手袋…気になりませんか?片方だけの手袋を追い求める男がその不思議な魅力を語る!悲哀を感じる放置型に慈愛を感じる介入型?独特だけどなんだか共感できる不思議な世界!


マツコの知らない世界

「マツコの知らない世界」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。