カレー食堂 ジャンゴ @彦根『LIFE~夢のカタチ~』で紹介

滋賀県彦根市で2019年3月1日に新店オープンしたカレー店「カレー食堂 ジャンゴ」さんへ行って来ました。かねてから噂を聞いており、一度行ってみたかったお店です。今回、2019年4月13日放送『LIFE~夢のカタチ~』でも店主の元アメフト日本一選手である浅尾将大さんが紹介されるというので、混む前に行っておきたかったのです。

では、この「カレー食堂 ジャンゴ」さん、いったいどんなカレー屋さんなのでしょうか。

彦根の「カレー食堂 ジャンゴ」が『LIFE~夢のカタチ~』で紹介


滋賀県彦根市にある「カレー食堂 ジャンゴ」

滋賀県彦根市にある「カレー食堂 ジャンゴ」

2019年4月13日放送『LIFE~夢のカタチ~』で、元アメフト日本一選手である浅尾将大さんが2019年3月1日に新店オープンさせた「カレー食堂 ジャンゴ」が紹介されることになっています。

浅尾将大さんはラグビーを引退後に「カレー作り」を第2の人生にされた方で、出身地でもある滋賀県でカレー店を立ち上げました。

出身は滋賀県長浜市で、お店は滋賀県彦根市にあります。

マイルドな刺激が特徴的なカレー(カレー食堂 ジャンゴ)

マイルドな刺激が特徴的なカレー(カレー食堂 ジャンゴ)

従来のスパイスカレーとは違い「マイルドな刺激が特徴的なカレー」です。

お昼(11時30分~15時)まではランチメニューがあり、あいがけ2種で990円からスパイスカレーを食べることができます(ドリンク付き)。

和風で木の温もりがある店内(カレー食堂 ジャンゴ)

和風で木の温もりがある店内(カレー食堂 ジャンゴ)

食材はもちろん滋賀県産のものを使い、その食材の味を損なわないスパイス調合には定評があるお店です。

2019年3月1日に新店オープンしたばかりでテレビの取材が入るというのも驚きですが、実はスパイスカレーもなかなかの味わいなんです。

カレー食堂 ジャンゴ のカレーってどんなカレー?


カレー食堂 ジャンゴ のカレーは食材の味を活かした優しいスパイス感が特徴

カレー食堂 ジャンゴ のカレーは食材の味を活かした優しいスパイス感が特徴

少し前述しましたが「カレー食堂 ジャンゴ」さんのカレーは滋賀県産の食材の味を活かしたカレーになっています。

辛さやスパイス感はマイルドで、これまでのスパイスカレーとは一線を画するカレーです。

その分、食材の味わいが感じられるカレーになっており、とても美味しいカレーになっていると思いました。

今月の限定カレー(2019年4月)

今月の限定カレー(2019年4月)

訪問時はカレー4種「チキンカレーポークキーマカレーベジカレー今月の限定カレー」から選べるようになっていました。

上の写真は限定カレーで「たけのこ、にんじんなどの酢の物、ミニトマト」など旬の野菜が煮込まれたカレーです。

ほんのり酸味もあり、優しいカレーの風味を感じます。

こちらはポークキーマカレー

こちらはポークキーマカレー

もうひとつが、細ねぎがトッピングされている挽肉多めのキーマカレーです。

こちらは豚肉の肉感と味わいが強めで、食材の味わいをストレートに感じることができるカレーになっていました。

どちらも食材を活かしたカレーで、私のように辛いものが苦手でも問題なく美味しくいただけるカレーでした。

ドリンクがセットなので「自家製ラッシー」を飲んでみました

ドリンクがセットなので「自家製ラッシー」を飲んでみました

ミニクラシックプリン(150円)も絶品でした

ミニクラシックプリン(150円)も絶品でした

ランチにはミニドリンクが付いてきて「100%オレンジジュース100%アップルジュース自家製ラッシーセイロンティー100%マンゴージュース」から選べるようになっています。

自家製ラッシーはかなり濃厚で、ずいぶんと美味しいラッシーです。

カレーに+150円でセットにできる「ミニクラシックプリン」も、濃厚な味わいでかなりお薦めなので一緒に注文したほうが良いと思いました。

カレー食堂 ジャンゴ 営業時間と定休日


彦根城すぐ近く「カレー食堂 ジャンゴ(外観)」

彦根城すぐ近く「カレー食堂 ジャンゴ(外観)」

では「カレー食堂 ジャンゴ」さんの営業時間と定休日についてです。

営業時間は「11時30分~15時、17時30分~23時」で、ラストオーダーは終了30分前までです。

定休日は「木曜日」となっていました。

実はこのテナント、見に来るのは3度目です。5年近く前の空きテナント時代、その後の「麺屋半蔵」さんが入っていた時、そして「カレー食堂 ジャンゴ」さんが入った今回が3回めの訪問です。

滋賀県彦根市京町3丁目7−40
営業時間:11時30分~15時、17時30分~23時(L.O.30分前まで)
定休日:木曜日

カレー食堂 ジャンゴ アクセス方法

「カレー食堂 ジャンゴ」さんがあるのは彦根城のすぐ近くで、JR彦根駅から彦根城へ向かう途中にあります。

JR彦根駅西口から右の階段を降りて平和堂の方へまっすぐ

JR彦根駅西口から右の階段を降りて平和堂の方へまっすぐ

JR彦根駅西口を降りると「駅前お城通り」の商店街がありますので、平和堂の右側を通り抜けて交差点まで行きます。

旭町の交差点で左折

旭町の交差点で左折

旭町の交差点は左折してください。

すると、目の前に「グランドデュークホテル」が見えると思いますので真っ直ぐです。

突き当り「京町東交差点」を右折です

突き当り「京町東交差点」を右折です

突き当りの「京町東交差点」を右折すれば、あとはまっすぐで右側に「カレー食堂 ジャンゴ」さんが見えてきます。

NTTの手前にある長屋風の建物に「カレー食堂 ジャンゴ」さんがあります

NTTの手前にある長屋風の建物に「カレー食堂 ジャンゴ」さんがあります

LIFE~夢のカタチ~ 2019年4月13日 予告


LIFE~夢のカタチ~ 2019年4月13日 予告は以下の通りです。

元アメフト日本一選手が第2の人生で挑むカレー作り(浅尾将大さん)
今年3月、滋賀県彦根市にオープンした「カレー食堂 ジャンゴ」で、看板メニューのスパイスカレーを作るのが、浅尾将大さんです。従来のスパイスカレーのイメージを覆す、マイルドな刺激が特徴です。滋賀県長浜市で生まれた浅尾さんは、かつてアメリカンフットボールの選手で、強豪・立命館大学時代には主将としてチームを日本一に導きました。その後、就職した企業の名門チームでも主将として活躍を続けました。ところが26歳の時に大怪我で選手生命を絶たれると、浅尾さんは周囲の反対を押し切って会社も辞め、料理の道へと進んだのです。選手時代、食事の時に感じた幸せを、人にも届けたいと思ったのです。今回、地元ならではの味を出したいと考える浅尾さんが挑むのは、滋賀の鹿肉を使ったカレー作り。試行錯誤が続くなか、ふと訪れたのは、なんとラーメン屋さん! 果たしてどんなアイデアが浮かんだのでしょうか?


「LIFE~夢のカタチ~」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。