オスの鮒寿司 @琵琶湖「奥村佃煮」実食レビュー

今回は滋賀県の琵琶湖で穫れる魚「鮒(ふな)」で作る鮒寿司の紹介です。それも普通の鮒寿司ではなく「オスの鮒寿司」なんです。一般的な鮒寿司はメスの鮒を使うのですが、今回紹介する「奥村佃煮」さんではオスの鮒を使って鮒寿司を作っているのです。

メスの鮒寿司とオスの鮒寿司、どんな違いがあるのでしょうか。

滋賀県の奥村佃煮が作る珍しい「オスの鮒寿司」


滋賀県の奥村佃煮が作る珍しい「オスの鮒寿司」がコレです

滋賀県の奥村佃煮が作る珍しい「オスの鮒寿司」がコレです

皆さんは琵琶湖の「鮒寿司」はよくご存知だと思います。

琵琶湖は関西の水源として知られており、琵琶湖で穫れる鮒で作る発酵食品「鮒寿司」は歴史もあり、琵琶湖グルメの代名詞とも言える商品です。

しかし、鮒寿司はもうひとつあるのです。

それが「オスの鮒寿司」です。

オスの鮒寿司とメスの鮒寿司の違い


メスの鮒寿司、子持ちでオレンジ色の魚卵が見えます

メスの鮒寿司、子持ちでオレンジ色の魚卵が見えます

一般的な「鮒寿司」は子持ちのメスを使うのですが、今回は珍しい「オスの鮒寿司」を食べてみました。

オスの鮒寿司とメスの鮒寿司の違いは一目瞭然で、メスは「子持ち」なのでオレンジ色の魚卵を食べる鮒寿司です。

上の写真が「メスの鮒寿司」で、子持ちであるのがよく分かると思います。

こちらが「オスの鮒寿司」で、魚卵の代わりに発酵した米が詰まっています

こちらが「オスの鮒寿司」で、魚卵の代わりに発酵した米が詰まっています

オスの鮒寿司は、当然ですが「魚卵」がない鮒寿司です。

そのため、鮒の身と腹ワタを取り除いた部分に発酵した米が詰まっているのが、上の写真で確認できます。

発酵した米は鮒を漬けるためのもので、それがそのまま大量に鮒に付いています。

子持ちではない分、値段はとても安価でメスの半分の値段で販売されています。

・メスは子持ちを使うので全体が鮒
・オスは中に発酵した米が詰まっており肉が少ない
・オスの方が安価で、メスの値段の1/2程度

オスの鮒寿司の味


塩で発酵させた米の酸っぱさが際立つ「オスの鮒寿司」

塩で発酵させた米の酸っぱさが際立つ「オスの鮒寿司」

オスの鮒寿司は子持ちではないため、腹ワタ部分には塩で発酵させた米が詰まっています。

これがとても酸っぱい味で、身の部分が少なめなので、なおさら酸っぱさを感じます。

奥村佃煮さんの「鮒寿司」は、発酵臭はさほどしない(上手に漬けてある)ので、食べやすいのですが、こればかりは好き嫌いがある商品なので万人にウケるグルメではありません。

とはいえ、値段はメスの半分でお手軽です。

上の商品の値段、実は300円なんですよ(メスは1000円~2500円程度)。

メスの鮒寿司だと倍以上の値段がすることを考えれば、とても安価だと言えます。

オスの鮒寿司をつくる奥村佃煮


正真正銘、奥村佃煮で作れた鮒寿司です

正真正銘、奥村佃煮で作れた鮒寿司です

では、このオスの鮒寿司を作る「奥村佃煮」さん、いったいどんなお店なのでしょうか。

実は、琵琶湖の漁業を支える業者さんで、琵琶湖の漁師さんが獲った魚を全部仕入れて鮒寿司や佃煮を作っている老舗の佃煮店です。

全部引き取るのは、激減する漁獲高や減っていく漁師を守るためです。

奥村佃煮さんの商品

奥村佃煮さんの商品

しかし、魚の中には安価なものや売れないものもあります。

たとえば、子持ちではないオスの鮒は商品価値が低く、商品として売りづらいのです。

今回の「オスの鮒寿司」は、商品化しづらいオスの鮒を使った意欲的な商品といえるでしょう。

奥村佃煮さんは近江八幡市に本店である「遠久邑 八幡堀店」と、すぐ近くにロードサイドの大型店「奥村佃煮」があります(お向かいは旧店舗)。ちなみに、遠久邑は「おくむら」と読みます。

滋賀県近江八幡市多賀町400
営業時間:8時~17時
定休日:日曜日
URL:http://okumura-tsukudani.com/
滋賀県近江八幡市大杉町27
営業時間:10時~17時
定休日:月曜日(祝日営業)

オスの鮒寿司が購入できる場所


道の駅びわ湖大橋米プラザで奥村佃煮の商品が購入可能です

道の駅びわ湖大橋米プラザで奥村佃煮の商品が購入可能です

製造販売は「奥村佃煮」さんですが、商品は道の駅などでも購入可能です。

京都から本店の近江八幡市まで行くのは、とても遠いので、もう少し近場の「道の駅びわ湖大橋米プラザ」などで購入するのがおすすめです。

こちらで購入すれば、約半分の行程で行くことができるからです。

滋賀県大津市今堅田3丁目1−1
営業時間:9時~19時
定休日:年末年始
URL:http://www.biwa.ne.jp/~douro-co/kome/


滋賀県竜王町のチーズ職人 古株つや子さんが12月12日放送『セブンルール』に出演されます。代表的なチーズ「つやこフロマージュ(値段800円)」で知られるチーズ職人さんで、竜王町の「古株牧場 直営スイーツショップ湖華舞(こかぶ)」でチーズが販売されています。



実食レビューや新店情報、テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。