大阪弁「イチビリ」や「イキってる」とイラっとする?ケンミンショー

大阪弁が6/30放送『秘密のケンミンSHOW』(ケンミンショー)で紹介されると予告されており、「イチビリ」という大阪弁が予告で出ていました。これは「イキってる」とも言いますが「調子もん」という意味で「イチビリ」はたしなめる時に言いますし、「イキってる」はその様子を表現するような言葉です。

また「イラっとするタイプの人たちがいる!?」とあるのですが、大阪人はいたって「短気」で、「いらちな人」と表現することがあります。

秘密のケンミンショー


6/30放送『秘密のケンミンSHOW』(ケンミンショー)で、大阪弁が取り上げられることになっています。

いつもの方言シリーズですが、予告では「北海道謎のザンギ&大阪人vsイチビリ&津軽弁講座」とありました。

大阪人vsイチビリ?

別の予告では「大阪フミンは、「イキってる奴」ともう一つ、イラっとするタイプの人たちがいる!?」と書かれています。

「イチビリ」と「イキってる」は若干ニュアンスが異なる


大阪弁で「イチビリ」というのは「調子に乗ってる奴」という意味です。

まぁ、大阪人とか調子にのってる輩ばかりな気もしないでもないのですが(笑)、6/3にエコロジック株式会社の社長さんが「大阪のイチビリ」についてインタビューされたとのことです。

予告では「イキってる」とありますが、これも関西弁で同じく「調子に乗ってる奴」という意味になります。ただ、これは関西以外でも聞く気はします。

「イチビリ」と「イキってる」は若干ニュアンスが異なります。

イチビリ:お調子もん、さわいで調子にのっている子供をいさめる時などに使う
イキってる:若者が調子にのって騒いでいる様子

予告では「大阪人vsイチビリ」とありますが、これは大阪人がイキってる奴を見るとイラッとすることを言っているような気がします。

大阪フミンは、「イキってる奴」ともう一つ、イラっとするタイプの人たちがいる!?


イライラする女性

予告では「大阪フミンは、「イキってる奴」ともう一つ、イラっとするタイプの人たちがいる!?」と書かれています。

「イチビリ」と「イキってる」はどちらも「お調子者」という意味合いですが、そういうのを見ると大阪フミンはイラっとします。

予告は、そういうことを放送するのかな?とも思ったのですが、このあたりは放送を見ないとよくわかりません。

ちなみに、大阪でイラッとするは「気の短い」「短気」な人のことを言いますが、これを「いらちな人」と表現したりもします。

秘密のケンミンショー 6/30 予告

秘密のケンミンショー 6/30 予告は以下のとおりです。

北海道謎のザンギ&大阪人vsイチビリ&津軽弁講座
道産子熱愛!謎の最強揚げ物ザンギ▽爆笑!大阪府民vsイチビリな人?その言動にイラッとくる!?西川きよし暴走でフジモン涙目▽大好評企画!超難解!青森津軽弁講座


「秘密のケンミンSHOW」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!