江戸前黄金あなご(小柴あなご)が『ごはんジャパン』で紹介

横浜市金沢区、東京湾で獲れる脂たっぷりで金色に輝く「黄金あなご(こがねあなご)」が2021年5月22日放送の『ごはんジャパン』で紹介されるそうです。紹介されるのは横浜市金沢区にある柴漁港で獲れる黄金あなご「小柴の黄金あなご」で魚の目利きも認める逸品だそうです。

江戸前黄金あなご(小柴のあなご)が『ごはんジャパン』で紹介


江戸前黄金あなご(小柴のあなご)が『ごはんジャパン』で紹介

江戸前黄金あなご(小柴のあなご)が『ごはんジャパン』で紹介

横浜市金沢区、東京湾で獲れる脂たっぷりで金色に輝く「黄金あなご(こがねあなご)」が2021年5月22日放送の『ごはんジャパン』で紹介されます。

黄金色に輝く最高級品、うなぎの中でも一番高価とされる穴子のことです。

いわゆる江戸前穴子のことですが、今回紹介されるのは横浜市金沢区にある柴漁港で獲れる黄金あなご「小柴の黄金あなご」です。

魚の目利きも認める逸品と言われています。

ブランド穴子としての黄金あなご(対馬西岸)

江戸前の黄金あなご以外に、ブランド穴子としての黄金あなごもあります。

それが長崎県対馬西沖の国境付近で獲れる穴子で、普通のアナゴの3倍の大きさがあり極上の美味しさと言われるアナゴです。

テレビ朝日の「食彩の王国」などでも紹介されたことがある高級穴子。

胴が太く黄金色に輝く脂ののったアナゴです。

良質なエサ(エビ・イカ・深海イワシ)などを食べて育っているので良質な脂ののりの穴子になるのだそうです。

対馬産の「黄金あなご」は比較的入手が簡単で、楽天市場からお取り寄せ(通販)することができます。

小柴のあなごの口コミは?

ごはんジャパン 2021年5月22日 予告


ごはんジャパン 2021年5月22日 予告は以下の通りです。

東京湾で獲れる、脂たっぷりで金色に輝く“黄金あなご”。和食の匠・小林雄二さんがパリふわな炊き込みごはんに‼その美味しさに前川泰之&木﨑ゆりあも大興奮!
横浜市金沢区。目の前に広がる東京湾で獲れるのは、江戸前のあなご。しかも脂がたっぷりのって金色に輝いているという。そんな極上の食材を求めてやって来たのは、和食の匠・小林雄二さんと俳優の前川泰之、木﨑ゆりあ。初夏の東京湾で脂がたっぷりのった“黄金あなご”を使い、小林シェフが贅沢な炊き込みごはんを披露します。


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!