湘南ゴールド @小田原・矢郷農園が『ごはんジャパン』で紹介

矢郷農園(神奈川県小田原市)で出荷している「湘南ゴールド(黄金柑)」が2021年4月10日放送の『ごはんジャパン』で紹介されます。皮ごと食べられるノーワックスの柑橘で神奈川県のオリジナル柑橘として知られています。

矢郷農園(神奈川県小田原市)の「湘南ゴールド」が『ごはんジャパン』で紹介


矢郷農園(神奈川県小田原市)の「湘南ゴールド」が『ごはんジャパン』で紹介

矢郷農園(神奈川県小田原市)の「湘南ゴールド」が『ごはんジャパン』で紹介

神奈川県小田原市、矢郷農園で出荷している柑橘類「湘南ゴールド(黄金柑)」が2021年4月10日放送の『ごはんジャパン』で紹介されるそうです。

ゴールデンオレンジと今村温州を掛け合わせてできた新しい品種の神奈川オリジナル柑橘で、上品な甘さと爽やかな香りが特徴的なフルーツ。

皮ごと食べられるノーワックスの柑橘です。

最近、海外への持ち出しを禁止する農産物のリストにも掲載されていましたね。

栽培している農園は矢郷史郎さんの「矢郷農園」さんで、湘南ゴールド以外にも「片浦レモン・キウイ・バレンシアオレンジ」などのフルーツを出荷。

矢郷農園で栽培している湘南ゴールドは湘南ビール「シトラス ゴールド」などの原材料にもなっているそうです。

今回は、その湘南ゴールドを使って、、世界のパティシエ・辻口博啓シェフがフルーツタルトを披露し、プロフィギュアスケーターの浅田舞さんが食べそうなので放送が楽しみです。

湘南ゴールド(神奈川県小田原市)はお取り寄せ(通販)できる?

では、フルーツ王国・小田原市の「湘南ゴールド」は通販でお取り寄せ可能なのでしょうか。

楽天市場で調べたところ、値段は5kgで税込3500円(送料別)で販売していました。

売られていたのは小田原市米神で生産している潮風と太陽と大地の恵みの中で育てられたオレンジ「湘南ゴールド」

湘南ゴールドは酸味と甘味がベストマッチした酸っぱさが残らないさわやかで甘みのあるオレンジで「想像以上に甘い」とSNSでも話題になるほどです。

なお、2021年4月4日までタカノフルーツパーラーでこの湘南ゴールドを使ったパフェが一週間限定で販売されていたそうです。

これ毎年恒例とのことなので、来年は食べてみたいです。

湘南ゴールドの口コミは?

ごはんジャパン 2021年4月10日 予告


ごはんジャパン 2021年4月10日 予告は以下の通りです。

フルーツ王国の神奈川県小田原市で、世界のパティシエ・辻口博啓シェフがフルーツタルトを披露‼みずみずしい果物をたっぷり使ったスイーツに浅田舞も大感激
「フルーツ王国」神奈川県の小田原市。今回は、そんなフルーツ王国を世界のパティシエ・辻口博啓オーナーシェフと、プロフィギュアスケーターの浅田舞が訪問。辻口シェフは今回、小田原のフルーツをたっぷり使って、春のフルーツタルトを披露する。
ゴールデンオレンジと今村温州を掛け合わせてできた新しい品種の「湘南ゴールド」。デコポンや今村温州とポンカンを掛け合わせた「早香」。世界のパティシエ・辻口シェフが、地元の果物をたっぷり使った色あざやかなフルーツタルトを披露‼まさに“芸術作品”と呼べるスイーツは必。


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!