音威子府駅(おといねっぷ)の駅そば 常盤軒の音威子府そばが『沸騰ワード10』で紹介

北海道の秘境駅「音威子府駅」(おといねっぷ)で80年営業する常盤軒さんの音威子府そばが9/30放送『沸騰ワード10』で紹介されます。音威子府そばという真っ黒な蕎麦を濃いめの出汁で食べる北海道名物です。

結構有名ですよね。

音威子府駅(おといねっぷ)の駅そば 常盤軒の音威子府そば


音威子府駅(おといねっぷ)の駅そば「音威子府そば」

音威子府駅(おといねっぷ)の駅そば「音威子府そば」

9/30放送『沸騰ワード10』で北海道の秘境にある音威子府駅(おといねっぷ)の駅そばが紹介されるようです。

そのお蕎麦とは黒い色の蕎麦北海道名物にもなっている「音威子府そば」というものです。

駅の中にある小さな立ち食いそばのお店「常盤軒」で、ここで80年あまり営業されている超老舗の駅そばです。

「常盤軒」が有名ですが、北海道名物なので他にも食べられるお店はあって、音威子府駅の前の道の駅でも食べることができます。

コシが強く香りが強めなのが特徴です。

かけそば 370円
天ぷらそば 470円
月見そば 420円
天玉そば 520円
おみやげそば 400円
乾めん 1100円
そばたれ 500円(1本)
おにぎり 120円

お土産用に持ち帰りできる蕎麦も売られています。

音威子府の蕎麦。オータムフェストでいちばん楽しみにしてるやつ!

かずまさん(@ss_and_ts)が投稿した写真 –

場所は北海道のJR宗谷本線「音威子府駅」で、真っ黒い蕎麦を真っ黒いお出しでいただくという村の名物そばになっています。

周囲にはお店が数軒あるだけで、見渡すかぎりの平野みたいな場所ですが、こういう場所で立ち食い蕎麦を食べるのもなかなか良いものです。

通販などでもなかなか入手はできず、北海道でも音威子府まで行かないと食べることはできません。ただ、地元のオンラインショップがひとつだけありました。(通販サイト

北海道中川郡音威子府村字音威子府
営業時間:9:30~16時
定休日:水曜

評判(口コミ)

広告

とろける生チーズケーキ プレーン


「沸騰ワード10」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。