子午線の町は多数あるのに明石市が標準時の町なのはなぜ?

2021年6月22日放送『ちゃちゃ入れマンデー』で「子午線はいろんな市を通っているのに明石市が標準時のまちといわれているのはなぜ?」という話題が紹介。北は京都の京丹後市から南は和歌山市まで、東経135度の子午線上にあるさまざまな街の中からなぜ明石市が選ばれたのかをここでは解説します。

兵庫県加東市、国道372号線沿いに時計塔があるのはなんで?

兵庫県加東市、国道372号線沿いに時計塔があるのはなんで?

毎日、京都中を観察して飲食新店を探しているリサーチャー「ノーディレイ(Twitter:@nodelayworks)」です。京都市内・京都府南部・京都府北部」で見つけた新店をこれまで1600店舗以上紹介してきました。

2021年6月9日に京都から国道372号を使い姫路市まで兵庫グルメを堪能する旅をしてきました。

道の途中「兵庫県加東市」を通過した時、とても気になる大きな時計塔が建っているのを発見!

子午線(東経135度)から東に150メートルの場所に建てられた時計塔でした

子午線(東経135度)から東に150メートルの場所に建てられた時計塔でした

近づいてみると「日本中央標準時子午線 東経一三五度西へ一五〇M」と書かれていました。

そう、このエリアは子午線が通る場所で、そこにシンボルとなる時計塔が建っていたのです。

子午線とは日本では東経135度のことで、その上を太陽が通る時を「日本の正午」と決めるためのものです。

子午線自体は日本を南北に横断するように通るため、地元の京都にも子午線が通っています。

京都では「京丹後市・福知山市」が該当するエリア。

しかし、教科書では「兵庫県明石市が子午線の町」として紹介されていて、子午線といえば明石市となっているのが実情。

子午線のモニュメント(兵庫県加東市)

子午線のモニュメント(兵庫県加東市)

正確には「日本中央標準時子午線標柱」と呼ばれるこのモニュメントも子午線なのですが、なぜか加東市は「子午線の町」とは呼ばれません。

それってなにかおかしくないでしょうか?


ノーディレイ(顔写真)
今回は「兵庫県明石市が子午線の町」と言われる理由を紹介します。

子午線は京都府京丹後市や福知山市も通るもの。子午線が通る町はたくさんあるのに、なぜ明石市だけが「子午線の町」と呼ばれるのかを解説します。


日本各地にある子午線モニュメント


兵庫県加東市 子午線モニュメント

兵庫県加東市 子午線モニュメント

前述のように子午線自体は日本を南北に横断するように通るため、その通過地点には様々な「子午線モニュメント」が設置されています。

先ほどの兵庫県加東市にある子午線モニュメントもそのひとつです。

兵庫県豊岡市 子午線の標識

兵庫県豊岡市 子午線の標識

兵庫県豊岡市には、その場所が子午線の通り道だと告知する子午線の標識があります。

西表島 子午線モニュメント

西表島 子午線モニュメント

沖縄県の西表島にも子午線モニュメントがあり、そこが子午線であることが告知されています。

でも、どの町も「子午線の町」とは呼ばれません。

なぜなのでしょうか?

兵庫県明石市が「子午線の町」になった理由


兵庫県明石市 子午線モニュメント

兵庫県明石市 子午線モニュメント

日本では「子午線の町」といえば兵庫県明石市だとされています。

当然、子午線モニュメントもあります。

JR人丸前駅を通る子午線

JR人丸前駅を通る子午線

兵庫県明石市のJR人丸前駅ホーム上にも子午線を意味するラインが描かれていました。

さらに、そのラインの奥に見える建物は「明石市立天文科学館」です。

明石市立天文科学館

明石市立天文科学館

明石市立天文科学館も子午線上にあります。

これは世界標準時の基準となった「グリニッジ天文台」を模倣して建てられた施設です。

兵庫県明石市は「子午線の町」であることをアピールしていて、子午線の町としての認知度が高い土地なのです。

兵庫県明石市が子午線の町としての認知度が高い理由は、こういったモニュメントを積極的に建ててアピールしているからです。

明石市だけでもこういった子午線モニュメントは17個所あり、他の子午線が通る町と比較して多くの子午線モニュメントがあります(出展:Wikipedia

兵庫県明石市は「子午線の町」になっている理由は、他のどの子午線が通る町よりも「子午線の町」であることを積極的に名乗って(アピール)きたから。

上の写真は「明石市立天文科学館」ですが、1960年(昭和35年)に開館していて、日本で現存する天文科学館では最古のものでもあります。

このように既成事実を作り、名乗り出てアピールしたことで兵庫県明石市が「子午線の町」になったのです。

ちゃちゃ入れマンデー 2021年6月22日 予告


ちゃちゃ入れマンデー 2021年6月22日 予告は以下の通りです。

関西人がワイシャツをカッターシャツと呼ぶのはなんで?大阪人がカレー好きなのは〇〇だったから!大阪城があそこに建てられた衝撃の理由!兵庫・明石が教科書に載ったワケ
日常生活を送るなかで、普段は当たり前すぎて気にもとめていないが、言われてみれば、その成り立ちや理由がわからない…。今回は「言われてみると…何でやろ?関西人の疑問を解決SP」と題し、そんな関西人が日ごろ抱いている素朴な疑問を徹底調査!聞けば「なるほど、そうだったのか!」とスッキリすること間違いなし!


「ちゃちゃ入れマンデー」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。