あぺたいと 両面焼きそば @東京で食べられる絶品!日田焼きそば『嵐にしやがれ』で紹介

2018年6月30日放送『嵐にしやがれ』の予告を見ていたところ、九州・大分の名物焼きそば「日田焼きそば」が映っていました。「両面焼きそば」と予告されているので、関東に7店舗ほど展開している「両面焼きそば あぺたいと」さんの日田焼きそばが紹介されるようです。

では、この「両面焼きそば(日田焼きそば)」いったいどんな焼きそばなのでしょうか。

両面焼きそば あぺたいと『嵐にしやがれ』で紹介


両面焼きそばの元祖は九州・大分の「日田焼きそば」です

両面焼きそばの元祖は九州・大分の「日田焼きそば」です

2018年6月30日放送『嵐にしやがれ』で、ゲストの森星さんが「パリッと香ばしい両面焼きそば」を賭けてクイズ対決が行われると予告されていました。

この「両面焼きそば」、分かる人にはすぐ分かりますが・・・・

九州・大分の「日田焼きそば」のことです。

有名なのは「想夫恋(そうふれん)」というお店ですが、東京には現在お店はありません(20年ほど前に渋谷に一時期ありました)。

しかし、その「想夫恋」の味が東京でも食べることができるのです。

あぺたいと 両面焼きそば は「想夫恋(そうふれん)」がルーツ

今回の『嵐にしやがれ』で紹介されるという「パリッと香ばしい両面焼きそば」は、東京にいくつも支店がある「あぺたいと」さんの焼きそばです。

1988年に東京で創業した「両面焼きそば」専門店なのですが、創業者が大分の「日田焼きそば 想夫恋」で修行して、その味を東京に持ち込んでいたのです。

この「日田焼きそば」ですが、一般的な焼きそばとは作り方がまったく違います。

いや、むしろ本物の焼きそばが「両面焼きそば(日田焼きそば)」なのであって、そこらへんにある焼きそばこそがまがい物なのではないかと思うほど完成度の高い焼きそばなんです。

両面焼きそば(日田焼きそば)の特徴


焼きそばではない・・・いやこれが本物の焼きそばと言うべきだ

焼きそばではない・・・いやこれが本物の焼きそばと言うべきだ

この「両面焼きそば(日田焼きそば)」ですが「特徴」がいくつもあります。

両面焼きそばと言われるように麺をシッカリと焼いてから、具材とソースを入れてさらに焼き上げるのが最大の特徴です。

しかし、美味しさの秘密はまだまだあります。

麺は中華の生麺もしくは乾麺を茹で、それを「ラード豚肉」で炒めるのです。乾麺は太めの中華用が理想ですが「伊之助めん」の中華用乾麺などが太麺です。

焼きそばの麺ではないというのが、一般で言う「焼きそば」とは根本的に異なる点です。

そして、その麺を両面しっかりと焼き上げるのですが、そこから投入されるのが「もやし青ねぎ」で、具材と麺を一緒に炒めるように空中で麺をほぐしていくという職人技で炒めていきます。これが、日田焼きそばの美味しさの最大の秘密です。

ウスターソース、醤油、出汁を使った味付けが日田焼きそばの秘密

ウスターソース、醤油、出汁を使った味付けが日田焼きそばの秘密

そうやって焼き上げた麺と具に、ソースで味付けをするのですが、これがソースソースしていない絶妙な味付けにするのも特徴です。

あくまでも具材の味と麺の焼き味を楽しむのが「両面焼きそば(日田焼きそば)」という食べ物なのです。

日田焼きそばのソースは、鶏ガラ出汁の効いものを使っていると思われますが、希釈したウスターソースと甘口の九州醤油をブレンドしたものが基本です。

ソースは、関西の「ヘルメスソース」を使っているという話は関係者から聞いたことがありますが、ソースはスパイシー系のウスターソースを使うと本場の味に近くなると思います。

両面焼きそば あぺたいと はどこにある?

両面焼きそば あぺたいと」さんは東京にいくつかあるのですが「両面焼きそば あぺたいと 月島店」さんが紹介されるようです。こちらは、本店ではないのですが、創業者である飯野雅司さんが店長をされているお店だからです。

5月に『ヒルナンデス』に紹介されたり、『正直さんぽ』でも紹介されるなど、最近やっと「日田焼きそば」が注目されて初めています。

これまでは、テレビで紹介されることもほとんどなく、「熱烈なファンに支持されている」にもかかわらず、なぜか無視されてきた極上グルメです。

そんな「日田焼きそば」のお店ですが、東京でもいくつか専門店があり「あぺたいと」さんが関東に7店舗を展開しています。

ちなみに、京都にも「想夫恋」がありますが、日田焼きそばはどこも値段が高いというのが今の所の弱点でしょうか。

東京都中央区月島3丁目14−8
営業時間:11:30~24時(金曜日と土曜日は25時まで、日祝は22時まで)
定休日:月曜日(祝日なら営業し翌日休み)
URL:http://www.apetaito.com/

両面焼きそば あぺたいと SNSでの評判と口コミ

両面焼きそば大(2玉)1080円#板橋区#焼きそば#両面焼きそば #あぺたいと #専門店

Hiroaki Shibuyaさん(@hiroaki428)がシェアした投稿 –

嵐にしやがれ 2018年6月30日 予告


嵐にしやがれ 2018年6月30日 予告は以下の通りです。

森星おじさんグルメマッチに参戦!珍解答連発!?▽櫻井×朝活 究極のトウモロコシを求め静岡へ▽大野&みやぞん本場インドで修業したヨガ指導者からガチで学ぶ
森星がおじさんグルメマッチに参戦で珍解答連発!パリッと香ばしい両面焼きそば・とろけるような柔らかさの牛ご飯・新潟のソウルフードジャンボ油揚げ・握りトロタクなどサラリーマンに人気の店が登場!森星は大好物のトロタクを食べることが出来るのか?▽櫻井翔の朝活・第二弾は朝獲れ野菜を求め静岡へ!究極のトウモロコシを堪能!▽隠れ家ARASHIは本場インドで修業!ヨガ指導者・更科有哉が来店!カッコいい男になる


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。