堀川ごぼう @京都の伝統野菜が『満天☆青空レストラン』で紹介

地元・京都の伝統野菜堀川ごぼう」が12月17日放送『満天☆青空レストラン』で紹介されます。「堀川ごぼう」は地元でもあまり食べられず流通量も少ないため「幻のごぼう」と呼ばれていたりしますが、今回は実際に購入してのレビューになります。

普通のゴボウよりも倍近い時間をかけてじっくりと成長するため巨大ゴボウとしても知られています。

京都の伝統野菜「堀川ごぼう」が『満天☆青空レストラン』で紹介


京都の伝統野菜「堀川ごぼう」は太いごぼうのことです。

京都の伝統野菜「堀川ごぼう」は太いごぼうのことです。

京都の伝統野菜は「京野菜」と呼ばれておりブランド化もされています。

賀茂なす万願寺とうがらし京たけのこ聖護院だいこん九条ねぎ堀川ごぼう」など種類は他にもあるのですが、その中で京都の人が一番食べない京野菜はなんでしょうか?

実は・・・・

堀川ごぼう なのです。

その京野菜のひとつ「堀川ごぼう」が12月17日放送『満天☆青空レストラン』で紹介されることになっており、ひさしぶりに京都の紹介をしてもらえるようです。

京丹後市といえば天橋立です

京丹後市といえば天橋立です

撮影ロケは「京都府京丹後市丹後町」で行われており、ゲストの中村アンさんと宮川大輔さんが畑で「堀川ごぼう」を掘るところから始まります。

では!「堀川ごぼう」というのはどんなゴボウなのでしょうか?

実は・・・

普通のゴボウです(笑)

「堀川ごぼう」の独特な栽培方法


堀川ごぼう」は400年の歴史がある京都の伝統野菜のひとつで、京都堀川のごみ捨て場にあったごぼうがいつの間にか成長していたので、食べてみたらおいしくて栽培しちゃったから「堀川ごぼう」と呼ばれるようになりました。

広告

堀川ごぼう」は地中で2年間も栽培されるゴボウ(旬は秋~冬)のことで、通常のゴボウの5倍以上の大きさ(直径5cm以上)になるまで成長させたゴボウのことなのです。

普通のゴボウよりも長く成長させるため表面が丸太のようになります

普通のゴボウよりも長く成長させるため表面が丸太のようになります

・秋に植える
・翌年夏に掘り起こす
・ごぼうの両端を切り落として横向きで植え直す
・冬に収穫

平たく言えば・・・・

成長させまくったゴボウというわけです。

ちなみに堀川ゴボウの名前の由来は、豊臣時代に建てられた聚楽第の堀で育った野菜だったからです。豊臣家が衰退するにつれ、聚楽第の堀にゴミが捨てられることが多くなったそうで、その中には野菜クズもあったそうです。そこに捨てられたゴボウが育ったのが「堀川ごぼう」です。

高くて買えない「堀川ごぼう」はどこで買える?

この「堀川ごぼう」なのですが、残念ながら京都在住の我々でも・・・・

食べる機会がほぼない野菜です。

というのも・・・・値段が大変高いのです。

なんと・・・・1本で3000円はするという高級食材なんです。

広告


堀川ごぼう

実際にお店や道の駅でもほぼ見ることがないもので、たぶんだいたいが高級料亭などの飲食店に出荷されています。

ですが、祇園にある八百屋さん「祇園かね松食料品店」で取り扱っているのは確認できています。(公式通販もあります

京都府京都市東山区富永町143
営業時間:10時~20時
定休日:日・祝
URL:http://www.rakuten.co.jp/gionkanematsu/

京都の八百屋・御室のよしむらで「堀川ごぼう」を入手!


京野菜・地野菜の専門店「御室のよしむら」

京野菜・地野菜の専門店「御室のよしむら」

以前紹介した地元のお店「御室のよしむら」さんでも「堀川ごぼう」を扱っていて、今回も実際に購入してのレビューです。(ショップレビューもあります

この「御室のよしむら」さんは、この界隈では京野菜のプロショップなのですが、契約農家さんから出来るだけ安く仕入れて安く販売しているお店だったりします。

なので「堀川ごぼう」もお安く販売しています。

長さ50cm 太さ4cm の「堀川ごぼう」

長さ50cm 太さ4cm の「堀川ごぼう」

長さ50cmで太さ4cmほどの「堀川ごぼう」をお安く買うことができました。

これ普通だと3000円~5000円くらいするもので、お店によっては「幻のごぼう」として売っていたりするほど流通量が少ないものなのです。

ここでは通販もできるのですが、通販だと「京都産堀川ごぼう1/3カット 698円」でも販売しています。

京都府京都市右京区御室岡ノ裾町34−4
営業時間:13時~18時
定休日:日祝(2017年12月31日~2018年1月8日は正月休業)
公式サイト:https://omuronoyoshimura.com
公式Twitter:https://twitter.com/omuroyoshimura

堀川ごぼうを使った京都の伝統料理「いこみ(射込み)」

京都にはこの「堀川ごぼう」を使った伝統料理があります。

堀川ゴボウ」は中が空洞になっており、それを「」と呼んでいるのですが、その「」を使って中をくりぬいて、魚のすり身を詰め込んだ料理いこみ(射込み)」という料理があるのです。

野菜のキュウリや人参なんかを詰め込んでから輪切りにしたものもあります。

堀川ごぼう の中心には空洞「ス」があります

堀川ごぼう の中心には空洞「ス」があります

今回の『満天☆青空レストラン』のロケ地でもある丹後町の間人(たいざ)というところに「昭恋館 よ志のや」さんという温泉旅館があるのですが、そこで要予約ではありますが「いこみ(射込み)」料理があります

きんぴらごぼうとのどぐろの煮付け
堀川ごぼうの射込み(いこみ)
堀川ごぼうと地鶏の炊き込み御飯

広告


昭恋館 よ志のや

京都府京丹後市丹後町間人1297−3

満天☆青空レストラン 12/17 予告


満天☆青空レストラン 12/17 予告は以下のとおりです。

こんなの見たことない!京都で超極太ごぼう。旨み凝縮・栄養満点!「ふかしごぼう」「ごぼうの天ぷら」「ごぼうのチャプチェ」「鶏ごぼう鍋」正月にぴったり京都秘伝料理も
京都で発見!冬にぴったり、こんな大きさ見たことない「超極太ごぼう」。普通の育て方とはちょっと違う驚きのごぼうの正体とは!?料理したら旨みは凝縮、栄養満点の食材に!やわらかーい「ふかしごぼう」甘み引き立つ「ごぼうの天ぷら」意外な組み合わせにご飯が進む「ごぼうのチャプチェ」。さらに京都秘伝のお正月料理「射込み」は絶品。心も体も温まる「鶏ごぼう鍋」で乾杯!

評判(口コミ)


京都の九条ネギが12月17日放送『ごはんジャパン』で紹介されます。地元で九条ねぎを栽培している「株式会社 鳩石」の石割照久社長が出演されるようです。また、嵐山からは「九条ねぎの合鴨つくね鍋」が登場します。今回は実際に九条ネギを入手したレビューです。



満天☆青空レストラン

「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。