シュトラウス カシスケーキ 青森の日本一カシスのケーキ店

カシス生産量日本一の青森市のケーキ店「シュトラウス」さんが話題になりそうです。「シュトラウス」では、青森のカシスを使った「カシスケーキ」を生産販売しており通販でも購入可能です。青森市内のお店は超洒落た洋風喫茶店となっており、地元の人気店です。

今回は、そんな「シュトラウス カシスケーキ」を紹介します。

シュトラウス カシスケーキ


7/23はカシスの日だったのですが、ちょうど今の時期はカシスが旬を迎えます。

カシスの生産は青森県が1位で、国内産のほとんどが青森県産のカシスです。

そんなカシスは青森ではサイダーになっていたり、ケーキになっていたり、色々な加工食品で売られていますが、「シュトラウス カシスケーキ」が話題になりそうです。美味しいとにわかに話題となっています。

広告


【シュトラウス カシスケーキ】送料込み・産地直送・お中元にも

青森県産のカシスと、バニラビーンズのババロアで作ったムースですが、カシスは酸味(甘酸っぱい)ので、大人のケーキとして人気です。

チョコレートケーキが土台になっており、甘酸っぱいカシスにチョコレートの甘みがマッチするケーキです。

直接お店で食べる場合は青森駅まで行く必要があります。

ただ、通販は可能なので、それでお取り寄せするのが良さそうです。

シュトラウス(青森市)

この「シュトラウス カシスケーキ」を生産しているのは「甘精堂本店・シュトラウス」というお店です。

シュトラウスさんは、青森駅からさほど遠くないメインストリート「新町通り」にお店を構えており、そちらで購入することができます。

実はこちらは、北欧のオーストリア国家から菓子職人の最高位である「コンディトア・マイスター」の称号を受けているお店でもあります。

「コンディトア・マイスター」とは「菓子職人の親方」という意味です。

場所的には「新町通り」にある「甘精堂本店」のある道「夜店通り」入ってすぐのとことです。

店内は洒落た洋風となっており、これだけおしゃれだと通いたくなるお店です。

ケーキ職人は三浦祐一さんという方で、この方が「コンディトア・マイスター」の資格を持っていました。

広告


カシスケーキ【送料込】

青森県青森市新町1丁目13−21
営業時間:9:30~18:30
定休日:無休
URL:http://item.rakuten.co.jp/strauss/1484693

青森は日本でカシス生産量9割を誇る


カシスといえば北欧の果物

カシスといえば北欧の果物

7月23日は日本カシス協会が認定した『カシスの日』でした。

この日は「大暑」とされ、きびしい暑さの日になるとされていますが、確かに暑かった日です。

そんな日がカシスの収穫は旬で多くなることからカシスの日とされているのです。

そのカシスですが、日本では青森県が生産量の90%を占めていることは、あまり知られていません。

ちなみに、世界ではポーランドが生産量一位となっています。寒いところのフルーツなんですね。

評判(口コミ)


満天☆青空レストラン

「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。