川口産大和蛤(熊本市)プリプリ本ハマグリが『満天☆青空レストラン』で紹介

熊本市のプリプリ本ハマグリが2021年4月3日放送の『満天☆青空レストラン』で紹介されます。たぶん、川口地区の「川口産大和蛤」が紹介されるはずです。お料理は熊本市内で仕出しをしている「なごみ庵」さんが担当するとのことでした。

川口産大和蛤(熊本市)肉プリプリ本ハマグリが『満天☆青空レストラン』で紹介


川口産大和蛤(熊本市)肉プリプリ本ハマグリが『満天☆青空レストラン』で紹介

川口産大和蛤(熊本市)肉プリプリ本ハマグリが『満天☆青空レストラン』で紹介

2021年4月3日放送の『満天☆青空レストラン』で熊本市のプリプリ本ハマグリが紹介されるそうです。

熊本は有明海の干潟・八代海の干潟があるハマグリの水揚げ量が日本一の土地。

そんな熊本市西南部の漁港「川口地区」では純国産ハマグリ「川口産大和蛤」が水揚げされており、その川口産大和蛤が『満天☆青空レストラン』で紹介されるようです。

日本では市場に出回るハマグリの多くが海外(中国・韓国)からの輸入品で90%以上が「シナハマグリ(中国)」で、8%が「チョウセンハマグリ(朝鮮)」というのが実情。

国産ハマグリである本ハマグリはわずか2%しか市場に出回っていません。

そんな希少なハマグリが紹介されるわけでで、当日の放送は必見と言えるでしょう。

川口産大和蛤は有明海の干潟で水揚げされている

川口産大和蛤は有明海の干潟で水揚げされている

川口産大和蛤は有明海の干潟で水揚げされていて、『満天☆青空レストラン』でもMCの宮川大輔さんとゲストの今田耕司さんがハマグリ漁をして自分たちでハマグリを獲るそうです。

お料理は熊本市内で仕出しをしている「なごみ庵」さんが担当。

ハマグリの「炭火焼き・天ぷら・土鍋ご飯」などが紹介されるそうです。

川口産大和蛤とは?


ハマグリはお吸い物にすると濃厚な出汁が出ます

ハマグリはお吸い物にすると濃厚な出汁が出ます

その名の通り熊本市南西部「川口地区」で水揚げされた大ハマグリのことです。

川口漁協で漁獲されるものをそのように呼んでいます。

有明海の緑川河口域にある栄養たっぷりの干潟で育った本ハマグリで、大きく育つことでも知られています。

他にも「菊池川白川八代海湾奥東部球磨川」の干潟でハマグリは漁獲されていますが、川口漁協のある緑川の広大な干潟が一番の水揚げ量があるところです。

前述しましたが、同じハマグリでも日本で流通している98%は中国か朝鮮から輸入されたもの。

純国産である本ハマグリはわずか2%しか出回っておらず「希少なハマグリ」だと言えます。

シナハマグリ(中国)90%
チョウセンハマグリ(朝鮮)8%
ホンハマグリ(日本)2%

熊本産ハマグリは楽天市場から通販(お取り寄せ)できます


広告


熊本産ハマグリ

熊本産ハマグリは楽天市場から通販(お取り寄せ)できます。

やはり国産(地場)のものは流通量が少ないのか楽天市場でも取り扱い数は少ないようでした。

サイズが小さめなものなら1kgで2000円程度で販売されており、送料は別途で+1000円程度のようです。

1kgだとお吸い物なら10杯くらい作れる分量ですね。

満天☆青空レストラン 2021年4月3日 予告


満天☆青空レストラン 2021年4月3日 予告は以下の通りです。

今田耕司とハマグリ漁へ!春の味覚を焼き・蒸し・天ぷらで堪能
熊本でハマグリ漁に挑戦!大粒のハマグリは獲れるのか!?ハマグリを炭火焼き、天ぷら、土鍋ご飯で堪能!さらに生でも甘い!!塩玉ねぎのサラダ・ステーキも!春を堪能SP。


「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!