ペヤング「ソース焼きそば納豆プラス」実食レビュー

3月1日にペヤング「ソース焼きそば納豆プラス」がセブンイレブンで発売開始になりましたので初日ですが実食レビューします。ちなみに「ペヤング」であって「べヤング」ではありません。ペヤング「ソース焼きそば納豆プラス」の味は粘り気があり、納豆臭さはありませんでした。

今回は「セブン-イレブン 京都鷹峯藤林店」で購入しましたが市内なら売ってそうです。

ペヤング「ソース焼きそば納豆プラス」京都のセブンイレブンでも発売開始


ペヤング「ソース焼きそば納豆プラス」が京都のセブンイレブンでも発売開始

ペヤング「ソース焼きそば納豆プラス」が京都のセブンイレブンでも発売開始

ペヤング「ソース焼きそば納豆プラス」が京都のセブンイレブンでも発売開始されたので、さっそく食べてみました。

購入は京都市内のセブンイレブンであれば問題なく、価格は税込み198円となっています。

ソース焼きそばに「納豆」が入っているという商品ですが、この組み合わせはあまり見ないので気になる商品です。

セブン-イレブン 京都鷹峯藤林店

セブン-イレブン 京都鷹峯藤林店

京都では北区の「セブン-イレブン 京都鷹峯藤林店」で見たという情報があったので、さっそく買い出しに行きました。

2月17日にオープンしたばかりのセブンイレブンです。

それでは、さっそく実食してみましょう!

ペヤング「ソース焼きそば納豆プラス」実食レビュー


内包物は「具材・ソース・乾燥納豆」

内包物は「具材・ソース・乾燥納豆」

内包物は「具材ソース乾燥納豆」で、最初にお湯と一緒に入れるのは「具材」だけです。

納豆は「後入れ」になっているのでお湯を捨ててから入れてかき混ぜるように書かれていました。

具は定番の「キャベツ」ですね。

後入れの乾燥納豆


後入れの乾燥納豆

後入れの乾燥納豆

納豆は乾燥したもので、結構細かく砕かれたものです。

お湯を捨てた後に入れるタイプなので、大粒なものでは柔らかくならないからだと思われます。

香りはさほど強くはなく、若干粉をふいているような見た目になっています。

若干粉をふいているような見た目は粘りです

若干粉をふいているような見た目は粘りです

この若干粉をふいているような見た目は粘りです。

実際にソースと一緒にかきまぜたところ、かなりの粘り気が出てきました。

香りは少なく粘りのあるソース焼きそば


味は若干の納豆味に粘りがありますが香りは少な目です

味は若干の納豆味に粘りがありますが香りは少な目です

実際に食べたところ、麺に納豆の粘り気がついており、まるで納豆を食べているような食感になっていました。

香りはさほどないので、会社のランチで食べても問題はなさそうです。

平たく言えば、粘り気のある「ペヤング ソース焼きそば」で納豆の味わいもほんのりとするものになっていました。

ペヤング「ソース焼きそば納豆プラス」まとめ


ペヤング「ソース焼きそば納豆プラス」

ペヤング「ソース焼きそば納豆プラス」

ということで、ペヤング「ソース焼きそば納豆プラス」実食レビューでした。

・具材は「キャベツ・納豆・ソース」
・麺にやや粘り気があり納豆の食感
・香りはあまりない
・味はやや納豆の味がしますが本来のペヤング

ペヤング「ソース焼きそば納豆プラス」ですが、さほど納豆納豆していないので、本来の味が好きな方でも普通に食べられそうでした。

とはいえ、納豆は本物をそのまま食べるのが一番カラダに良いので、納豆はスーパーなどで買って食べるのが一番良さそうです。


実食レビューや新店情報、テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。