旦過市場 @北九州の100年続く人情市場が『ドキュメント72時間』で紹介

北九州の100年続く人情市場「旦過市場(たんがいちば)」が2021年1月29日放送の『ドキュメント72時間』で紹介されるそうです。もうすぐ再開発されるため、昔ながらの商店街が見られるのは今だけです。

北九州の100年続く「旦過市場」が『ドキュメント72時間』で紹介


北九州の100年続く「旦過市場」が『ドキュメント72時間』で紹介

北九州の100年続く「旦過市場」が『ドキュメント72時間』で紹介

北九州の台所「旦過市場(たんがいちば)」が2021年1月29日放送の『ドキュメント72時間』の舞台となるそうです。

大正時代から100年続く福岡県北九州市小倉北区魚町にある市場で、神嶽川(かんたけがわ)沿いに肉や魚、野菜などの店が120軒ほど並んでいます。

放送では師走(しわす)の旦過市場に密着して市場で働く人々と買い物客との人情的な触れ合いが紹介されるそうです。

旦過市場(インスタグラム)

旦過市場(インスタグラム)

この旦過市場ですが、実は再開発されることになっています。

今の姿が見られるのは『ドキュメント72時間』が最後になるかもしれません。

名物海鮮丼「大学丼」と「クジラの尾の身」


名物海鮮丼「大学丼」

名物海鮮丼「大学丼」

この観光名所でもある「旦過市場」には名物グルメもあります。

それが海鮮丼の「大学丼」と「クジラの尾の身」です。

大学丼は「サーモン・明太子・ゴマサバ・マグロ」がたっぷり入った海鮮丼で福岡県で冬に食べたい名物グルメのこと。

クジラの尾の身は鯨肉のことで、高級部位である「尾の身」はサシが綺麗な大トロです。

番組ではこの「尾の身」が紹介されるかもしれませんね。

ドキュメント72時間 2021年1月29日 予告


ドキュメント72時間 2021年1月29日 予告は以下の通りです。

舞台は大正時代から続く「旦過市場」。肉や魚、野菜などの店が120軒も並ぶ“北九州の台所”で、店と客には深いつながりがある。師走の市場を3日間、見つめてみる。
舞台は大正時代から続く「旦過市場」。肉や魚、野菜などの店が120軒も並び“北九州の台所”と呼ばれる。建物が老朽化し来年度から再整備事業が始まるとあって昔と変わらぬ雰囲気を名残惜しむ人たちで日々賑(にぎ)わう。何も買わなくてもここが落ち着くという男性。息子との2人暮らしを店主に愚痴る年配女性。都会にないものがこの市場にはあるというカップル。みんな、どんな思いでやってくるのか。師走の3日間、耳を傾ける


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!