アミューザー @尼崎「黄昏(たそがれ)のアミューズメント施設」がドキュメント72時間で紹介

兵庫県尼崎市にある黄昏(たそがれ)のアミューズメント施設「アミューザー」が2019年12月20日放送の『ドキュメント72時間』で紹介されるそうです。レトロな空間にゲーム機が並び、ビリヤードや卓球は30分100円から遊べるという24時間365日年中無休のゲームセンターです。

尼崎「黄昏(たそがれ)のアミューズメント施設」がドキュメント72時間で紹介


兵庫県尼崎市にある黄昏のアミューズメント施設がドキュメント72時間で紹介

兵庫県尼崎市にある黄昏のアミューズメント施設がドキュメント72時間で紹介

2019年12月20日放送の『ドキュメント72時間』で、兵庫県尼崎市にある黄昏(たそがれ)のアミューズメント施設が紹介されると予告されています。

予告では「尼崎市にある知る人ぞ知るアミューズメント施設」と書かれており、とてもレトロなゲーセンだと書かれていました。

・尼崎市にある知る人ぞ知るアミューズメント施設
・レトロな空間
・ビリヤードや卓球は30分100円から遊べる
・24時間年中無休

では、この「兵庫県尼崎市にある黄昏のアミューズメント施設」とはどこにある何という名前のゲーセンなのでしょうか?

実は・・・・

兵庫県尼崎市下坂部にある「アミューザー」さんなのです。

アミューズメント施設「アミューザー」とは

兵庫県尼崎市下坂部にある24時間年中無休のアミューズメント施設「アミューザー」さんは、卓球やビリヤードなどが楽しめる施設で、値段も30分100円という格安価格なことでも知られています。

また、ゲーム機(スロット&パチンコ)に懐かしいゲーム台(無料)なども並んでいます。

漫画コーナーもあるし、食事のフード(焼そば、キャベツ焼き等)は何でも1品150円!

2019年10月1日の増税前はフード100円でした。

まさに「昭和のゲーセン」という感じで値段も安く、番組予告でも「家にいる感じ」と利用者が感想を述べていました。

利用者も高齢者から若者まで幅ひろくゲームをしにくる人で賑わっているそうです。

世代によって昔懐かしいものは異なりますが、アミューザーには高齢者から中年の方に懐かしい遊びが残っています。

昔を懐かしむ人もいれば、賑やかな場所で寂しさを紛らわす人もいるということで、そんな人々の憩いの場所である「アミューザー」がNHK『ドキュメント72時間』で紹介されるので放送が楽しみです。

なお、最寄り駅はJR「尼崎駅」で、駅からは歩いて20分ほどの場所にあります。

兵庫県尼崎市下坂部2丁目27−12 大洋ビルディング2階
営業時間:24時間
定休日:年中無休
公式ブログ:https://amuser24.at.webry.info/

このお店の口コミは?

ドキュメント72時間 2019年12月20日 予告


ドキュメント72時間 2019年12月20日 予告は以下の通りです。

尼崎市にある知る人ぞ知るアミューズメント施設が舞台。ある人はさみしさをまぎらわし、ある人は家族と過ごす時間を愛おしむ。さまざまな人生が交錯するレトロな空間に密着
兵庫県・尼崎市にある知る人ぞ知るアミューズメント施設が舞台。ビリヤードや卓球は30分100円から遊べるとあって、昼夜を問わず、多くの客で賑わっている。日中は買い物帰りの高齢者、卓球に汗を流す中高年のグループ、夜になると黙々とゲームを楽しむ若者たちの姿が。ある人は青春を思い出し、ある人はさみしさをまぎらわし、ある人は家族と過ごす時間を愛おしむ…。様々な人生が交錯する、アミューズメント施設に密着する。


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!