マヌカハニーの代用品は存在するのか?

最近ちょくちょく話題になるのが「マヌカハニー」という蜂蜜です。抗菌作用の強い蜂蜜ということでテレビなどでたまに紹介されています。マヌカハニーは2013年頃から売られており『中居正広のミになる図書館』でも紹介されたことがあります。

しかし、この「マヌカハニー」は販売店の説明を読んでも、なにが良いのかサッパリわからないのです。

マヌカハニーとは何なのか?


マヌカハニーというのは数年前から健康食品として注目されている蜂蜜のことです。

ニュージーランドのマオリ族は、このはマヌカを薬用として利用していました。

また、健康によい食品であるとも言われており、マヌカハニーを販売する健康食品のショップがあります。

主に言われている効用は「抗菌作用」と「活性作用」です。

抗菌作用
活性作用

書かれているのはコレだけです。

で、そこから「ピロリ菌」などによる胃炎や胃潰瘍に胃がんなどに効果があると言われるのですが、ショップなどの説明文では関係ありそうな感じで書いてあるか、もしくは何も書いていないかです。

なにが良いのかサッパリわかりません。

メチルグリオキサール(MGO)の効果


しかし「メチルグリオキサール(MGO)」を多く含むと解説されています。

メチルグリオキサール(MGO)

ショップの長ったらしい解説は短くまとめると「メチルグリオキサール(MGO)には強い活性作用がある」となります。

これはもっとわかりやすくいうと「悪玉菌を減少させる効果がある」ということです。

蜂蜜にはもともと抗菌作用がある


蜂蜜はもともと抗菌作用がある食品です。

これは蜂蜜を摂取することによって発生する「過酸化水素」による抗菌作用です。

しかし、それ以外にも「マヌカハニー」には「メチルグリオキサール(MGO)」が含まれており、それにも抗菌作用があるという話になっているわけです。

メチルグリオキサール(MG)の抗菌作用


ショップの解説は長ったらしい上にクドイのですが「メチルグリオキサール(MGO)の抗菌作用」についても触れている場合があります。

プロミンという細胞成長を促進させる物質があるのですが、その正反対の作用があるのが「マヌカハニー」に含まれている「メチルグリオキサール(MGO)」です。

細胞のタンパク質を変性させるため抗菌効果がある

タンパク質を変性させるというのは、悪性の異常細胞を減少させるという意味で使われています。

細胞というのはタンパク質なので、それを変性させるのだから効果があるのはわかりますが、そのメカニズムがまどろっこしい解説になっています。

それを簡単に言うと「悪性細胞は、メチルグリオキサール(MGO)を分解する酵素(メチルグリオキセラーゼ)を持っているけれど、メチルグリオキサール(MGO)を大量に摂取することで悪性細胞は自分を維持できなくなる」ということが(たぶん)書かれています。

しかし、有用な細胞には問題ないと書かれていますが、なぜそうなのか納得いく解説は見たところ書かれていません。

副作用はあるの?


なお、メチルグリオキサール(MGO)が分解される過程で、抗酸化物質グルタチオンが消費されて、抗菌作用のある過酸化水素が増えることを指摘する方もいます。

蜂蜜には過酸化水素による抗菌作用があるので良いように思えますが、問題なのは抗酸化物質グルタチオンが消費されるという点です。

それによって、最近話題になった「終末糖化産物(AGE)」が増加するというものです。

「終末糖化産物(AGE)」は老化の原因とされています。(詳細は別記事で)

マヌカハニーの代用品は存在するのか?


マヌカハニーの代用品「コーヒー」

さて「メチルグリオキサール(MGO)」は食べ物には含まれており、それを大量摂取できるということで「マヌカハニー」が注目されています。

マヌカハニーのショップでは「コーヒーに40mg/kg」含まれていると書かれています。

「マヌカハニー」の最高ランクの製品で「1100mg/kg」、最低ランクで「100mg/kg」とされています。

販売されている「マヌカハニー」容量が500gなので、1瓶で「50mg~550mg」含まれているということになります。

最低ランクのマヌカハニーを1瓶摂取するなら、コーヒー1リットル飲んでるのとさほど大差はなさそうです。

マヌカの木とは?


マヌカ

マヌカハニーはオーストラリアやニュージーランドに広く分布している「御柳梅(ギョリュウバイ)」という低木が蜜源となっていて、外国では生け垣に利用されています。

それをニュージーランドのマオリ語では「マヌカ」と言うことから「マヌカハニー」と呼んでいるわけです。

上の写真が実際の「マヌカ」で、著作権者から利用許可を得ているので掲載します。

梅に似た花を咲かせているので「御柳梅(ギョリュウバイ)」と呼ばれるのですが、「御柳」という植物とは別の種です。

マヌカハニー最安通販


マヌカハニーは最安値だと2980円(250g)で売られています。

ずいぶんとお高い蜂蜜という話ですが、蜂蜜はもともとお高いので、それをさらに上回る値段です。

本当に効果があるのか、いまいち分からない「マヌカハニー」ではありますが、試してみたい気持ちはありますね。

広告


マヌカハニー UMF10+ UMF協会認定 お試し【マヌカハニー UMF 10+ 250g】ニュージーランド無農薬、無添加 天然 はちみつ ハニーバレー マヌカ【HLS_DU】【RCP】

評判(口コミ)


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。