【芦田宏直】炎上哲学者芦田宏直(@jai_an)の桑原批判Tweetが大炎上(新幹線が嫌いで労働省や文科省の委員を歴任)

知人から「芦田宏直(@jai_an)のTweetが炎上しているよ」と連絡が来ました。ソレ誰ですか?(笑)

いきなり、そんな名前で言われても「なんでも知っているわけではなく、知っていることは知っているだけ」なので、わかりようもありません。

広告


努力する人間になってはいけない―学校と仕事と社会の新人論

芦田宏直(@jai_an)って?


ドイツ哲学・現代思想の専門家らしいです。

労働省「IT化に対応した職業能力開発研究会」委員
経済産業省「産業界から見た大学の人材育成評価に関する調査研究」委員
文科省「特色ある大学教育支援プログラム」審査部会委員
文科省「質の高い大学教育推進プログラム」審査部会委員

経歴見る限りでは「まぁ別に・・・・」という感じがします。どこに炎上要素があるのかわかりません。

炎上原因はツマランことだった

まぁ、そうかもしれませんけど、余計なことや不必要なことを書くのはどうかと思います。

でも、これで炎上したわけでもありませんでした。問題になったのは、次のTweetです。

顛末は以下の通り。

3/4 名古屋駅(20:42発)の新幹線で新大阪駅行きを待っていたところ、目の前にビッグカメラの看板を発見。
※名古屋駅(20:42発)~新大阪駅(21:33着)の「のぞみ253号 4号車18番E席」
 ↓
買い物したい衝動に駆られる(笑)
 ↓
閉店は21時だ!
 ↓
ホームを猛烈ダッシュし、階段を駆け下りる。
 ↓
名古屋駅改札で、名古屋駅(20:42発)の新幹線をキャンセルし、自由席扱いで入場処理を依頼。
 ↓
一旦、外に出てビッグカメラまで3分でダッシュ(新記録)
 ↓
ソニーの話題のヘッドフォンZ7を試聴。
 ↓
買わず(おひ)
 ↓
ソニーのヘッドフォンH3を褒める(すでに利用中)
 ↓
「ビックカメラ名古屋駅前の看板は、閉店時刻を書くべきです。」と提言。
 ↓
「顔が醜い女性は・・・・」とTweet
 ↓
名古屋駅(21:03発)の新大阪駅行き新幹線に乗車(自由席扱いに変更済)
 ↓
だがしかし、急いでいたためか、指定席の空いている席に着席
 ↓
車掌の桑原さんに「自由席への移動」を促される。「移動しろと迫ってきた」と書かれているが、そういう言い方は普通しないでしょうし、この辺ですでに盛ってそうである。
 ↓
「人が来たら移動ではダメですか」と車掌に質問するも断られる。
 ↓
「桑原と名乗る車掌はきつい」とコメント。しかし、普通の車掌業務にしか見えない。
 ↓
3210円払って指定席で新大阪まで行くことに。(普通はそう)

普通に考えて、車掌さんの対応は間違っていません。

広告


SONY製■密閉型インナーイヤーレシーバー■XBA-H3□未開封【即納】【訳あり】≪ヘッドフォン イヤフォン ヘッドホン イヤホン≫

このTweetが炎上


で、このTweetが炎上します。

指定席の払い戻しにも条件があります。(JRのガイド

ただ、払い戻しを受けたのかなどは書かれていないのでわかりかねます。興味ありませんし。

詳細がわかりませんので、非難がどうとかは、ここでは書きませんが、その後にさらにシツコク「桑原桑原桑原」とつぶやきます。たぶん、そっちのほうが炎上要因です。

なお、個人的にはこういう人は大好きです(笑)

桑原さんを連呼

桑原さんを連呼しています。これを個人攻撃と思われたようです。そう見えますので仕方ないかと(笑)

しかし、芦田宏直的にはカントの理屈でいえば、桑原批判は当然なのです。

芦田宏直的には、桑原さんには教育者として教えることができなかったのです。ここは、素直に敗北を認めています。要するに、芦田宏直的に力不足だったのです。

この潔さを見習いたい!

これらのTweetにパンピーからレスが付く


これらの一連の芦田宏直的発言にパンピーからレスが付きます。

ごもっともです。

パンピーを諭す発言も

芦田宏直的ネタだという話をする方もいました。

なるほど!

めんどくさいですな(笑)
というか、桑原さんかわいそうなんですけど。

警官も被害にあっているようです。

警官は嫌いなので支持します!

理屈では通用しない時もある


世の中、理屈が通じないことはたくさんあります。道理がひっこむのです。

芦田宏直的には、そこが楽しいのかもしれませんが、私にはそんな器量がありません。

ということで、いろいろとご意見が多数寄せられていました。

桑原ネタが止まらない


芦田宏直的には、この桑原ネタはツボに入ったようで、Tweetが続きます。

後日、最初のTweetが削除されました。

しかし、我々は消したりしません!

なぜなら、我々はもう賛同者として、アンチ桑原だからです!

最適解が現れる

素晴らしい案です。

しかし、芦田宏直的には、ちょっと疲れちゃったみたいで、レスはつかなくなりました。

疲れているんだから仕方ないのです(笑)

結論


どーでもよかった(笑)

個人的には好きだけど。

広告


努力する人間になってはいけない―学校と仕事と社会の新人論


最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!