加賀井温泉一陽館 日帰り 混浴 炭酸泉 タタミ貼り風呂 信玄の隠し湯

2/22 16時放送『ロンブー淳の一度は行きたい!武将の隠し湯』では北陸新幹線の追加開通した北陸信州で隠し湯めぐりをしています。

「ロンブー淳」「FUJIWARA」((藤本敏史・原西孝幸)に、ゲストで「小島瑠璃子」(こじるり)が参加し、武田信玄、上杉謙信、前田利家、真田幸村の愛した隠し湯や近江町市場で新鮮な海産物を味わうという企画です。

ロンブー淳の一度は行きたい!武将の隠し湯

標高1350m!厳冬の武田信玄の隠し湯跡「入りたくない隠し湯」
蓼科温泉ホテル親湯はすべらないタタミ(畳)貼りの「お座敷風呂」
真田家の六文銭にちなんだ特別列車しなの鉄道「ろくもん」でゴージャスに行こう!
武田VS上杉!激戦の兵どもを癒やした秘湯は超濃厚炭酸湯「加賀井温泉一陽館3号源泉」
3月の北陸新幹線開通で、信州からわずか1時間の加賀・金沢の名湯

標高1350m!厳冬の武田信玄の隠し湯跡「入りたくない隠し湯」


2015-02-22_114950

「信玄の隠し湯」ほどよく聞くフレーズもないのですが、実際に山梨・長野には「信玄の隠し湯」は多く存在しています。というのも、信玄が温泉を療養に活用していたことから始まります。いわゆる温泉好きですね。とはいえ、信玄自身が入ったわけでもなく、その時代の兵隊が傷を癒やすために入浴したところも「信玄の隠し湯」と呼ぶそうです。

そんな信玄は軍を進めるために軍用道路「棒道」(ぼうみち)を作ったのですが、その街道沿いに多くの温泉もつくったり、軍が入ったりしています。それが「信玄の隠し湯跡」としても残っていたりします。もちろん、跡と書かれている場合は入浴できるような感じではなく、お湯溜まりみたいな場所です。

広告


蓼科温泉ホテル 親湯

2015-02-22_115535

こちらは、次でも紹介するタタミ(畳)貼りの「お座敷風呂」がある「蓼科温泉ホテル親湯」の敷地内にあります。

標高1350mにある鄙びた温泉かなと思ったら大間違い!
すごいおしゃれな温泉ホテルです。

蓼科温泉ホテル親湯はすべらないタタミ(畳)貼りの「お座敷風呂」


2015-02-22_115714

こちらも同じく蓼科温泉の「蓼科温泉ホテル親湯」にあるのが「畳貼りの温泉」であるお座敷風呂です。

2015-02-22_111950

広告


蓼科温泉ホテル 親湯

こちらのホテルでは、オーナーが以前温泉で滑ったことをきっかけに「すべらない温泉」をつくりたいと考えての結果、畳をお風呂に貼るという結論になったそうです。

お風呂全体に畳がある事例は全国でも結構珍しい(他にもありますが少ないです)のですが、お風呂用タタミというのも業務用で売られており、スーパー銭湯の露天の寝処で使われていたりしますね。

こちらは「単純温泉」(pH4.1)となっていますが、400年の歴史ある温泉です。他にも川沿いにある森の絶景露天風呂などがあります。立ち寄り湯も1000円程度でやっていたと思います。

長野県茅野市北山蓼科高原4035
URL:http://www.tateshina-shinyu.com/

真田家の六文銭にちなんだ特別列車しなの鉄道「ろくもん」でゴージャスに行こう!

「六文銭」というのは、「三途の川の渡り賃」ということで、一種の決意表明を表す言葉です。これをモチーフにした豪華列車が「しなの鉄道」の「ろくもん」です。

これは「軽井沢駅~長野駅」を走っています。1座席で食事付きが13600円くらいだと思います。

中にはフルコース料理やオードブルを楽しめるレストラン車両があり、地域の名店が車両の中で特別にお料理を出すという趣向です。これは、行きたい感じです。半個室などもあるので、のんびりと旅行できますね。

URL:http://www.shinanorailway.co.jp/rokumon/

広告


コンフォートホテル長野

長野駅から徒歩3分のところに「コンフォートホテル長野」があるので、そこで宿泊するなどして長野観光を楽しむのが良さそうです。朝食無料で無線LAN完備のホテルです。

2015-02-22_152957

武田VS上杉!激戦の兵どもを癒やした秘湯は超濃厚炭酸湯「加賀井温泉一陽館3号源泉」


2015-02-22_121735

予告でも使われているタオルが茶色になるほどの超濃厚炭酸湯は温泉マニアくらいしか知らない「加賀井温泉一陽館3号源泉」という隠し湯です。こちらは宿ではなく昔ながらの温泉施設です。ちなみに茶色になるのは湧き出てからで、これは鉄分が多く、地中から出てくると空気に触れるので酸化して茶色くなるのです。(サビですね)

長崎県長野市松代町東条55
入浴料:300円
営業時間:8時~20時
定休日:無休
URL:http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/spa/kagai/kagai.htm

加賀井温泉(松代温泉)は山の田園地帯にあるのんびりした温泉地です。近くには、「加賀井温泉 国民宿舎松代荘」があるので泊まることも可能です。

泉質は炭酸カルシウムを多く含んだpH6.1~6.7の炭酸湯です。露天風呂は混浴になっており、そこで撮影が行われています。ぬる湯なので、この時期だとだいぶ寒いと思われます。

この「国民宿舎松代荘」にも同じ泉質のかけ流し源泉があります。

2015-02-22_123135

長野県長野市松代町東条3541
URL:http://www.matusirosou.com/

広告


信州松代ロイヤルホテル

他にも徒歩15分くらいのところに「信州松代ロイヤルホテル」もあって、お値段もお手軽に泊まることもできます。ここも露天風呂は「ナトリウム塩化物泉」の松代温泉です。

2015-02-22_153218

長野県長野市松代町西寺尾1372−1
URL:http://www.daiwaresort.jp/matsushiro/index.html/

信州グルメ・ぷちおやき(信寿食、美包)


広告


【送料無料】限定!ぷちおやき15個【りんご・あんこ・ホワイトチョコ・かぼちゃ・トマト・チーズ・カレー・春雨・野沢菜・ポテト・にら・切干大根・きのこ・野菜・なす】【長野県 お土産】【美包 信寿食】

テレビ・雑誌などでよく取り上げられていますが、北陸名物「ぷちおやき」新感覚おやきです。

りんご
あんこ
ホワイトチョコ
かぼちゃ
トマト
チーズ
カレー
春雨
野沢菜
ポテト
にら
切干大根
きのこ
野菜
なす

信州・長野の「信州そば」とのセットで送料無料の1980円のものがお気軽です。

テレビで話題になったグルメやお店の情報一覧はこちらです。

飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。