【小山三】『ザ・ノンフィクション』で大正9年生まれ「94歳のお弟子さん 中村小山三」を放送していたようです(なかむらこさんざ)


10/19の14時放送フジテレビ『ザ・ノンフィクション』で「94歳のお弟子さん 中村小山三」を放送していたようです。京都なんで関係ないですが。

中村小山三とは


「なかむら こさんざ」と読みます。

1920年8月20日生まれ(94歳)で「二代目 中村小山三」を名乗っています。1920年って大正9年です。現役最古参の歌舞伎俳優として現在も活躍中です。中村勘三郎さんの弟子になっています。

ただ、4歳で歌舞伎の世界に入り、90年間ずっと中村家のお弟子さんという話で、そのことをドキュメンタリーしていました。

というのも、歌舞伎一家ではない一般家庭から歌舞伎界に入ると、弟子となり、その後もずっと弟子だからだそうです。脇役として舞台に建つこともありますが、小道具や黒子などが主な仕事です。

なんとなく可哀想ですが、それは本人の意思です。2014年3月28日には第35回松尾芸能賞功労賞を受賞するなど、ご活躍のようです。

昨年には、自伝「小山三ひとり語り」を発売中とのことでした。


最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!